スタッフブログ

“木まま”の日常やお知らせをスタッフが綴ります。

最近の投稿

週のはじまり

2020年を迎え「そろそろ家づくりをはじめよう」と目標をもたれた方へ

失敗しない家造りセミナー

心暖まるもの

岡山県岡山市 仄(ほのり)の家 vol.1

カテゴリー

お知らせ
平屋

アーカイブ

2020年1月

2019年12月

2019年11月

2019年10月

2019年9月

2019年8月

2019年7月

2019年6月

2019年5月

2019年4月

2019年3月

2019年2月

2019年1月

2018年12月

2018年11月

2018年10月

2018年9月

2018年8月

2018年7月

2018年6月

2018年5月

2018年4月

2018年3月

2018年2月

2018年1月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年9月

2017年8月

2017年7月

2017年6月

2017年5月

2017年4月

2017年3月

2017年2月

2017年1月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年9月

2016年8月

2016年7月

2016年6月

2016年5月

2016年4月

2016年3月

2016年2月

2016年1月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年9月

2015年8月

2015年7月

2015年6月

2015年5月

2015年4月

2015年3月

2015年2月

2015年1月

2014年11月

2014年10月

2014年9月

2014年8月

2014年7月

2014年6月

2014年5月

2014年4月

2014年3月

2014年2月

2014年1月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年9月

2013年8月

2019.09.20

浜松で鰻を食べてきました。

みなさんこんばんは。㈱木ままの川上です。

昨日、一昨日と静岡県の浜松市へアドバイザーの小村と研修へ行ってまいりました。鰻を食べに行ったのではなく、あくまで研修です。

平松建築さんがホストとなり、全国から工務店の方々が集まり日頃の取り組みについて説明を受け、現場見学へ行ったりディスカッションをしたりしながらの

意見交換会でした。

同じ商圏の工務店同士だとなかなか内情を明かせないのですが、全く違う商圏同士ですとライバルではなくなるので内情を明かしやすく日頃の悩みも相談しやすいのです。

岡山に居ると同業他社の方と話す機会はほとんどないので意見を交換できる機会は非常に有意義でした。

ITをフル活用して無駄をなくしいかに効率よく仕事をし、生産性をあげるかについて非常に特化しておりとても参考になりました。

数字がオタク並みに得意な方で、綿密な計算の元、事業をおこなっており費用対効果を常に意識し誰がやるべき事なのか考え行動し、ITツールを駆使し結果にいかに最短ルートで

最少の投資で辿り着けるかを研究されているところが印象的でした。

日頃の行動に疑問を持ち、当たり前だと思ってやっている事が本当に必要か考え必要ないことは辞めていく。それだけでも、時短に繋がると改めて思いました。

現場監督という職は、帰るのが遅く休みが少ないのが当たり前。その割安月給。それでは次世代の若者がやりたいと思う訳がないので、現状を変えられるようこれからの世代が

このままではダメだという意識を持って考えていく必要があると思いました。時給換算したら最低賃金割るのが多くの建設会社ですからね。

難しい難題ですが、現場監督の地位の向上を目指してこれから考えていきます。

いつしか読んだ本で現場監督という職はAIに乗っ取られるそうです。この本を読んだ時に思ったことは現場監督という仕事の奥深さをあまり理解されていない作者だと。

現場の工程調整するだけが仕事ではないですからね。よく前の会社言われていたのが、現場監督は手配師ではない。と。

施工には公共工事標準仕様書という、国土交通省が定めた各工程毎の決まりが沢山あります。正しいやり方が全ての工事にあり、正しく施工なされているか誰かがチェックしないと

いけません。まぁ住宅規模と大きい建築物とでは基準が違うと言われればそれまでですが、正しい工事のやり方を知っておくということは非常に大切なことだと思ってます。

100点ではなくても最低ラインを知っておかなければ、みんなが常識ある施工者ばかりではないですからね。

施工図も作らないといけないし、監督なので職人さんがした成果物が図面通りになされているかチェックもしないといけないし、予算についても考えないといけないし、

記録を残すこともそうですし、当然工事工程表の作成もそうです。

2次元の図面だけでは表しきれない所を実際の現場で決めていくこともしかりです。決めるってことが結構プレッシャーなんですよね。自分にとっては成果でも

違う人からみたら不正解かもしれない。まぁ全部相談しながら進めていけばいいんでしょうけど、そうもいってられないスピード感の時が多々ありますからね。判断を誤れば、決めた

人間の責任ですから、なかなかのプレッシャーです。できて当たり前の厳しい世の中なので尚更です。

結論をいいますと、監督だけいても建物は建たないですが、監督が居ないと良い建物は建たないと僕は思っています。

あまり、お施主様からしたら何をしているかわからないし見えない存在ですが陰ながらいろんな事をしております。

毎日一つの現場に朝から晩まで常駐することは無理ですが、見えないところで意外といろんな事を考えながらやってます。

日々勉強です。明日からは一休みしてまた来週から頑張ります。

最後に研修の写真を一枚。

 

