スタッフブログ

“木まま”の日常やお知らせをスタッフが綴ります。

最近の投稿

岡山市北区尾上 陽だまりの家vol.3

芯まで暖まる。

岡山県総社市清音軽部 2階建木造住宅改修 うけつぐ家 vol.3

居心地の良い場所

薪ストーブの時期の到来です。

カテゴリー

お知らせ
平屋

アーカイブ

2018年12月

2018年11月

2018年10月

2018年9月

2018年8月

2018年7月

2018年6月

2018年5月

2018年4月

2018年3月

2018年2月

2018年1月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年9月

2017年8月

2017年7月

2017年6月

2017年5月

2017年4月

2017年3月

2017年2月

2017年1月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年9月

2016年8月

2016年7月

2016年6月

2016年5月

2016年4月

2016年3月

2016年2月

2016年1月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年9月

2015年8月

2015年7月

2015年6月

2015年5月

2015年4月

2015年3月

2015年2月

2015年1月

2014年11月

2014年10月

2014年9月

2014年8月

2014年7月

2014年6月

2014年5月

2014年4月

2014年3月

2014年2月

2014年1月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年9月

2013年8月

2018.12.07

岡山市北区尾上 陽だまりの家vol.3

みなさんこんばんは。㈱木ままの川上です。

今日から寒いですね。土日は朝の気温が1℃、2℃だそうです。一気に冷え込みますので、みなさん体調管理には気を付けて下さいね。薪ストーブ用の薪も大量に備蓄されていますので、打ち合わせスペースは温かく過ごせます。事務スペースはPCの熱もあってエアコンだけで十分なのですが、打ち合わせスペースはガラス張りであり、熱源もないのでエアコンだけでは寒さに勝てず薪ストーブで暖をとっております。

みなさんは暖を採るのは何が一番好きですか?エアコン、床暖、ファンヒーター、コタツ、ストーブ、ハロゲンヒーター、薪ストーブ、暖炉、囲炉裏、ホットカーペット、パネルヒーター等々様々な種類の採暖設備があります。伝導式、輻射式、対流式と大雑把にわけられ、それぞれの得手不得手があります。

また、体感温度は室温だけでなく、湿度や風によっても変わってきます。加湿することで体感温度は上がり、そしてウイルスは乾燥した空気を好む為湿度を上げることはウイルス感染にも有効です。ですので、加湿にも一つ注意してみれば体感温度は上がるかもしれません。

高気密高断熱の家になってきていますので、温まりやすく冷えにくい住環境にはなってきていますが高気密であるため空気の入れ替えは必要です。特に灯油やガスを燃焼させて暖をとるものは特に注意が必要です。そして、換気をさせる際の窓際にヒーターやストーブを置くことも一つの手だそうです。冬は窓からの熱交換が大きく、暖められた空気が冷えるのも窓、冷たい空気が入ってくるのも窓です。シャッターを付けたり、ガラスを性能の良いものにしたり、アルミサッシ自体の性能を考えてみたり、窓に一工夫すれば大分体感温度が変わります。

窓と言えば、カーテン。カーテンが寸足らずになっていませんか?冷たい空気は床付近から入ってきます。カーテンが寸足らずですと、冷えた空気がカーテンによって妨げられることなく、室内に流入してきます。大学生の時に3年時から工学部にいく事がほとんどとなり一度引っ越しをしたのですが、前の家で使っていたカーテンをそのまま使っていると冬になるとやけに寒いので、なんでだろうか考えてみるとカーテンの寸足らずが原因でした。カーテンを厚手の床まであるサイズにする足元の冷えが軽減されたので、改めて重要性を感じました。掃出し窓の所は特に注意が必要です。一度確認してみるのも良いかもしれません。

現場は非常に寒く着込んでいくのですが、事務所に帰ってくると温かいため帰ってすぐは頭がボーっとしてします。今まさにその状況なのですが、体が慣れるまで少し時間がかかります。それでは、そろそろ本題にはいります。

所在地:岡山市北区尾上

建築内容:平屋住宅建築

記載日:2018年12月7日

記載者:株式会社木まま 川上

さて、今日は陽だまりの家のご紹介です。

外部は左官工事が終わり、来週からは吹付の塗装工事に移ります。

外壁の左官塗の様子です。防水紙を貼り、ラスを貼って、モルタルを塗っていきます。モルタルは塗る厚みが決まっており、軽量モルタルを15ミリの厚みになるように2回に分けて塗っていきました。来週からは、塗装工事に移っていきます。塗装工事が終わると、外部の器具と樋を付けて足場を落とします。

次に内部の様子です。内部は天井を貼り終えて、壁の仕込をしている最中です。

リビングも天井の板を貼り終えて、個室は壁のボードまで貼っています。壁に仕込むニッチや棚板、建具の枠を取り付けており、仕込が終わると壁のボードを貼っていきます。

図面とにらめっこをしている棟梁。施工者と設計者の意思の疎通は基本的に図面にて行われます。難しい所や図面だけでは表現が難しい所は現地でも打ち合わせをしながら進めていきます。

大工さんも残り2週間ほどになってきました。これから、大詰めです。大工さんの次は仕上げ工事に移っていきます。

1月末のお引渡しに向けて進んでいっています。

それでは、また来週。

カテゴリー: 平屋

2018.12.07

芯まで暖まる。

こんにちは。株式会社木ままの竹田です。

今週末、岡山にも寒波が襲来すると予報が出ていますね。

なんと、気温はマイナス予想!

