“木まま”の日常やお知らせをスタッフが綴ります。

最近の投稿

打合せを重ねて。

自然と自然素材

岡山県総社市 平屋住宅建築 ロでつながる平屋の家 vol.5

総社市の住宅新築の助成金制度のお知らせ

岡山市北区大井 平屋住宅建築 山あいの家vol.6

カテゴリー

お知らせ
平屋

アーカイブ

2018年4月

2018年3月

2018年2月

2018年1月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年9月

2017年8月

2017年7月

2017年6月

2017年5月

2017年4月

2017年3月

2017年2月

2017年1月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年9月

2016年8月

2016年7月

2016年6月

2016年5月

2016年4月

2016年3月

2016年2月

2016年1月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年9月

2015年8月

2015年7月

2015年6月

2015年5月

2015年4月

2015年3月

2015年2月

2015年1月

2014年11月

2014年10月

2014年9月

2014年8月

2014年7月

2014年6月

2014年5月

2014年4月

2014年3月

2014年2月

2014年1月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年9月

2013年8月

2018.04.27

打合せを重ねて。

みなさんこんにちは。株式会社木ままの竹田です。

おとといからの久々の雨で少し肌寒くなりましたね。

この雨で目が覚めたのか、今年初めてカエルの鳴き声を聞きました。

 

私は今日も事務所にて図面の作成中。

いよいよご契約を迎えるK様邸の図面を描いています。

K様のお宅はご家族4人で暮らすための平屋住宅。

年回りの関係で着工が少し先ということもあって、しっかりと打合せを重ねてこられたK様。

家作りの計画をスタートされてから家族もひとり増えました。

木まま事務所 作図風景 

家作りのスタート。まずは間取りと外観の確定です。

プランと立面図・外観パースで全体のボリュームや家事の導線、

外観のイメージや家相等を確認をして決定していきます。

これが固まらないと前には進みません。

 

間取りが確定すると、今度はそれぞれのパーツ選び。

キッチン・ユニットバスなどの設備機器選び。照明コンセントの位置確認。

窓やドアの形状確認。造り付け家具の確認。

ショールームに足を運んでいただき実際に商品を見ていただいたり、

商品写真でご確認を頂いて、それぞれのパーツを決めていただきます。

 

そして、パーツが決まったら、最後に仕上の素材や色を決めていきます。

こちらはサンプルや色見本を確認して決めていただきます。

木ままでコーディネートしたものをご提案させていただきます。

 

こうして打合せを重ねて決定した内容をカタチにするために、

図面にまとめ、着工へ向けて準備を進めていきます。

カテゴリー: お知らせ

2018.04.26

自然と自然素材

日差しも少しずつ強くなり、日中は汗ばむ陽気となりました。

桜の季節から新緑の季節に・・・

人が季節に合わせて衣を変えるように、

木々もまた暑さを抑制しようと緑を増やし、

“ 夏仕様 ” へと姿を変えていきます。

2

のどかな風景が広がる岡山市北区大井、

ホタルで有名なこの場所にて4月21日と22日の2日間、

新築の完成見学会を行わせていただきました。

お施主のK様、ご協力いただきありがとうございました。

そして足を運んでくださった皆様、ありがとうございました。

 

住まいは山あいに新築された平屋。

1

見渡す限りの自然に囲まれ、

どの窓からも美しく、どこか懐かしさを感じる風景を見ることができます。

例えばリビングから見える南側、

3

目の前の畑から遠くの山まで奥行きのある風景、

これがどの窓からも見えるわけです。贅沢ですね・・・

おまけに風通しも心地よく、夏はエアコンをつけなくてもいいのではないでしょうか。

 

室内の壁は灰色の漆喰です。

4

調湿効果や消臭効果など室内を健康に保つことはもう知られていると思います。

何よりもこの素材が使われているのは、

僕たちが生まれる何百年も前からというのですから驚きです。

日本の伝統素材として使われ続け、その空間に心地よさを覚えるのは、

日本人ゆえの感覚が心の奥底に眠っているからなのではと思ってしまいます。

木の素材に温もりや安らぎを感じるのも同じようなことなのかもしれません。

日本の心ってやつでしょうか・・・

それにしても、灰色は木との相性が良いですね。

職人の手作業による不均一性の雰囲気もどこか温かみを感じます。

5

 

