のきいえ

木ままでは、快適な住まいのため、先人からの知恵を受け継いだ
軒のある家「のきいえ」を提案します。

四季を楽しむ

日本古来の家は、軒の出を深くすることで雨風や日光による劣化が軽減され、建物の寿命を延ばすと考えられてきました。日差しの強い夏は直射日光を遮り、室内を涼しく保つことができます。
また、蒸し暑い梅雨でも雨が吹き込まないので、窓を開けて過ごすことができ、エアコンにできるだけ頼らず生活することができます。
軒を利用しBBQ、洗濯物干し、ハンモック、ブランコを付けてみたり、楽しみ方は様々です。

このように軒を出すことによって、多様な気候に順応し快適な住環境が生み出されてきました。
さらに、雨風が凌げる軒下には用途が生まれ、外と内を緩やかにつなげる空間として人々が集う場所として利用することもできます。

風の流れを考える

同時に、風の流れを考えた間取りにすることでより快適な生活ができます。土地ごとの風の流れを知り、窓の大きさや高さを工夫し、風をコントロールすることが大切です。たとえば、西日が強い場合、地窓を採用することにより、効率的に風を取り込むことができます。
また、外から見えやすい部屋には高い窓を付けたりと、それぞれの部屋での工夫が必要になります。

緑を生かす

植栽は建物とのトータルバランスを考えると同時に、夏の日差しや冬の冷たい風を遮る役割もしてくれます。たとえば南側には、夏は葉が繁って木陰をつくり、冬は葉が落ちて日射を届けてくれる落葉樹を植えたり、芝生を植えることにより暑さ対策になります。また、北側には常緑樹を植えることにより、冬の北風を遮ってくれます。
しかし、植物は手入れが必要になりますので、どこまで手間が掛けれるか、ご相談しながら進めて行きましょう。

  • 夏の日差しは軒で遮る
  • 冬の日差しは取り込む