スタッフブログ

“木まま”の日常やお知らせをスタッフが綴ります。

最近の投稿

岡山県倉敷市児島 結びの家vol.9

受け継がれるもの

岡山県岡山市中区 2階建木造住宅建築 小麦の家 vol.3

木ままにツリー作り

岡山市北区京山 京山の家vol.4

カテゴリー

お知らせ
平屋

アーカイブ

2018年10月

2018年9月

2018年8月

2018年7月

2018年6月

2018年5月

2018年4月

2018年3月

2018年2月

2018年1月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年9月

2017年8月

2017年7月

2017年6月

2017年5月

2017年4月

2017年3月

2017年2月

2017年1月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年9月

2016年8月

2016年7月

2016年6月

2016年5月

2016年4月

2016年3月

2016年2月

2016年1月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年9月

2015年8月

2015年7月

2015年6月

2015年5月

2015年4月

2015年3月

2015年2月

2015年1月

2014年11月

2014年10月

2014年9月

2014年8月

2014年7月

2014年6月

2014年5月

2014年4月

2014年3月

2014年2月

2014年1月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年9月

2013年8月

2013.12.05

築100年以上の旧宅。no2

築100年古民家再生プロジェクト

先日、古民家の調査に行ってきました。今回は既存の建物を図面に表すため細かな寸法とりです。

この民家の屋根は珍しい本葺き屋根。水平瓦と素丸瓦を組み合わせて葺く瓦で、現代では住宅に葺く事は珍しく社寺仏閣、城郭等の伝統建築で使用されています。

この瓦はもちろん100年前の物、壁や床、天井も当時の物でとても痛みの少なく保存状態が非常に良い建物・・・・・もちろんそれもあるんですが、それ以上に1番は日本の風土に合った建築だということ。

現代の住宅では考えられない、床の張り替えがない家。屋根も吹き替えなしです。

また、他のお客様で1年前相談がありご自宅へ訪問。お話を聞くと、築35年経った床が穴が開く寸前なので家を建て替えたいとのこと。床は合板でしたので、湿気でダメになっていました。最終的に、解体して建て替えになりました。

 

この2件の家の内容の違いがありすぎるのがビックリですね。

 

今回の古民家の調査から、無垢の床は寿命が数倍。あらためて伝統技術、無垢材、屋根は粘土を焼いた瓦、壁は漆喰とすべてが自然素材の家の強さを実感しました。

弊社では伝統建築の技術、無垢の木、自然素材、と現代の技術の融合で家造りをご提案しています。

また、今回の実測でもうひとつ驚いたこと。

こちらのお宅、延床面積が140坪以上、現代の家は約35坪平均。その大きさ約4倍!

既存の図面を作成して、お客さんのライフスタイルに合わせてプランを作っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: お知らせ