スタッフブログ

“木まま”の日常やお知らせをスタッフが綴ります。

最近の投稿

岡山県倉敷市 奥深い家vol.2

まる

『改善』

あと1ヵ月になりました。

一年に一度

カテゴリー

お知らせ
平屋

アーカイブ

2019年12月

2019年11月

2019年10月

2019年9月

2019年8月

2019年7月

2019年6月

2019年5月

2019年4月

2019年3月

2019年2月

2019年1月

2018年12月

2018年11月

2018年10月

2018年9月

2018年8月

2018年7月

2018年6月

2018年5月

2018年4月

2018年3月

2018年2月

2018年1月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年9月

2017年8月

2017年7月

2017年6月

2017年5月

2017年4月

2017年3月

2017年2月

2017年1月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年9月

2016年8月

2016年7月

2016年6月

2016年5月

2016年4月

2016年3月

2016年2月

2016年1月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年9月

2015年8月

2015年7月

2015年6月

2015年5月

2015年4月

2015年3月

2015年2月

2015年1月

2014年11月

2014年10月

2014年9月

2014年8月

2014年7月

2014年6月

2014年5月

2014年4月

2014年3月

2014年2月

2014年1月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年9月

2013年8月

2019.04.27

『手作り』

こんにちは。住宅アドバイザーの小村です。

G.Wが始まりましたね!

今年は10日間の長期休暇ということで、海外で過ごされる方が非常に多いそうです。

成田空港では、1978年の開港以来、最多数の6万700万人が海外に飛び立ったと新聞に書いてありました。

10連休とはいきませんが、私もG.W期間中に連休を頂いているので、休暇を満喫したいと思います!

 

さて本日は『造作家具・建具』について書きたいと思います。

造作家具・建具とは、部屋のサイズや目的に合わせて、オーダーメイドでつくる造りつけの家具・建具のことです。

造作家具・建具にするメリットは、まず、必要な場所に必要な大きさのものがつくれること。

つくりたい場所に欲しいものをつくることができます。

既製のものでは、空いた空間にぴったり納まるものを見つけるのは案外大変ですが、

造作家具・建具ならミリ単位で寸法指定できるので、ジャストサイズにつくれます。

また、新築やリノベーションをする際、同じ設計者が内装と一緒に造作家具・建具も考えるので、

素材やカラーなどをバランスよくコーディネートできるのも大きな魅力です。

木ままでは、この造作家具・建具の提案をたくさんさせていただいおりますので、少しご紹介します。

↑↑↑造作キッチン

↑↑↑造作食器棚

↑↑↑造作洗面化粧台

↑↑↑造作玄関ドア

 

いかがでしょうか?

既製品のものだけではなく、こういった造作家具・建具を使用することで、

お家がよりいっそう素敵になります。

木ままでは、この他にもたくさんオリジナルの造作家具・建具をご提案しております。

このブログ内で、少しずつ紹介していければと思っています。

よろしくお願いいたします。

 

 

 

カテゴリー: お知らせ

2019.04.26

総社市北溝手 どこまでも続く家vol.8

みなさんこんばんは。㈱木ままの川上です。

必死に書いたブログが後1文ってところで消えた現実にショックを受けながら書いております。デジタル社会あるあるですよね。悲しいですが、もう一度書き直します。

平成も残すところ4日しかありません。今回の元号の改元では事前に改元の日程が決められ、新元号も事前に公表されスムーズな改元に向け政府から民間企業まで準備を進めてきました。10連休が明けると新しい元号を迎えているわけですが、慣れるまで平成で言ってしまいそうですよね。理系の人間は世界共通の科学の世界では西暦で物をいいなさいと高校の化学の教員であり担任だった先生の教えを守り基本的には西暦で書くのでそこまで不自由はないでしょうが、新たな時代の幕開けを楽しみに過ごします。1月1日に新しい年を迎えるのと、時代が変わるのとでは重みが異なりますが、どんな一日になるのか楽しみです。私はおそらく楽しく働いていると思われますが、そわそわしながら待つとします。

所在地:岡山県総社市北溝手

建築内容:平屋住宅建築

記載者:㈱木まま 川上

記載日:平成31年4月26日

さて、今日はどこまでも続く家のご紹介です。

現在、大工さんの造作工事もほぼ終わり内装工事に移っていくところです。外部では外構工事の段取りを進めつつ、外部土間の仕上げ工事を並行して行っております。浄化槽も座り、外部の配管を接続したら本格的に外構工事が進んでいきます。5月末には展示会を予定しているため、残り1ヶ月で工事を進めていきます。

