スタッフブログ

“木まま”の日常やお知らせをスタッフが綴ります。

最近の投稿

岡山県岡山市中区 2階建木造住宅建築 小麦の家 vol.3

木ままにツリー作り

岡山市北区京山 京山の家vol.4

古き良き時代のもの。

岡山県玉野市 2階建木造住宅建築 海辺に建つ家 vol.6

カテゴリー

お知らせ
平屋

アーカイブ

2018年10月

2018年9月

2018年8月

2018年7月

2018年6月

2018年5月

2018年4月

2018年3月

2018年2月

2018年1月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年9月

2017年8月

2017年7月

2017年6月

2017年5月

2017年4月

2017年3月

2017年2月

2017年1月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年9月

2016年8月

2016年7月

2016年6月

2016年5月

2016年4月

2016年3月

2016年2月

2016年1月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年9月

2015年8月

2015年7月

2015年6月

2015年5月

2015年4月

2015年3月

2015年2月

2015年1月

2014年11月

2014年10月

2014年9月

2014年8月

2014年7月

2014年6月

2014年5月

2014年4月

2014年3月

2014年2月

2014年1月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年9月

2013年8月

2018.10.16

岡山県岡山市中区 2階建木造住宅建築 小麦の家 vol.3

みなさん、こんにちは。株式会社木ままの練尾です。
最近は朝晩すっかり冷え込むようになってきましたね。会社への行き帰りに車のヒーターを入れるようになりました。昼間は暑くて窓全開なのですが。昼間に暑い日は夕方気温が下がると同時に蚊が出現します。10月ですし結構寒いしもう蚊は出ないだろうと思っていたのですが、しぶといです。液体蚊取りの薬剤も残り少ないので、早く蚊が出なくなると良いなと思ってます。

 

所在地:岡山県岡山市中区高屋
工事内容:2階建木造住宅建築
記載日:2018年10月16日
記載者:株式会社木まま 練尾

 

さて、今日は岡山市の街中に建築中の小麦の家のご紹介です。
基礎の様子からです。

木まま 岡山市中区高屋 基礎

基礎の鉄筋が組み終わり型枠を建てた状態です。この枠の中にコンクリートを流し入れて基礎を形成します。

岡山市中区高屋 小麦の家

写真が変形ですみません。
基礎の中のパイプは、床下から建物外に配管を通すためのパイプです。大きくL型に曲がった形の塩ビパイプです。この中に更にフレキシブルに曲がるパイプを通して水やお湯を床下に引き込んだり、逆に排水を外に出したりします。パイプの中にパイプを通しているので、経年により中のパイプが傷んだ場合には抜き替える事が可能です。
写真中央の立上りの鉄筋が切れた所は、人通口になります。本来、建物の土台の下には基礎の立上りが必要なのですが、全ての土台下に基礎立ち上がりを作ると床下が立上りで区切られて分断されてしまいます。そうなると人の行き来が出来なくなり、メンテナンスやリフォームの際の床下配管工事などに支障が出るので人や配管が通るだけの隙間を空けます。それが人通口です。立上りの途中に穴を空ける訳ですから補強が必要になってきます。ナナメに入っているのが補強筋になります。写真では角度的に見えにくいですが下側にも補強筋が入っています。補強筋の数や位置は決められていて、瑕疵保険の鉄筋検査の際に一番にチェックされる所です。鉄筋の下にある石ころみたいなのはスペーサーです。鉄筋はコンクリートに守られていないと酸化して錆びてしまうので、所定の厚みでコンクリートが鉄筋に被さるように規定が有ります。鉄筋検査でチェックされる所です。スペーサーは厚み15センチのコンクリートの中に鉄筋が所定の位置に納まるように調整する為のもので、石ころみたいですが割と重要な役目を担っています。ちなみにこのスペーサー、昔は鉄筋を曲げたものが使われていました。でもスペーサーは下に置いたり型枠に当てて使うものなのでコンクリートに包み込まれない位置に有ります。スペーサー自体が鉄製だとそこから錆びてしまいます。という事で現在では樹脂やセメント製のスペーサーが使われるようになりました。

