スタッフブログ

“木まま”の日常やお知らせをスタッフが綴ります。

最近の投稿

新たな来訪者

岡山県倉敷市 奥深い家vol.1

秋は朝もや

岡山県浅口市 vol.1

11月23.24日土日 建物完成見学会(平屋) ○○行きの家in総社市西阿曽

カテゴリー

お知らせ
平屋

アーカイブ

2019年11月

2019年10月

2019年9月

2019年8月

2019年7月

2019年6月

2019年5月

2019年4月

2019年3月

2019年2月

2019年1月

2018年12月

2018年11月

2018年10月

2018年9月

2018年8月

2018年7月

2018年6月

2018年5月

2018年4月

2018年3月

2018年2月

2018年1月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年9月

2017年8月

2017年7月

2017年6月

2017年5月

2017年4月

2017年3月

2017年2月

2017年1月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年9月

2016年8月

2016年7月

2016年6月

2016年5月

2016年4月

2016年3月

2016年2月

2016年1月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年9月

2015年8月

2015年7月

2015年6月

2015年5月

2015年4月

2015年3月

2015年2月

2015年1月

2014年11月

2014年10月

2014年9月

2014年8月

2014年7月

2014年6月

2014年5月

2014年4月

2014年3月

2014年2月

2014年1月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年9月

2013年8月

2019.06.04

岡山市中区平井 平屋住宅 だんだんの家 vol.6

みなさん、こんにちは。木ままの練尾です。
暑いですね。先週は5月とも思えないような暑さで驚きましたが、最近は落ち着いてきて季節相応な暑さというがジメジメさになってきた気がします。梅雨ももうすぐな感じですね。嫌ですね。言ってはいけないのしょうが、好きではないです。最近の朝夕の寒暖の差は割と長めに生きてきた身には結構こたえます。風邪をひきそうな感じがずっと続いていて気を抜いたら負けそうなので気合を入れて頑張りたいと思います。

 

所在地:岡山県岡山市中区平井
工事内容:平屋住宅建築
記載日:2019年6月4日
記載者:株式会社木まま 練尾

 

さて、今日は岡山市平井で進行中のだんだんの家の様子をご紹介致します。

だんだんの家 リビング

内部の様子です。地味な大工さん作業が続いていますが、リビングは天井が貼られました。だんだんの家はリビングからダイニングへとステップ状にフロア高さが変化しています。天井も同じくリビングからダイニングに向けて登り傾斜になっていますので、化粧で見せている梁もずどーんと登っていて迫力が有りますね。そう見えないとしたら写真が悪いのです…。写真をだんだんの上の段から撮っている所為だと思います。すみません。次回は気を付けます…。

だんだんの家 個室内部

こちらは個室ですが壁下地を終えた所です。左上の木の下地が詰めて貼ってあるのはエアコンが付く予定の位置です。右の壁の下地は壁掛けテレビの為の下地です。テレビを壁掛けにする場合、ご購入予定のテレビの機種型式が分かっていれば壁掛け用の金物などと干渉せず且つテレビ本体の裏に隠れるようにテレビ線やコンセントを配置しています。ですが将来的にテレビを変え替えられる頃には、壁掛け金物の形状が変わっていたりテレビ自体の大きさも変わったりして、もしかしたら今の位置ではコンセントなどがテレビの裏に隠れてくれなくなる事も有ると思います。それは本当に仕方ない事では有るのですが、せめて下地は多少の変化に対応出来るように広範囲に入れる様にしています。電気などの配線も終わっていますのでこの後は石こうボードを貼っていきます。

だんだんの家 内部

別の個室です。こちらは壁も天井も石こうボードが貼ってあります。上の方に材料が置いてあります。建築時の材料は相当の量ですので、このように上の方に簡易的な棚を作り、比較的軽くて長い材料を置いて床面を広く空けて作業がしやすいようにしています。作業効率を上げる大工さんの工夫ですね。現場の整理整頓や足元の安全にも一役買っていると思います。もちろん落下しないよう気を付けています。他にも自分が作業しやすい高さの作業台やカンナを掛ける時の滑り止めを施した削り台など、大工さんは現場作業がしやすいように色々工夫しています。端材を利用した台などは作業が終われば処分しますが、一旦バラして次の現場で再び使えるようにしているものも多いです。大工さんに限らず様々な現場を渡り歩く職人さんは、皆それぞれに作業効率を上げる工夫をされていますね。

だんだんの家 軒

外部の様子も少しですが。大屋根の軒裏はケイカル板に塗装の予定です。下のテラスの軒裏はヒノキ板貼りです。

 

では今日はこの辺で失礼します。
皆さま、寒暖の差に体調を崩されませんようにお気を付け下さいませ。

 

カテゴリー: お知らせ, 平屋