スタッフブログ

“木まま”の日常やお知らせをスタッフが綴ります。

最近の投稿

花の命は短いのよ。

初めまして

岡山県窪郡早島町 葵ぞらの家vol.4

KAZE

時代の移り変わり。

カテゴリー

お知らせ
平屋

アーカイブ

2021年6月

2021年5月

2021年4月

2021年3月

2021年2月

2021年1月

2020年12月

2020年11月

2020年10月

2020年9月

2020年8月

2020年7月

2020年6月

2020年5月

2020年4月

2020年3月

2020年2月

2020年1月

2019年12月

2019年11月

2019年10月

2019年9月

2019年8月

2019年7月

2019年6月

2019年5月

2019年4月

2019年3月

2019年2月

2019年1月

2018年12月

2018年11月

2018年10月

2018年9月

2018年8月

2018年7月

2018年6月

2018年5月

2018年4月

2018年3月

2018年2月

2018年1月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年9月

2017年8月

2017年7月

2017年6月

2017年5月

2017年4月

2017年3月

2017年2月

2017年1月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年9月

2016年8月

2016年7月

2016年6月

2016年5月

2016年4月

2016年3月

2016年2月

2016年1月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年9月

2015年8月

2015年7月

2015年6月

2015年5月

2015年4月

2015年3月

2015年2月

2015年1月

2014年11月

2014年10月

2014年9月

2014年8月

2014年7月

2014年6月

2014年5月

2014年4月

2014年3月

2014年2月

2014年1月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年9月

2013年8月

2021.05.16

つゆ入り。

夜ご飯を食べない生活をかれこれ続けていますが、

ここ最近20時以降にやたらとお腹が空くようになりました。

こういう時に体が欲するのが吉〇家の牛丼。

安くて早くて美味い、この三拍子の揃い具合が良いのでしょうか。

高校2年生の夏、

深夜に後輩のお兄さんにご馳走になったのが〇野家との最初の出会い。

その時に教えられた

“ 並、つゆ抜き、玉子、味噌汁 ” の組み合わせが、

忘れられない記憶となり、今現在も継続中の注文のしかたです。

つい先日の20時以降、

案の定、吉野〇の牛丼が食べたくなり、

店に入るなり

いつものように同じ注文をしたつもりでいました。

3分程で目の前に運ばれ、

相変わらずの速さに感心したのも束の間。

疲れていたせいか、

つゆ抜きを言い忘れて “ つゆ入り ” の牛丼が目の前に鎮座。

おじやのような牛丼になってしまうのが嫌で、

つゆ入りを避けてきましたが、疲れとは怖いものです。

疲れを溜めないように、ということに気づかされた瞬間でした。

 

とまぁ、知らんがな、な話でした。。

 

 

*現在進行中の物件で、浅口市のN様邸は母屋を解体し、

そのあとに新しく住宅を新築する建替工事です。

おおよそ築100年の日本家屋は3日前から解体工事が始まりました。

 

本日現場を見に行くと、瓦が降ろされ、内部はがらんどうな状態です。

やはり昔のつくりは妙に興味をそそられます。

光の入り方、適度な暗がり、風通し・・・

よく考えられているなと思います。

昼間に平気で照明をつける現代とは違い、

自然光の明るさがとても心地よく、気持ちも安らいでいるのがよくわかります。

 

色々な思い出の詰まった建物が解体される時、

その建物に対する思いは人それぞれ、様々かもしれません。

 

N様の新しい住まいも、

この建物以上に沢山の思い出がつくられることを願います。

 

そう言えば、

先日の15日、岡山も “ つゆ入り ” したそうです。

いえ、“ 梅雨入り ” ですね。

この時期の梅雨入りは

記録の残る1951年以降、昭和63年5月8日に次いで過去2番の早さだそうです。

 

色々と工事に支障が出るので

こちらのつゆは特に避けたいところですが、

こればかりは “ つゆ抜き ” というふうにはいかないようです…

 

 

桝江でした。

カテゴリー: お知らせ