“木まま”の日常やお知らせをスタッフが綴ります。

最近の投稿

打合せを重ねて。

自然と自然素材

岡山県総社市 平屋住宅建築 ロでつながる平屋の家 vol.5

総社市の住宅新築の助成金制度のお知らせ

岡山市北区大井 平屋住宅建築 山あいの家vol.6

カテゴリー

お知らせ
平屋

アーカイブ

2018年4月

2018年3月

2018年2月

2018年1月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年9月

2017年8月

2017年7月

2017年6月

2017年5月

2017年4月

2017年3月

2017年2月

2017年1月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年9月

2016年8月

2016年7月

2016年6月

2016年5月

2016年4月

2016年3月

2016年2月

2016年1月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年9月

2015年8月

2015年7月

2015年6月

2015年5月

2015年4月

2015年3月

2015年2月

2015年1月

2014年11月

2014年10月

2014年9月

2014年8月

2014年7月

2014年6月

2014年5月

2014年4月

2014年3月

2014年2月

2014年1月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年9月

2013年8月

2018.04.20

岡山市北区大井 平屋住宅建築 山あいの家vol.6

みなさんこんばんは。㈱木ままの川上です。

今日は暖かかったですね。週末は28℃29℃にまで気温が上がるそうで、夏ですね。春が来たかと思えば夏がすぐそこまで来てますね。私の苦手な季節です。冬は着込めばどうにかなりますが、夏の暑さは裸になったとしても逃れられないですからね。現場の人間は比較的暑さに強いと思われてそうですが、私は苦手なのですぐへばります。学生時代は剣道に勤しんでいた為、日陰の暑さは耐えられるんですが、直射日光が苦手ですね。体力がどんどん奪われているのを感じながら、棟上げの日なんかは過ごしています。日頃の運動不足ですね。頑張って体力付けます。

所在地:岡山市北区大井

工事内容:平屋住宅建築

記載日:2018年4月20日

記載者:株式会社木まま 川上

さて、今日は12月に上棟した山あいの家の最後のご報告です。無事外構工事も完了し、明日、明後日と展示会を迎えます。正面は塗装した板を貼っており、戸袋、玄関建具が木の色が映えるように設計された外観です。他の面は白を基調とした吹付塗装で仕上げています。庭屋さんが法面に芝を貼っている様子をぱしゃり。

IMG_9507

急斜面なので、竹で作った杭を打ちつけながら固定していっていました。根付くまでは押さえておかないとずり落ちてくるようです。庭屋さんが頑張って貼ってくれた芝も見てあげて下さいね。

IMG_9577

なかなか見れない夜の外観です。照明が付くと雰囲気でますよね。照明にはデッキもあり、広くとる為に軒も深くしており、内と外の繋がりを感じられ一面です。

IMG_9581

中の様子も少しお伝えしますね。リビングの天井は杉の板を貼っており、床は無垢のカラマツのフロアーです。壁は漆喰を施工しており、キッチンの背中の面はタイルをアクセントで貼っています。リビングの一部は畳を貼っており、椅子なしでゆっくりくつろげるスペースもありますので、ご参考にしていただければと思います。

まだまだお伝えしたいことはたくさんありますが、明日明後日来られる方は楽しみにお越しください。きっと参考になる箇所があると思います。

解体からでいうと長い間お世話になりました。いろいろご不便ご迷惑をおかけしましたが、ついに完成を迎えることができました。仮設住宅での生活からのギャップもあり、快適に過ごして頂けると思います。仮設住居の解体も含め、まだもう少しお邪魔させて頂きますが、今後ともよろしくお願いします。

 

カテゴリー: 平屋

2018.04.19

岡山県倉敷市 平屋住宅 眺めのいい家

みなさん、こんにちは。

株式会社木ままの竹田です。

今日は一年に一度の健康診断でした。

家も人間も定期点検は必要です!

しっかり点検して、よくないところはしっかり直す!!

でも、やっぱり何度飲んでも苦手です…バリウム。

 

所在地:岡山県倉敷市

工事内容:平屋住宅建築

記載日:2018年4月19日

記載者:株式会社木まま 竹田

 

今週は一年ほど前にお引渡しをしたA様邸、眺めがいい家に

ご相談があるとのことでお邪魔しました。

こちらのお宅タイトルにある通り、本当に眺めがいいんです。

傾斜地に建つこちらのお宅は、テラスに立つと眼下が一望できます。

ということは、下から見上げると建物自体が目立つんですね。

目に留まるのは人間も動物も同じ。

この季節、田んぼの上をスイーっと飛んでいるツバメ。

そのツバメの目にもこちらのお宅が目に留まったようで、

一生懸命、巣を作ろうとチャレンジして来るそうです。

平屋 軒 ツバメ

しかも、木ままの家はツバメの大好物の軒がしっかりと出ていますので、

なおの事がんばってこちらのお宅にやってきます。

A様ご夫婦も迷惑にならない部分であれば構わないんだけど、

物干し竿にフンを落とされると困るということで、対策をすることになりました。

ツバメの季節はネットが張れるようにフックを取り付けることとなりました。

ツバメ達には迷惑のかからないところに巣を作ってもらって、

建物の外観を出来るだけ損なわないように対策をしていきます。

 平屋住宅 眺めのいい家 軒裏

カテゴリー: 平屋

2018.04.19

路地裏を抜けて・・・

買い物や旅行に行ったとき、

メイン通りを歩いていると「何かあそこ気になる・・・」

と好奇心をくすぐるような路地裏に遭遇したことはないでしょうか?

どこか懐かしい雰囲気に心地よさを感じたり、

そこでたまたま見つけた洋食屋や雑貨屋がお気に入りの店になったり・・・

路地裏には人の心をくすぐる何かしらの要素が含まれていると感じる僕は、完全な路地裏フェチです。

 

先週4月14日(土)と15日(日)、

真備町の自然に囲まれたのどかな場所で、新築の完成見学会を行わせていただきました。

既存の母屋があり、子世帯の住まいが平屋での新築となります。

建物は別々にしながらも、親世帯と子世帯が同じ敷地の中でつながりをもつ形。

見学会は当然、

新築の住まいがメインとなりましたが、

現在進行中のお客様も、

これから計画をしていく予定のお客様も、

空間の構成や素材の質感、内と外の関係などを体感し、イメージを持たれたことと思います。

そして今回この住まいの名前が “ つなぐ家 ” ということで、

どこで親世帯とのつながりをもたせるかというのがメインなのですが、それは意外なところにありました。

母屋北側の勝手口から路地裏のような場所を抜けて・・・

 

路地裏

子供の頃に過ごしたあの場所から新しい場所への短い距離は、

路地裏で何か見つけた時のような感覚を思わせながら、そして懐かしい心地よさを残しながら

優しくつながっていました。

 

自分の家を計画する時には、

この路地裏的要素を絶対に取り入れてやろうと思いつつも、それがいつになるのか検討もつかない現実・・・

まぁそれを夢にしておけば、当分は頑張り続けていけるのでしょうけど 笑

 

今回の見学会にご協力してくださったお施主のY様、

休日にもかかわらず本当にありがとうございました。

そして足を運んでくださった皆様、本当にありがとうございました。

 

親世帯と子世帯をつなぐ家のように、

お客様と木ままもいろんなご縁でつながっていければ幸いです。

 

少しくさい事を言いました。

桝江でした。

カテゴリー: 平屋