先日、造作キッチンの据え付け工事が行われました。この写真は天板より下のキッチンの状態です。レールが付いている部分には引き出しが付き、奥の穴が開いている部分にはIHが付き、左の部分にはシンクが入ります。真ん中の空洞には食洗機が付いたり各仕切りごとに微妙に違う作りになっています。余りこの状態を見られる方は少ないかと思いご紹介です。また完成形は展示会を楽しみにしておいてください。

キッチンの正面から見た写真です。天板も乗って器具付けを待つ状態です。

この住宅では栂を使っている部分が多く、キッチンにも栂の羽目板を使っています。奥にはカップボードが吊戸棚とカウンターとついており、更に一番上に飾り棚が付いているので、収納はたくさんあります。全て見せ方が違うので、キッチンに拘りのある方は参考に見に来て頂けると良いかと思います。

次回は展示会前の様子をご紹介できればと思います。

それでは、次回は令和の時代に!

カテゴリー: お知らせ

2019.04.23

矢掛町矢掛 はじまりの家 Vol.3

みなさん、こんにちは。木ままの練尾です。
暖かくなってきた今日この頃、みなさまいかがお過ごしでしょうか。私は季節外れの風邪をひいてしまい、ぽかぽか陽気なのにゾクゾク寒いという妙な感覚を味わっています。早く治さないといけませんね。ここのところ悲惨な交通事故のニュースが続いていますね。被害に遭われた方には心からお悔やみ申し上げます。車は便利で特に岡山のような田舎では生活に直結する必需品ですが、時に凶器になり得るという事を良く心に留めて運転しないといけないなと思いました。飲酒運転などもっての他ですが、過労で判断力が鈍っている時、老眼では見えにくい夕方の時間帯、今まで以上に気を引き締めて運転しようと思います。

 

所在地:岡山県小田郡矢掛町
工事内容:2階建て木造住宅
記載日:2019年4月23日
記載者:株式会社木まま 練尾

 

さて、今日は矢掛町内で建築中のはじまりの家の上棟の様子をご紹介致します。
いつもの様に敷地の4方を棟梁とお施主様で清めて頂いてからスタートしました。

はじまりの家 上棟 来まま

1階の柱が建って2階の床梁を掛けている所です。空がとっても青いです。見事な快晴でした。

はじまりの家 上棟 木まま

2階の床梁が組めたら柱や小屋を組む前にまずは足場固めという事で2階の床合板を並べてます。この合板は仕上材ではなく下地の構造用合板になります。24mmの厚い合板で建物の水平方向の揺れを軽減する役目も有ります。

はじまりの家 木まま 上棟

2階の床合板を留めてしまう前に、建物がまっすぐ立っているかどうかの確認をします。木同士が取り合う部分はプレカットで、凹凸が噛み合うような形にしたり片方に穴を空けて差し込んだりして組めるようになっていて、大体は直角や平行になる筈なのですが、実際には木の反りやひねりなどが影響してズレたりしますので、ここで確認をする訳です。タチを見るとか屋起こしとか言います。
写真ではわかりにくいかもしれませんが、大工さんが3人いて、両端の人が柱に下げふりを当ててまっすぐかどうかをチェックします。どっちかに傾いていたら、真ん中の人が持っている棒で傾きを直します。この棒は手元をクルクル回すと延びたり縮んだりします。上の梁と床合板に棒の両端を固定した状態で棒を延ばすと突っ張り棒の要領で梁を押し込む事が出来るので傾きを調整します。

下げふりは重りを糸で吊るした道具で垂直を見る為に使います。糸で吊るされた重りは地面に対して垂直の筈ですので、それを目安にして柱の傾きをチェックします。単純に糸の端に重りを付ければ立派な下げふりとして使えますが、それだと風の影響を受けたり計りにくかったりするので、大工さんはアルミの箱でカバーされた防風タイプの下げふりを使っている事が多いです。重りの有る所は透明のカバーになっていて位置とその下にあるゲージが見えやすくなっています。これを見ながら3mm押して!とか1mm戻す!とか真ん中の人に指示をだしています。
真っ直ぐになったら仮筋交いを入れて固定します。写真でナナメに止めている細い木材です。これは本式の筋交いを取り付けるまでの仮のものです。

続けて2階の合板を留め付けて柱を建て小屋組みと進んでいます。垂木を流していますね。

はじまりの家 木まま 上棟

2階の屋根は野地板の合板まで貼り終えました。下屋はまだ垂木の途中ですが、日も傾いてきましたので切り上げて養生をしています。上棟の次の日が雨予報でしたので厳重に養生をしました。

 

では、今日はこの辺で失礼します。
皆さま、体調管理にはくれぐれもお気を付け下さいませね。

カテゴリー: お知らせ