スタッフブログ

“木まま”の日常やお知らせをスタッフが綴ります。

最近の投稿

つよくたくましく

倉敷市早高の家Vol02

思い出す…

岡山県倉敷市 vol.2

【片付く収納】 11/28.29 土日見学会 洗面→ファミリークローク付き

カテゴリー

お知らせ
平屋

アーカイブ

2020年11月

2020年10月

2020年9月

2020年8月

2020年7月

2020年6月

2020年5月

2020年4月

2020年3月

2020年2月

2020年1月

2019年12月

2019年11月

2019年10月

2019年9月

2019年8月

2019年7月

2019年6月

2019年5月

2019年4月

2019年3月

2019年2月

2019年1月

2018年12月

2018年11月

2018年10月

2018年9月

2018年8月

2018年7月

2018年6月

2018年5月

2018年4月

2018年3月

2018年2月

2018年1月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年9月

2017年8月

2017年7月

2017年6月

2017年5月

2017年4月

2017年3月

2017年2月

2017年1月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年9月

2016年8月

2016年7月

2016年6月

2016年5月

2016年4月

2016年3月

2016年2月

2016年1月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年9月

2015年8月

2015年7月

2015年6月

2015年5月

2015年4月

2015年3月

2015年2月

2015年1月

2014年11月

2014年10月

2014年9月

2014年8月

2014年7月

2014年6月

2014年5月

2014年4月

2014年3月

2014年2月

2014年1月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年9月

2013年8月

2020.11.23

あたり。

今僕が住んでいる家は元々祖父母が住んでいて、

その祖父母が雲の上に旅行に行ったきり帰ってこなくなったために

僕たちが留守番を兼ねて住み続けているという流れ。

築40年以上経つこの家は、
現代のいわゆる “ おしゃれな住宅 ” とはほど遠いですが、
それなりに住み心地は良いです。
幼少期もこの家からわりと近い位置に住んでいたため、
じいちゃんばあちゃん子の僕は昔からこの家が好きで、毎日のように通いました。
夏休みや冬休みは休みが終わるまでこの家で過ごし、
苦手な作文はおじいちゃんがつくってくれたものを丸写し。
習ってもいない言葉の数々に先生たちもあからさま過ぎて笑っていたに違いありません。
そんな頃からこの家とは長い歳月をともにしました。
元々小さかった
庭にあるたくさんの植物たちも同じ時を過ごし、
鬱蒼とまではいかないものの、
” 桝江くんちって森みたいじゃな ”
と言われるくらいにまで成長しました。
そんな森と言われた庭の植物たちを
1度綺麗にしてやろうと、
5年ほど前に良く知る庭師さんに剪定を依頼した時のこと。
植物に”うとい”僕でも、さすがに家の庭の植物くらいは知っておこうと庭師さんにあれこれ樹種を聞きました。
祖父は山口県出身、祖母は鹿児島県出身、
そんなことを教えてもいないのに、
これはどこどこの木、これはあそこの…
半信半疑ではあったのですが、
あまりにも祖父母の出身地とゆかりのある樹種を言うので嬉しくも不思議な気持ちになったのを覚えています。
植え方もよく考えて植えられているらしく、
当時の庭師さんはきちんと祖父母の背景を感じとってくださったんだと思い、少し感慨深くもなりました。
シンボルツリーである薩摩杉は現在8m以上あり、
すぐ裏のコーポに対し非常に良い目隠しとなっています。
そんなたくさんの植物の中にクロガネモチという木があるのですが、
庭師さんいわくこの木には当たりはずれがあり、
あたりの場合は赤い実がなり、はずれの場合は実がならないといいます。
僕の家のクロガネモチは実がなっておらず(当時実がなる時期)
それを見て、
桝江さんちのは実がなってないけハズレじゃな、
ハハハと一緒に笑ったのを思い出します。
心の中でハズレって言うなと思いながら…
ところが先週の水曜日、
休日の朝に母親が外にあるポストに郵便物を取りに行き、
家に入ってくるなり、「赤い実がなっとる!」
当時のことはすっかり忘れていたので
初めは何のことかピンとこなかったのですが、
実がなっていたのはハズレだったはずのクロガネモチでした。
40年以上の時を経て、
初めてでも実がなったということは、
このクロガネモチはハズレではなく、
当たりのクロガネモチだったということになります。
あの時の庭師さんにどや顔で見せてやりたい気持ちは抑えつつ、
何となく縁起が良さそうな気がするので、
これが色んな部分で
実を結ぶというところにつながれば良いなと
秋の空を見ながらしみじみ思った休日の朝の話でした。。
桝江でした。。

カテゴリー: お知らせ