スタッフブログ

“木まま”の日常やお知らせをスタッフが綴ります。

最近の投稿

岡山県岡山市北区京山 京山の家vol.3

キラキラ光るもの

健康に向けて・・・

岡山県瀬戸内市 平屋住宅建築 いろどりの家 vol.12

コンベックスイベントに参加しました。

カテゴリー

お知らせ
平屋

アーカイブ

2018年9月

2018年8月

2018年7月

2018年6月

2018年5月

2018年4月

2018年3月

2018年2月

2018年1月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年9月

2017年8月

2017年7月

2017年6月

2017年5月

2017年4月

2017年3月

2017年2月

2017年1月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年9月

2016年8月

2016年7月

2016年6月

2016年5月

2016年4月

2016年3月

2016年2月

2016年1月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年9月

2015年8月

2015年7月

2015年6月

2015年5月

2015年4月

2015年3月

2015年2月

2015年1月

2014年11月

2014年10月

2014年9月

2014年8月

2014年7月

2014年6月

2014年5月

2014年4月

2014年3月

2014年2月

2014年1月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年9月

2013年8月

2018.09.21

岡山県岡山市北区京山 京山の家vol.3

みなさんこんにちは。㈱木ままの川上です。

安室奈美恵さんが16日についに引退されましたね。姉の影響もあり、安室ちゃんの歌を聴きながら育ってきた世代としては、とてもさみしい思いをしながら妻にプレゼントしていただいた、namie amuro Final Tour 2018  finallyのDVDを聞きながら通勤しております。今では考えられないけど、CD全盛期の売上枚数は300万枚を超えるヒット曲を世に出してきました。14歳でデビューして、20歳で子供を産み、数年後に実の母親をおじに殺され、その後に離婚をし一人で子を育てるなど波乱万丈の人生を送ってきた歌姫は年を取るごとに曲調が変わってきたものの、今でもオリンピックの公式応援歌を歌うほどの日本を代表する歌手でありました。語りたいことはまだまだありますが「アムラー」現象を起こしてきた安室奈美恵さんも今では一般人になられているので、今後の人生をおっていくのは難しいですね。よろしければ、みなさんも一度聞いてみてください。ライブでも聞いてられるほどの歌唱力です。当分、安室ちゃんで頑張れそうです。

所在地:岡山市北区京山

工事内容:2階建て住宅建築

記載日:2018年9月21日

記載者:株式会社木まま 川上

さて、今日は岡山市北区京山で建築中の京山の家のご紹介です。

上棟から一か月が建ち、外部はモルタルの下地であるラス地と木の化粧材の取り付け中です。内部は、天井配線をし断熱を吹いて、天井下地を組んでいる最中です。

外部は、現在サッシを付け、透湿防水シートを貼って、通気胴縁を打って化粧物の取り付けを進めています。今後は、モルタルの下地であるラス地や軒天を晴れの日を狙って進めていきます。

玄関の枠を加工している大工さん。無垢の木を加工して取り付けは難しいですが、腕の見せ所ですね。

内部は、断熱材を吹いた後、天井下地を組んで、床を貼っての順番で進めていきます。

2階は天井の下地まで組めています。電気配線の後天井ボードを貼っていき、床を貼っていきます。写真のバッテンが筋違と呼ばれる材で、構造上欠かせない材料です。力の伝え方やいろんな面から構造計算が行われています。圧縮、引っ張り、水平構面等々難しい話をしてもいけないので、いろんな事考えてるんだこの人たちって思ってて下さい。

大工さんも2人態勢となり、順調に工事は進んでおります。年内完成に向けて進めております。今後ともよろしくお願いします。

それでは、また来週。

カテゴリー: お知らせ

2018.09.20

キラキラ光るもの

こんにちは、株式会社木ままの竹田です。

今日、通勤途中にあぜ道に咲く真っ赤なヒガンバナを見つけました。

ヒガンバナって毎年ちゃんとお彼岸に花を咲かせますよね。

自分の咲く時期をわかってるんですね。

 

今日は一日雨でした。ホントによく降ります。

雨の中降る中、外構工事中の現場を確認。

雨なので大がかりな作業はできませんが、コンクリートとコンクリートの間に川砂利を敷き詰めてくれていました。

砂利にもいろいろと種類があるんですが、お庭の外構工事に使う砂利は角が取れて丸みのある川砂利が人気です。

ほんの10センチ程の幅なんですが、スキマに敷き詰めるだけでコンクリートの無機質な感じが少しあたたかいやさしい印象になります。

ただこの川砂利、この夏の水害で河原においてあったものがほとんど濁流に流されてしまっていて、

今では貴重なものになっているらしいです。

こちらの現場のものは、残っているものを何とか探し出して集めてもらった貴重な川砂利。

それを聞くとなんだか、キラキラ光って見えてきます。

雨に濡れているだけなんですけどね…。

カテゴリー: お知らせ

2018.09.20

健康に向けて・・・

歳をとり健康診断を受けるようになり、

その結果、どこそこの数値が高いと言われ、

それは何故かと問いただすと、たいがい「運動不足です」と言われます。

そしてお決まりの「運動をして下さい」・・・

 

昔は毎週末には必ずサッカーをしていました。

そのおかげか体は健康そのもので、数値が高いなんか言われたこともありません。

ところが年々サッカーをする回数もトレーニングをする回数も減ってゆき、

今では半年に一度、その衰えた体で本気のフットサルをするぐらいとなりました。

衰え切った体は、本気でくる相手に当然息切れをし、足はつり、顔は青ざめ、

いつも死にかけ寸前まで追いやられる始末。

情けなさを感じ、これを機に運動を始めようと思いつつも

よくわからない疲れのせいで、仕事から帰ったら本を読んで寝るだけ。

どうにかこのスパイラルみたいなものから抜け出してやろうと本日、

人目を気にしなくてよい夜22時頃、ウォーキングを始めてみました。

汗を出そうとサウナスーツにニット帽、

ネックウォーマーまでつけて 目だけを出したその装いはまるで泥棒・・・

この時期の外は少し肌寒く、

思いのほか泥棒の恰好にはとても気持ちが良かったです。

ルートは小学生の頃に通った通学路。

30年近く振りに歩いたそのルートは懐かしさしかありませんでした。

小学生のころ、あんなに高く見えた友達の家のブロック塀がこんなにも低かったとは。

遊びに行った時はその塀の前に立って、インターホンも押さずに大声で友達の名前を呼んだものです。

同年代のあるあるですね 笑

そのほかにも当時は小さかった木がものすごく大きくなっていたり、

あの頃と何ら変わらない公園がまだあったり・・・

そんな懐かしい感覚に包まれながら、あっという間にウォーキングが終了。

ウォーキングというより散歩に近いものがありましたが、

汗にまみれた現実に戻ります。

たかが20分ほどのウォーキングで、ふくらはぎに張りを覚えるようでは、

まだまだ先が思いやられます。

 

今日から健康な体を目指して・・

と意気込んでみれば、天気予報はこれから1週間ほど雨マークがついていました。

 

健康への道はまだまだ険しそうです。

 

桝江でした。

 

カテゴリー: お知らせ