木ままは自然素材をふんだんに取り入れます。

自然素材の特徴を生かすだけでなく、

自然との調和を図り、日本の伝統を現代風にアレンジします。

“住み継ぐ家”というものを目指して・・・

 

 

桝江でした。

ゴールデンウィーク、満喫しましょう。

カテゴリー: お知らせ

2018.04.24

岡山県総社市 平屋住宅建築 ロでつながる平屋の家 vol.5

 みなさん、こんにちは。株式会社木ままの練尾です。

 今日は雨ですね。

 ひと雨ごとに暖かくなる・・・そんな時期なのでしょうが、今年は既に暖かいというより暑い位です。夏は好きですし暑さにも強い方ですが、余り急激に暑くなると体がついていかないのは年のせいなのでしょうか? いいえ、きっと今年の気候がおかしい所為だと思う事にして、久々の雨と潤いを楽しむことにします。

 

所在地:岡山県総社市

工事内容:平屋住宅建築

記載日:2018年4月24日

記載者:株式会社木まま 練尾

 

 さて、先週に引き続き総社市宿地内で建築中の「ロでつながる平屋の家」の進捗の様子をお知らせします。

 外部はモルタル下地のラス地を貼り終えました。内部では大工さんが天井の下地工事を頑張ってくれています。下地の施工中は、一見工事が余り進んでいない様に見えてしまうのですが、仕上げがきちんと納まるように考えて仕込みを行っています。仕上がってからは直せない部分なので、大工さんも慎重に作業しています。

 とは言っても、残念ながら余り写真映えしない作業なのは事実です(笑)ので、ざっくりとご紹介させて頂きますね。

 

総社市 平屋 外部下地

外部のモルタル下地のラス地を全て張り終えました。ロでつながる平屋の家の外壁仕上げはモルタル塗りに吹付塗装ですので、外部についてはここで大工さんの仕事は一旦休憩です。天候次第ですが、これからは大工の手を離れて左官屋さんがモルタル塗りの作業を進めて行きます。

 

 

平屋 ロでつながる家 天井下地

 次は内部の様子です。外部の仕事がひと段落した後は本格的に内部の下地組に掛かっていきます。写真は天井下地を組んでいる所です。ダウンライトと呼ばれる埋め込み照明器具などと下地が干渉しない様に吊り位置を調整しつつ組んでいきます。

 ところで、「ロでつながる平屋の家」の「ロ」は中庭です。この家の最大の特徴ですが、そのお陰で建物内がとても明るいです。建物の中心に中庭があるので各部屋にまんべんなく光が入ってきます。今日はあいにくの雨天ですので、普通なら投光器を付けて作業する事が多いのですが、無くても作業できるのはこの中庭のお陰だと思います。

 

 

総社市 平屋 中庭

 部屋内からサッシごしに中庭の写真を撮ってみました。緑のビニールがお目汚しですがご容赦下さい。工事中の雨ハネを防ぐ為につけている仮の樋です。樋は外壁が仕上がってからでないと取付出来ません。そのため工事中は樋が無い状態が長く続きますので、雨が降れば屋根を伝った雨がどんどん落ちてきます。雨水がハネて外壁を汚したり、意図しない所に雨水が掛かったりしないように仮にビニールの簡易な樋を取り付けているのです。

 

平屋の家 中庭 空

 中庭から空を見上げてみました。雨天なのが残念です。今度晴れた日に又見上げてみますね。

 

 

 さて、今週はもう一つご報告です。邑久町で新しい現場に取り掛かりました。

 木ままお得意の平屋ですが詳しくは来週にお話しする事にして、今回は地鎮祭の様子をほんの少しだけご紹介させて頂きますね。

邑久町 平屋 地鎮祭

 敷地の4方を祓っています。風がとても強い日でしたが良いお天気に恵まれました。

 T家の皆様、お疲れ様でした。これから約半年間、宜しくお願い致します。

 

 では今週はこの辺で失礼します。

 皆様、体調にはくれぐれもお気を付け下さいませ。

 

 

 

カテゴリー: お知らせ