スタッフブログ

“木まま”の日常やお知らせをスタッフが綴ります。

最近の投稿

お引越ししました。

回想。

秋の訪れ

大詰めです。

14280

カテゴリー

お知らせ
平屋

アーカイブ

2020年9月

2020年8月

2020年7月

2020年6月

2020年5月

2020年4月

2020年3月

2020年2月

2020年1月

2019年12月

2019年11月

2019年10月

2019年9月

2019年8月

2019年7月

2019年6月

2019年5月

2019年4月

2019年3月

2019年2月

2019年1月

2018年12月

2018年11月

2018年10月

2018年9月

2018年8月

2018年7月

2018年6月

2018年5月

2018年4月

2018年3月

2018年2月

2018年1月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年9月

2017年8月

2017年7月

2017年6月

2017年5月

2017年4月

2017年3月

2017年2月

2017年1月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年9月

2016年8月

2016年7月

2016年6月

2016年5月

2016年4月

2016年3月

2016年2月

2016年1月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年9月

2015年8月

2015年7月

2015年6月

2015年5月

2015年4月

2015年3月

2015年2月

2015年1月

2014年11月

2014年10月

2014年9月

2014年8月

2014年7月

2014年6月

2014年5月

2014年4月

2014年3月

2014年2月

2014年1月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年9月

2013年8月

2020.06.07

水無しの水面。

ホコリまみれにならないように
あらかじめかぶせておいた
45リットルのゴミ袋をとうとう取る日が来てしまいました。
冷房を頼るにはまだ早いと、
この時期はとりあえず扇風機で過ごすようにしています。
どこまで耐えれるか、ある意味ひとり我慢大会です。

まだ涼しさは残るものの、
風は少しずつ温風に変わりつつあります。

 

汗の引かない不快な時期、考えるだけでゾッとしますね…

 

*6月は別の呼び方で水無月という呼び方がありますが、
水の無い月と書くわりに梅雨があったり、田んぼに水を張ったり、
わりと水のある月だと
ひねくれたことを考える今日この頃。

気になったので調べてみると

“ 水の無い月と書くが、この無は「の」を意味する連体助詞の「な」であるため、水無月は「水の月」になる ” …

よく意味がわかりませんが、らしいです。

日本語は美しくもあり、難しくもありますね。

 

通勤中、暑い日差しの中で見る田んぼの景色。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水面に写る景色はまるで鏡のようです。

この時期ならではの涼しげな色合い。

さすが水の月。

 

また、通勤時とは違い
帰り道には幻想的な景色に変わります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オレンジと青のグラデーション。

一体この中に何色の色があるでしょうか。。

 

こんな景色を見ながら
騙しだまし夏を乗り越えようと思います。

 

夏と呼ぶにはまだまだ序の口ですが…

 

桝江でした。。

カテゴリー: お知らせ