スタッフブログ

“木まま”の日常やお知らせをスタッフが綴ります。

最近の投稿

暮らしの相談会 終了しました。

岡山市北区尾上 陽だまりの家vol.3

芯まで暖まる。

岡山県総社市清音軽部 2階建木造住宅改修 うけつぐ家 vol.3

居心地の良い場所

カテゴリー

お知らせ
平屋

アーカイブ

2018年12月

2018年11月

2018年10月

2018年9月

2018年8月

2018年7月

2018年6月

2018年5月

2018年4月

2018年3月

2018年2月

2018年1月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年9月

2017年8月

2017年7月

2017年6月

2017年5月

2017年4月

2017年3月

2017年2月

2017年1月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年9月

2016年8月

2016年7月

2016年6月

2016年5月

2016年4月

2016年3月

2016年2月

2016年1月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年9月

2015年8月

2015年7月

2015年6月

2015年5月

2015年4月

2015年3月

2015年2月

2015年1月

2014年11月

2014年10月

2014年9月

2014年8月

2014年7月

2014年6月

2014年5月

2014年4月

2014年3月

2014年2月

2014年1月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年9月

2013年8月

2016.07.08

屋根について

みなさんこんにちは。

毎週金曜日は晴れてましたが、今週はついに雨です。

梅雨が明けたかのような、快晴の日々が続いていましたが、

今日からまた梅雨が帰ってくるそうです。

雨を受け、家屋への雨水の侵入を防いでくれる屋根。

岡山県倉敷市三田「風かおる家」屋根

日本古来から使用されている屋根材は瓦です。瓦の重量は

とても重く、30坪程度の面積で約6,000kgもあるそうです。

それに比べ、ガルバリウム鋼板(上の写真を参照)だと、

600kg程度と、約10分の1です。重心は低いほど安定します。

そのため、軽い材料のガルバリウム鋼板を使った屋根の方が

建物としては安定性が高いと言えます。

熊本地震の際に倒壊した家で際立って多かったのが、土葺

きの瓦屋根です。瓦だけでも重いのに、土までのっけちゃ

ったらそりゃ頭でっかちになりすぎるのです。熊本城の屋根

瓦がほとんど落ちてしまった映像を見られた方は多いかと

思います。熊本市中心街にあり何度も強い地震に見舞われた

のに、倒壊しなかったのでしょうか?なぜなら、瓦と躯体を

繋げておらず、強い地震に見舞われた際は、瓦を落として、

頂部を軽くするように作られているからです。倒壊しなかっ

たから、修繕で済みますが、倒壊していれば建て替えになっ

ていました。

私自身は、瓦葺きの屋根は重厚感があって、経年劣化もしに

くく好きな素材です。現在では、家の屋根として使いたい場

合は壁量計算をして、屋根の重量を支えられる構造にしてい

るため、何も問題はありません。

屋根の材料をひとつとってみても沢山の選択肢があります。

デザイン性に加えて主要構造物のひとつであるという観点から

も検討してみるのもいいのかもしれません。

 

P.S. 川上さんがスタッフ紹介に追加されてます。現場でお会

いすることも多いかと思います。よろしくお願いします。

 

 

カテゴリー: お知らせ