昨日はポカポカ陽気だったのに、一週間しないうちに氷点下なんて…。

体がついていきません!!

 

木ままの事務所では、川上君がせっせと薪づくりをしてくれたおかげで、

一週間前から薪ストーブを点けています。

今まではエアコンのみで暖房をしていたんですが、

薪ストーブの暖かさはやっぱり違いますね。

温風で暖めるエアコンとは違って乾燥はしないですし、

部屋の床や壁を暖めてくれるので、体の芯からポカポカ暖まります。

また、消してもしばらくは暖かさが続くのでずっと点けておく必要はありません。

 

先日、お引渡しをしたI様からお芋をいただきました。

今日、早速焼いていただきました。

もちろん薪ストーブで焼いていただきましたよ。

アルミホイルでくるんで薪ストーブに入れると、

20分かからないうちに甘いにおいが漂って焼き芋が焼きあがります。

頂いたお芋はとっても甘くで美味しかったです。

I様ごちそう様でした。

心も体もポカポカホクホクです。

カテゴリー: お知らせ

2018.12.04

岡山県総社市清音軽部 2階建木造住宅改修 うけつぐ家 vol.3

みなさん、こんにちは。株式会社木ままの練尾です。
今日は雨ですね。このブログを書き始めた頃は殆どこの書き出しでした。雨が多かった記憶が有ります。台風の多かった夏を過ぎてからは比較的お天気続きで穏やかな天候に恵まれていた気がします。昨日から雨模様でしたが、雨が降ると事務所の庭の落ち葉が凄いです。今のメインは紅葉ですね。色づいた紅葉は地面に落ちた姿もそれなりに絵になるのですが、雨の所為で一気に落葉したので地面が大変な事になりました。どこかへ飛んで行ってご近所迷惑になるといけないので今朝は張り切って落ち葉拾いをしましたが、夕方からの雨でまた大量に落葉してます。明日も頑張って拾います。個人的には明日は外での作業を予定しているので、今晩中で雨が通り過ぎてくれたら良いなと思います。そういえば、夕方の雨が降る直前に急に空が暗くなってちょっと気持ち悪い感じの空模様になっているのを見て、スタッフの武縄が「何かが降りてきそうな空」だと言っていました。全体的に薄暗い中、雲間から一部太陽の光が差し込んでいる感じがそう見えたのだそうです。面白いですね。私は単純に夕立が来そうな空模様だなとしか思いませんでしたが、武縄には何が見えていたのでしょうか。

 

所在地:岡山県総社市清音軽部
工事内容:2階建木造住宅改修
記載日:2018年12月4日
記載者:株式会社木まま 練尾

 

さて、今日は総社市清音で進行中のうけつぐ家のご紹介です。
既存の撤去が完了して、今は床下の仕込みの最中です。

うけつぐ家 床下 木まま

建物内の古い配管は全て撤去しました。建物を解体して配管をむき出しにしてみると、やはり経年により管自体が脆くなっている部分も見受けられました。昔の家では給水に鋼管、給湯に銅管が使われている事が多いですが、どちらも一定期間以上経つと劣化が顕著になりがちです。位置的に再利用が可能な既存管も有ったのですが、今回は全て新しい管に取り換える事にしました。給湯給水とも架橋ポリエチレン管での配管です。鋼管と違い錆に強く、銅管に比べて管内の水流によって摩耗し破れる心配が少ないです。又、ある程度の角度まではやんわりと曲げる事が出来るので、曲げ用のジョイント部材を使わず、若しくは最小限の使用で配管する事が可能です。途中にジョイントが入るとどうしても漏水リスクは上がるので、少なく配管出来る方が安心ですよね。排水は今も昔も塩ビ管が使われる事が多いです。物凄く古いお宅では、たまに土管が使われていて驚く事も有りますが。床下が余り広くないので後から床下に潜っての作業は困難になりますので、今の段階で必要な管を入れて床上に立ち上げるように固定しておきます。既存の人通口が少ないので配管の取り回しは難しいです。基礎を余り傷めないように換気用の開口を利用したり、それでも取り回しが出来ない場所には最小限の貫通穴を空けて配管をしました。

改修工事 補強 木まま 総社市

筋交いを新たに入れています。既存の土壁を撤去して骨組みだけになっていますが屋根瓦はそのままの為、建物がいわば頭でっかちの状態になっています。どうしても不安定になりますので最初に筋交いを入れて補強しています。補強しつつ必要な柱の追加や取替、傷んだ土台の入替などを行っていきます。今の大工さん工事は補強や傷んだ部分の直しがメインで本格的な造作にはまだ取り掛かれません。ですが今の工程が大事なのでしっかりやっておこうと思います。

 

では今日はこの辺で失礼します。

カテゴリー: お知らせ