木まま 小麦の家 基礎

コンクリートを打設後型枠を外した状態です。本体の重要な基礎の部分を作ってから、玄関ポーチやテラスの土間など周囲に付属するコンクリートを打設します。木ままでおなじみの洗い出しやタイルなどの仕上げの下地になる部分です。
現在は基礎が完了してコンクリートの養生期間に入っています。上棟は来週の予定です。今は大工さんは工場で木組みの下準備中ですが明日からは現場入りして上棟の準備を始めます。

 

では今日はこの辺で失礼します。
来週からは又少し暑くなるとの予報も有りますね。皆様ご自愛くださいませ。

カテゴリー: お知らせ

2018.10.15

木ままにツリー作り

こんばんは。株式会社木ままの武縄です。

先週の土日は秋晴れの気持ちの良いお天気で、

いろんなところで、運動会やお神輿の声が聞こえて

きましたね。

そんな中、木ままでも倉敷市芸文館で行なわれた

「パピママまつり」にはじめて参加してきました。

今回が8回目で、すべて晴れなんですと言われて

いました。

木ままブースは、ひと足早い・・・

木を使った「クリスマスツリー作り」を体験して

いただきました!

朝10:00からの限定30個の予約制でさせていただいたん

ですが、お昼ごろには予約がいっぱいになってしまい・・・

わざわざお越しいただいた方、申し訳ありませんでした。

また、どこかで登場するかもしれません。その時は

ぜひ遊びにきてくださいね!

 

それぞれの個性のある、すてきなツリーが出来上がりました。

それぞれのお家に並んでいたら、うれしく思います。

ご協力いただいた建具やさん。ありがとうございました。

カテゴリー: お知らせ

2018.10.12

岡山市北区京山 京山の家vol.4

みなさんこんにちは。㈱木ままの川上です。

10月に入り肌寒い季節になってきました。秋といえば実りの秋ですね。岡山と言えば葡萄ですよね。毎年贈られてくるピオーネを見て、秋になったんだなと感じます。俳句という文化では、季語を用いるというルールがあります。5.7.5の計17文字の中に思いを込めて作る俳句。昔の人の遊びでしたが、見てる景色も見た景色の感じ方も全て現代人とは違ったんでしょうね。いろんな人が居て、いろんな感じ方をする人が居て、その中で共有できる感覚があって、少ない文字数で伝える遊び。人間らしい遊びですよね。動物の中で唯一言語を操る人間。人間の脳は言語の活用によって大脳新皮質が発達し、その進化によって物を作るということを身に着けた人間。種の存続の為に動物は戦います。肉弾戦で。人間は話し合いができる動物なので争いは議論によって解決したいですよね。戦争も話し合いによって解決しなければ、いつまでも生きるか死ぬかの戦いをし続けなければなりません。人間に生まれた意味がないですよね。話し方、伝え方、語彙力など言葉についてもっと勉強しなければなとある講演家の話を聞いて感じました。議論をする力を身に着けれるよう日々精進ですね。

所在地:岡山市北区京山

工事内容:2階建て住宅建築

記載日:2018年10月12日

記載者:株式会社木まま 川上

さて、今日は京山で建築中の京山の家のご紹介です。

現在、大工さんによる造作工事を進めていっています。外部は大工さんの工事はひと段落し、左官屋さんがモルタルを塗る前の防水紙貼りとラス貼りの最中です。

玄関周りは桧の板張りですが、他の部分はモルタルを塗って吹付塗装にて仕上げていきます。

1階は天井の板を貼って床を貼っている最中です。そして、階段の施工中です。2階へ上がる階段が付けば、梯子を使っての登り降りでなくなるので作業効率アップです。

2階も現在は天井のボードを貼って、棚関係の壁への取り付けものを進めて行っています。枠を付けたりするので、パッと見は変化が無い時期が続きますが、コツコツと進めて行っています。

12月の完成に向けて、ちゃくちゃくと進めていっています。大工さんも残りひと月になりました。外部もこの一か月で一気に進むので、徐々に出来上がりが見えてきます。寒い時期になりますが、頑張りましょう。

それではまた来週。

カテゴリー: お知らせ