スタッフブログ

“木まま”の日常やお知らせをスタッフが綴ります。

最近の投稿

岡山県岡山市中区 2階建木造住宅建築 小麦の家 vol.3

木ままにツリー作り

岡山市北区京山 京山の家vol.4

古き良き時代のもの。

岡山県玉野市 2階建木造住宅建築 海辺に建つ家 vol.6

カテゴリー

お知らせ
平屋

アーカイブ

2018年10月

2018年9月

2018年8月

2018年7月

2018年6月

2018年5月

2018年4月

2018年3月

2018年2月

2018年1月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年9月

2017年8月

2017年7月

2017年6月

2017年5月

2017年4月

2017年3月

2017年2月

2017年1月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年9月

2016年8月

2016年7月

2016年6月

2016年5月

2016年4月

2016年3月

2016年2月

2016年1月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年9月

2015年8月

2015年7月

2015年6月

2015年5月

2015年4月

2015年3月

2015年2月

2015年1月

2014年11月

2014年10月

2014年9月

2014年8月

2014年7月

2014年6月

2014年5月

2014年4月

2014年3月

2014年2月

2014年1月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年9月

2013年8月

2018.09.13

本のご紹介。

休日に限り、設定した目覚ましの時間に起きれなくなってしまった・・・

普段なら勝手に目が覚めてしまうはずが、

疲れがたまっているのか、歳のせいなのか・・

予定より1、2時間も遅れて起きてしまうことに、

それ分の楽しみを睡眠に吸われているような気がして、何か損をした気分になります。

病んでいるわけではないのですが 笑

 

先日、知り合いの建築士さんに進められた本があります。

「父の縁側、私の書斎」

これは、僕が大好きな建築家“ 中村好文 ”さんが何かの雑誌でも紹介した本だというので

読まないわけにはいかない 笑

パッと見、いつの時代の本?というくらい古そうに見えるので、

本屋で見つけてもたぶん手に取らないかな・・・

この本は、著者の“ 檀ふみ ”さんが実際に家に住む中で経験してきた良い思い出、

苦い思い出などを綴ったエッセイみたいな本です。

建築家に対する批評?

家族と過ごした日々、海外で過ごした日々、

そこで感じた心地よさや、理想の住まいなど。

ラフに描かれた間取りを見ながら、文章を読む中でその情景がはっきりと想像できるので面白いです。

例えば一部に、

「本棚の横にある真鍮のノブを回して、そっとドアを開いてみると、

重いカーテンの隙間から弱い光がこぼれており、その光の中で埃が踊って・・・」

独特の表現の中に、なんとなく絵が浮かびませんか?

 

これから新しく家を建てようとする人が、

住まいに何を求めたいか悩んだ時、この本の中に出てくる情景や著者の思いは

何らかのヒントになる気がします。

造り手側が押し通すおしゃれな外観や内部ではなく、

住んでいく中で生まれてくる心地よさがあって、

初めて良い住まいに落ち着くのだと、そう言われているようにも思います。

 

本が好きな人、

時間があるとき、気が向いた時、ぜひ読んでみてください。

読むうちに惹かれてくるような本です。

 

桝江でした。

 

カテゴリー: お知らせ