平松建築さん提携の外構屋さんの自宅兼事務所兼展示場での一枚です。塀一つとっても、コンクリートブロックでの塀。コンクリート打ちっぱなしの塀。

板塀。ブロック積んでモルタルで表面を平らにして塗装して仕上げる塀。石積みの塀。外構も奥が深くイメージに合うもの仕上げていくのはまた難しいと感じました。

木ままでは大谷の庭を考えています。いつもすごいなって自分の会社の人間ながら感心しています。

と、公の場で褒めたので昨日の鰻の件はちゃらにしてください!笑

それでは、また来週。

 

カテゴリー: お知らせ

2019.09.17

岡山県倉敷市 和音の家 vol.2

皆様こんにちは!
朝と夜は涼しくなってきましたが、日中はまだまだ暑くて温度差が大きいので体調管理には注意が必要ですね。
私の知り合いの周りでは早くもインフルエンザに罹った人がいて、こんなに早く罹るのかという感じです。皆様も体調を崩されないようお気を付けください。

 

所在地:岡山県倉敷市
建築内容:平屋木造住宅建築
記載者:株式会社 木まま 國分
記載日:2019年9月17日

 

今回はノンクラック通気工法の下地部分についてご紹介します。
ラスモルノンクラック通気工法の特徴として
・低クラック
・耐久性
・透湿性
・耐震性
などが挙げられます。
窓を取り付け後に壁全面に透湿防水シートを張りその上に通気を確保するために通気胴縁という木材を縦方向に釘で打ち付けます。

平屋 木まま 新築住宅 モルタル ノンクラック

そのあとにラス板という平たい板を全体に張ります。
この時にラス板との間には数センチの目透かしをします。

平屋 木まま 新築住宅 モルタル ノンクラック

木ままの外部の仕上げ方として窓の周りにヒノキの額縁を回すこともあります。

平屋 木まま 新築住宅 モルタル ノンクラック

この上にフェルト(防水シート)を壁全面に張りラス網を取り付けます。
ラス網とは、モルタルの剥落を防ぐために、モルタル下地として使用される金網の事です。
モルタルに含まれる水分やアルカリ性に対応する為に亜鉛メッキ鋼板を原料としたラス網が主流になっています。またよりモルタル厚を確保することによって、防火・耐震性能を大きく向上させることができます。平屋 木まま 新築住宅 モルタル ノンクラック

今回は壁の下地までのご紹介でした。

カテゴリー: 平屋

2019.09.15

芸術の秋ということで。

今朝、いつものように事務所で作業をしていると、

南側の道路から大きな鈍い音?がしたので

窓から様子見たところ、3台の車が絡む玉突き事故が起こっていました。

車が多くスピードが出ていない状況もあり、大事故のようには見えませんでしたが、事故に遭われた方々は気の毒です。

大きな怪我などなければよいのですが・・・

交通事故はいつどこで起こるかわからないので怖いですね。

これから行楽シーズンということでますます注意が必要になります。

気を付けましょう。

 

*おとつい、山陽新聞社のイベントホールにて

建築家の永山祐子さんの講演会がありました。

建築業界の間で “ 美人すぎる女性建築家 ” と言われています。

檀上で司会の方が永山さんのことを紹介する時間があり、

その中でも、“本当に綺麗な方です ” とか

“ 美人すぎる・・・ ” みたいな言葉をさんざん使い、

とても出づらい空気を作っていたのが印象的でした。

その後、それでは登場していただきましょう、永山祐子さんです!

苦笑いで出てこられましたが、本当に綺麗な方です。

あそこまで持ち上げられると、僕なら出てこないかもしれません・・・

 

永山さんは

商業施設の設計を多く手掛けられていて、

京都大丸のルイヴィトンや、

山梨県にある女神の森セントラルガーデン(綾鷹のCMにも使われたそうです)は

何となく見られたことがあるのではないでしょうか。

現在は東京に2023年完成予定の超高層ビルを設計されています。

44歳で2児の母、すごいバイタリティだと思います。

建築家の手掛ける建物は

普通では考えつかないような思想を持って、それを形にしていくという、

おそらく僕たちにとっては非現実的な建物を作り上げるから面白いし、

惹かれる魅力があるのだと思います。

講演会も日常ではまず聞くことがないデザインの話や、

発想の話など興味深い内容のものばかりでした。

建築家の講演会は久しぶりでしたが、やはり面白いです。

 

もうすぐ瀬戸内国際芸術祭が始まりますが、

これがとても楽しみです。

夏の部は暑さで断念しましたが、秋の部は色々と通ってみようと思います。

たぶん涼しいですからね。

 

香川県の豊島という島に、講演会の永山さんが手掛けた美術館があります。

過去に行った時の写真です。

豊島横尾館という美術館ですが、

古い民家を改修し美術館として利用しています。

内部は80歳の芸術家の横尾忠則さんの作品が展示され、

庭や池などのインスタレーションも展開されています。

赤いガラスの向こうにどんな景色が広がるのか、

試験勉強の問題集で使った赤い下敷きを連想させますね。

講演会のときに言っておられましたが、この赤いガラスは2枚のガラスの間に

赤色のフィルムを挟んだ、いわゆる合わせガラスというもの。

この赤色の下敷きに近い赤色のフィルムを探すのに相当苦労されたみたいです。

結局日本では見つからず、イタリアでようやく見つけたという裏話が聞けました。

 

建築やアートは好き嫌いが結構ありますが、

こういうイベントを機に興味を持つ人が増えるような気がします。

 

 

桝江でした。

カテゴリー: お知らせ