木ままのこだわり

家づくりは、住まう人が「きまま」に暮らすためのスタートです。

軒の出

木ままでは、快適な住まいのため、先人からの知恵を受け継いだ軒のある家「のきいえ」を提案します。
日本古来の家は、軒の出を深くすることで雨風や日光による劣化が軽減され、建物の寿命を延ばすと考えられてきました。
日差しの強い夏は直射日光を遮り、室内を涼しく保つことができます。また、蒸し暑い梅雨でも雨が吹き込まないので、窓を開けて過ごすことができます。
このように軒を出すことによって、多様な気候に順応し快適な住環境が生み出されてきました。
さらに、雨風が凌げる軒下には用途が生まれ、外と内を緩やかにつなげる空間として人々が集う場所としても利用されてきました。

木の建具

住まいの顔である玄関には職人の手作業により作り上げられた木の建具を組み込むことにより、風格と個性の感じられる玄関を提案します。
開放的な空間としたいリビングなどには、現した構造と木の建具を組み合わせることによって、大開口を実現しています。
また建具に木の格子を組み込むことにより、目線や空気の流れをコントロールすることもできます。

構造

地盤補強は地盤調査を行い、その土地に合った工法を選定しています。(鋼管杭、柱状改良、表層改良など)
基礎は湿気やシロアリの侵入を防ぎ、面全体で建物の荷重を地盤に伝える、ベタ基礎を採用しています。
上屋は、木造在来工法を採用し、梁や柱などの構造を現わにしたダイナミックな空間や大開口を設けた開放的な空間を実現しています。構造材は部位ごとに適した樹種を選定し、壁量計算により確実な構造補強を行っています。

自然素材

住まいは長い年月、ご家族が直接肌で触れるものです。だからこそ、木ままは安心安全で飽きの来ないものを提案します。

空間のつながり

空間のつながり=人のつながり
親子のつながり、夫婦のつながり、友達とのつながり
木ままは、つながりを住まいというカタチにします。
光の広がり、空気の流れ、目線のぬけをコントロールして快適な空間を提案します。

大工目線

大工としての経験でつちかった納まりや木の性質を活かした提案で、無駄のない高品質な住まいを実現します。
お客様のイメージを大工が直接聞いてカタチにするので想いが直接家づくりに反映されます。

トータルコーディネート

木ままでは、建物本体と併せて、家具・インテリア・外構・植栽等、トータルでコーディネートしていきます。
「家具は自由に選んで下さい」となると、似合う家具がわからず悩まれたり、それぞれで購入されたりすることがあります。
また、「外構は建物が完成してから考えよう」では、建物に予算を使ってしまい、結果「外構には費用を掛けれない」となってしまいます。

ファーストプラン・概算見積りの段階で家づくりに掛かるすべての費用をご提示することにより、デザイン面だけでなくコスト面でもトータルバランスのとれた住まいづくりが実現できます。