平屋暮らし

[平屋]は年を重ねても暮らしやすい住まいですので、シニア世代からはもちろんのこと、最近では若い世代からも支持されています。
人気の理由は様々ですが、平屋ならではのメリットがたくさんある点に注目されています。

平屋暮らしの魅力

メリット

■階段の上り下りがない

2階建ての家に住む場合、どうしても階段の上り下りが必要になってきます。その点平屋であれば上り下りがないため、毎日の暮らしが楽になります。特に老後は体に負担がかからない暮らしができます。また、階段からの転落による事故の心配もなくなります。

■動線が短く、家事がスムーズ

掃除の際は、掃除機を持って1階と2階を往復する必要がありません。また、洗濯物を2階のバルコニーに干しに行くこともなくなりますし、たたんだ洗濯物も2階に持って上がらなくてもよくなります。すべてがワンフロアで済み、毎日の家事動線をコンパクトにできるので自然と動線の無駄もなくなり、家事がスムーズになり負担も軽減します。

■お部屋の有効活用

最近、お子さんが進学、結婚で独立したあと、2階の子供部屋が物置になり、2階に上がるのが面倒になったといった話をよくお聞きすることがあります。
こういった場合も、平屋であれば、1階の子供部屋は将来ご夫婦の趣味の部屋にと、有効活用することができます。

■家族の気配を感じやすい

ワンフロアなので自然と家族がリビング、ダイニングで過ごす時間が多くなります。
夫婦、親子の様子がわかりやすいので、コミュニケーションがとりやすく、家族のつながりが強くなります。

■冷暖房効率

2階がある場合と比べて、1階で空間がつながっているので、冷暖房の効率がよくなります。また、家全体の空気の流れを考えた間取りにすることにより、風通しの良い家、冷暖房にできるだけ頼らない家づくりができます。

デメリット

■割高になりやすい

2階建てを建てる場合と比べると、どうしても平屋の方が割高になってしまいます。
理由の1つとしては、2階建てよりも屋根や基礎、外壁の面積が広くなり、材料に掛かる費用が増えてしまうからです。
できるだけ予め予算を設定し、その中でどんな間取りにするのか、どんな材料を使うのかといったことを決めていくことをおすすめします。

■防犯上の問題

2階建てでももちろん必要ですが、平屋の場合すべてが1階に配置されますので、設備、窓の大きさ、高さなどでさらに防犯対策をしっかりする必要があります。

■プライバシーを考慮

外からの視線を考えて、窓の大きさ、高さ、ブラインド、外構などを考慮する必要があります。

このようなデメリットも考慮すれば、さまざまな工夫で改善することができます。
家づくりを考えはじめた方、大切なのは[ずっと住み続けられる家]かどうかということです。
将来のライフプランを考え、[平屋暮らし]を選択のひとつに加えてみてはいかがでしょうか?

ご相談はこちら