スタッフブログ

“木まま”の日常やお知らせをスタッフが綴ります。

最近の投稿

岡山市北区尾上 陽だまりの家vol.3

芯まで暖まる。

岡山県総社市清音軽部 2階建木造住宅改修 うけつぐ家 vol.3

居心地の良い場所

薪ストーブの時期の到来です。

カテゴリー

お知らせ
平屋

アーカイブ

2018年12月

2018年11月

2018年10月

2018年9月

2018年8月

2018年7月

2018年6月

2018年5月

2018年4月

2018年3月

2018年2月

2018年1月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年9月

2017年8月

2017年7月

2017年6月

2017年5月

2017年4月

2017年3月

2017年2月

2017年1月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年9月

2016年8月

2016年7月

2016年6月

2016年5月

2016年4月

2016年3月

2016年2月

2016年1月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年9月

2015年8月

2015年7月

2015年6月

2015年5月

2015年4月

2015年3月

2015年2月

2015年1月

2014年11月

2014年10月

2014年9月

2014年8月

2014年7月

2014年6月

2014年5月

2014年4月

2014年3月

2014年2月

2014年1月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年9月

2013年8月

2018.11.30

薪ストーブの時期の到来です。

みなさんこんばんは。㈱木ままの川上です。

今日は夕方にかけて、毎年恒例の薪割をしていました。寒くなると暖を取る為の薪ストーブ用の薪がひつようになります。端材を持ち帰ってひたすらに薪ストーブに入るサイズに切り続けました。約25cmに切らないと入らないので、桧の105角の角材を切ったり、羽目板の切れや間柱の切れなど大小様々な薪を作りました。下の写真の量を作るのに、1時間半ぐらいです。それで、1週間から2週間もつか持たないかだと思う量です。

そして、着火時には棒状の細い木の方が付きやすいので、手前の様に棒状に割っていきました。大きいものは火が付けば長くついていてくれるのですが、着きにくいのでサイズを変えて薪を作っています。薪ストーブの事を思うと広葉樹の方がいいんですが、なかなか端材がないので針葉樹で代用です。

今シーズン一回目の着火です。暖かい空気は上へ上がるので、下に空間を作って火種となる紙等を火をつけて入れて、細く切った木へ火が付くように配置します。いったん火が付くと、大きな薪を入れて何回もくべなくていいようにします。火のつけ方は一旦理解すれば簡単なので、興味のある方は是非。動物は火を怖いと認識しますが、人間は薪ストーブぐらいの火だと逆に落ち着きますよね。なんでなんでしょうね。

12月に入ると一段と寒くなります。先日の暮らす家展示会でも薪ストーブがありましたが、温かさは群を抜いていました。乾燥するので加湿は必須なのですがね。事務所に来られる方は楽しみにしておいてくださいね。

薪割は好きでないとできませんが、暖は取れるし落ち着くしで私の将来の家には登場するであろうと思われます。スイッチ、ピッでつく方が簡単で楽でいいんですけどね。付ける薪を用意するのに手間はかかるし、着くのに時間はかかるしで向かない人には向かない暖の取り方だと思います。

事務所に来られた際は、暖まって落ち着いていって下さい。

来週からはまた現場報告をさせて頂きます。それではまた来週。

 

カテゴリー: お知らせ