スタッフブログ

“木まま”の日常やお知らせをスタッフが綴ります。

最近の投稿

岡山県倉敷市西阿知 沿線に建つ家vol.3

木ままの暮らしを動画でご紹介

お礼参り

受け継がれる儀式。

岡山県総社市清音軽部 2階建木造住宅改修 うけつぐ家 vol.5

カテゴリー

お知らせ
平屋

アーカイブ

2019年1月

2018年12月

2018年11月

2018年10月

2018年9月

2018年8月

2018年7月

2018年6月

2018年5月

2018年4月

2018年3月

2018年2月

2018年1月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年9月

2017年8月

2017年7月

2017年6月

2017年5月

2017年4月

2017年3月

2017年2月

2017年1月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年9月

2016年8月

2016年7月

2016年6月

2016年5月

2016年4月

2016年3月

2016年2月

2016年1月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年9月

2015年8月

2015年7月

2015年6月

2015年5月

2015年4月

2015年3月

2015年2月

2015年1月

2014年11月

2014年10月

2014年9月

2014年8月

2014年7月

2014年6月

2014年5月

2014年4月

2014年3月

2014年2月

2014年1月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年9月

2013年8月

2018.12.11

岡山県総社市清音軽部 2階建木造住宅改修 うけつぐ家 vol.4

みなさん、こんにちは。株式会社木ままの練尾です。
今日は雨ですね。先週も雨でした。今週は少しお天気模様が怪しいので、現場では少し慌て気味です。それでなくても年末はバタバタするのですが、丁度外壁の施工中の現場が多いタイミングなのでドキドキしています。お天気には適いませんよね。どうしようも無いと分かっていてもお願い晴れて!と祈らずにはいられない今日この頃です。
先日ブログで窓ふきロボットの話題が出てきましたが、この子は本当に可愛いヤツです。意外にもと言っては失礼かもしれませんが予想以上に綺麗に掃除をしてくれるので事務所内では重宝しています。ブログを見て頂いた方から早速ウチでも導入を考えていますとのお話を伺ったりも…。決してメーカーの回し者では有りません。2台のロボットが磁石でくっつくようになっているので、最初にガラスを挟み込んで設置します。建具のガラスなら一人で2台を両手に持って裏表から挟みこめますが、木ままの様に嵌め殺しになっているガラスの場合は、ガラスを挟んで中外と2人掛かりで設置する事になります。結構磁力が強いので2人の息が合わないとすごい勢いでバチンとくっついていまいます。最初はガラスが割れるのではと心配になった位の勢いでした。2台を両手で持って移動している時などもうっかり両手が近づくと凄い勢いで勝手にバチンとくっつくのでびっくりしていました。今は慣れてきたので上手に設置する事が出来る様になりました。木ままの事務所のガラスはシングルガラスなので薄いガラス用のタイプを使用していますが、ペアガラスにも対応出来る厚いガラス用のタイプもあるそうです。相当な磁力なのでしょうね。充電式なので取り回しも良く便利ですが、木ままの事務所は大きなガラスが多いので1回の充電では2枚程度しか拭けないのがちょっと残念です。そういえば武縄竹田の両名は窓ふきロボットの充電池が可愛いと言っていました。長めの円筒形をした白い充電池で余り見かけないサイズのようです。多分。充電池が可愛いかどうかは私にはわかりませんが、便利な世の中になったなあとは思います。ありがたい事です。

 

所在地:岡山県総社市清音軽部
工事内容:2階建木造住宅改修
記載日:2018年12月11日
記載者:株式会社木まま 練尾

 

さて、今日は総社市清音で進行中のうけつぐ家のご紹介です。

うけつぐ家 床下

腐朽している土台や柱などの構造躯体を取り変えて筋交いを入れ金物で補強しています。

木まま うけつぐ家 軸組補強

間取りが以前とは変わるので、新しく壁が付く所の直下に基礎の立上げを作り土台を敷設しています。経年により既存の土台や大引は水平レベルが悪い所も有るので、レーザー水平器でチェックしながら既存の大引を束で上下に調整して新しい大引も高さを合わせていきます。既存の木は良く乾燥していてしっかりしているのですが多少痩せていたり、昔は木柄も割とアバウトだったので今の様にキッチリ90mm角…では無かったりもするので、その辺りも計って出来る限りは調整します。今回の様に基礎を残しての改修だとどうしても調整しきれない所も出てきますが、それでも造作に影響が出ない範囲で納める様にします。この辺りは大工さんの腕の見せ所かも知れません。この大引の上に垂木を載せて床下地の合板を貼りますが今の段階で調整出来ていないと床が傾いてしまうので、慎重に行っています。

 

では今日はこの辺で失礼します。
いよいよ本格的に寒くなってきましたので皆さまご自愛くださいませね。

カテゴリー: お知らせ