スタッフブログ

“木まま”の日常やお知らせをスタッフが綴ります。

最近の投稿

週のはじまり

2020年を迎え「そろそろ家づくりをはじめよう」と目標をもたれた方へ

失敗しない家造りセミナー

心暖まるもの

岡山県岡山市 仄(ほのり)の家 vol.1

カテゴリー

お知らせ
平屋

アーカイブ

2020年1月

2019年12月

2019年11月

2019年10月

2019年9月

2019年8月

2019年7月

2019年6月

2019年5月

2019年4月

2019年3月

2019年2月

2019年1月

2018年12月

2018年11月

2018年10月

2018年9月

2018年8月

2018年7月

2018年6月

2018年5月

2018年4月

2018年3月

2018年2月

2018年1月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年9月

2017年8月

2017年7月

2017年6月

2017年5月

2017年4月

2017年3月

2017年2月

2017年1月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年9月

2016年8月

2016年7月

2016年6月

2016年5月

2016年4月

2016年3月

2016年2月

2016年1月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年9月

2015年8月

2015年7月

2015年6月

2015年5月

2015年4月

2015年3月

2015年2月

2015年1月

2014年11月

2014年10月

2014年9月

2014年8月

2014年7月

2014年6月

2014年5月

2014年4月

2014年3月

2014年2月

2014年1月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年9月

2013年8月

2016.06.20

イヌネコとのんびり暮らす家 vol.1

岡山市北区新屋敷のF様邸。

天気の心配がありましたが、晴れ日和の中地鎮祭が行われました。

岡山市北区新屋敷 建築中 船越邸地鎮祭の様子 その1

お施主様との出会いは6年前。

雨漏りの相談をキッカケにお付き合いがはじまりました。

雨漏りに悩まされた住宅に20年以上住まれ苦労されたF様。

念願だったマイホーム。

設計コンセプトはイヌネコの部屋と庭のつながりを考え、

いっしょにのんびりす家です。

岡山駅から車で5分程の街中に建築中のF様邸。

現場前の川で、なんと!錦鯉を発見!

岡山市北区新屋敷 建築中 船越邸 近隣の様子

お施主様もこの場所でみたのは初めて!とのことでした。

カテゴリー: お知らせ

2016.06.17

今日も一日快晴でした。

こんばんは。梅雨の合間の晴れた一日、皆様いかがお過ごしでしたか。

岡山市南区立川町 完成写真 天窓

 一日現場を回っている中、T様邸でふと見上げると屋根に設けられた

開口から青い空が見えました。ええ天気じゃなぁ今日は。一日外に

居ながら一番強く思った瞬間でした。

 天窓を設けるメリットって皆さんご存知ですか?

 まず一つ目は、夏の熱された空気は空間の上に溜まります。湯船に

お湯を張り、時間が経つと冷めてお湯を継ぎ足すと、水面側に熱い湯が

溜まって、足を入れると熱いってなるけど底の方は意外とぬるい

あの現象と同じ原理です。説明が長くなりましたが、夏の熱い空気は

排気できる開口が部屋の上の方にあればあるほど効率よく換気できます。

わざわざ、動力を使わなくても温度差で勝手に換気できちゃうんです。

 二つ目は、採光にはトップライト(天窓)が一番効果的です。

建築基準法にも、天窓の採光補正係数は「3」と謳われています。

(厳密に計算すると、一概に3とはいえませんが。)

単純に考えると、普通の壁にある窓の3倍の採光能力があるってこと

です。明るい部屋を求める方は、一度検討してみるといいかもしれ

ませんね。

 三つ目は、インテリアになります。某都知事は、絵画等の芸術品を

集めることが趣味みたいですが、絵を額縁に入れて飾ると部屋の雰

囲気が変わりますよね。建築用語で額縁効果といいますが、窓から

見える景色って見方によっては、縁取られた絵や写真に見えますよ

ね。今回感じたのが、これです。天窓から見える空はもはや唯一無

二の絵なんです。しかも、時間と共に変わりゆく絵なんです。夜に

なると満点の星空が見えたりするロマンチックですよね。

 

 いいことばっかり書きましたが、当然メリットがあればデメリット

もあります。長くなるので書きませんが、自然大好きな私からの天

窓の薦めでした。天窓に限らず、窓にも興味を持って考えてみれば

より家の中に居ながら外を感じられるかもしれませんね。

 

 

カテゴリー: お知らせ

2016.06.16

眺めのいい家in玉島 vol.5

建築現場にとって工事の進まない、悩ましい梅雨の季節となりました。

住宅工事現場近くに咲いていた紫陽花の花

そんな雨の中、「眺めのいい家」では地盤補強工事・基礎工事が進んでいます。

雨の合間を縫ってなんとか作業を進めていますが、

実は、地盤補強工事・基礎工事では雨が降ることはマイナスばかりではないんです。

 

今回「眺めのいい家」で採用された地盤補強は表層改良という施工方法で、

もともとある土にセメントを混ぜて地盤を固めるという工法です。

セメントは水分に反応して固まるので、雨に濡れて水分を含むと、

徐々に強度が増していきます。

岡山県倉敷市玉島「眺めのいい家」の地盤補強工事

また、基礎工事でも雨が降ることでいいことがあります。

コンクリートは強い日差しにさらされると、

急激に固まって表面にひびが入ることがあるんですが、

雨に濡れて固まる速度が遅くなると、ひびが入りにくくなります。

「眺めのいい住宅」基礎工事の模様

 恵みの雨を受けて、「眺めのいい家」の基礎はしっかりじっくり強くなっていきます。

 

カテゴリー: お知らせ