スタッフブログ

“木まま”の日常やお知らせをスタッフが綴ります。

最近の投稿

買ってよかったモノ

岡山市北区京山 京山の家vol.6

メンテナンス②

違和感。

岡山県岡山市中区 2階建木造住宅建築 小麦の家 vol.5

カテゴリー

お知らせ
平屋

アーカイブ

2018年11月

2018年10月

2018年9月

2018年8月

2018年7月

2018年6月

2018年5月

2018年4月

2018年3月

2018年2月

2018年1月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年9月

2017年8月

2017年7月

2017年6月

2017年5月

2017年4月

2017年3月

2017年2月

2017年1月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年9月

2016年8月

2016年7月

2016年6月

2016年5月

2016年4月

2016年3月

2016年2月

2016年1月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年9月

2015年8月

2015年7月

2015年6月

2015年5月

2015年4月

2015年3月

2015年2月

2015年1月

2014年11月

2014年10月

2014年9月

2014年8月

2014年7月

2014年6月

2014年5月

2014年4月

2014年3月

2014年2月

2014年1月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年9月

2013年8月

2018.04.12

注文住宅ならではの・・・

 何もないところから始まり、

お客様と共に考え、同じ過程を共存し、

それが形になり、その先もつながり続ける。

これは建築にしかないことだと思います。

特に住まいに関して言えば、建物だけではなく住み手の生活をもヒントに設計を行うため、

その関係はより深いものになるのではないでしょうか。

 

その同じ過程を踏んでいく段階で唯一伝わりにくい部分、

紙の上でやりとりをする計画中の段階は、スケール感や空間のイメージが掴めず

数字を見てもぼんやりとした感覚を覚えることだと思います。

それをいかにわかりやすく説明するのも僕たちの仕事になるのですが、

これがなかなか難しくて・・・

前にも言ったことがありますが、

部屋の高さや広さに関しては図面に記入してある数字を実際に

現在住まわれている家で測るという作業が1番効果的であると思います。

あと言葉で説明をするときは、

なるべく専門用語を使わず、わかりやすい言葉で説明できるようにと思っています。

また、木ままでは建物を立体的にイメージしていただくために模型つくるようにしています。

注文住宅やデザイン住宅の建物は単純な形状とは異なり、複雑にデザインされた部分を持ち合わせるため、

実際により近い状態を見ていただくことになります。

IMG_1777

 

これはこれから着工していくY様邸。

紙の上で立体をつくるのではなく実際に立体をつくるので、

手元で色んな角度から見ることができます。

IMG_1781

Y様邸が実際どのようになるかは、もう少し先になりそうです・・

 

このように設計段階から、

少しずつでもイメージしていけるような工夫を考えながら計画を進めていきます。

 

現在進行中のお客様も、

これから木ままを考えてくださっているお客様も、

なるべくわかりやすくお伝えする工夫を考えていきますので、

クスッと笑えるリラックスした環境のなかで、楽しく計画していきましょう。

 

 

カテゴリー: お知らせ