進行中の家

小麦の家in岡山

写真:小麦の家in岡山

ブログ記事

2018.10.30

岡山県岡山市中区 2階建木造住宅建築 小麦の家 vol.4

みなさん、こんにちは。株式会社木ままの練尾です。 すっかり寒くなりましたね。ブログは基本週一のペースなのですが1週間で体感温度がずいぶん変わってきたように思います。日差しはまだ暖かく感じますが風は冷たいという秋から冬に変わる独特の気温感は好きなのですが、体調を崩しやすい季節でもあります。皆さまも体調管理にお気を付け下さいませね。   所在地:岡山県岡山市中区高屋 工事内容:2階建木造住宅建築 記載日:2018年10月30日 記載者:株式会社木まま 練尾   さて、今日は岡山市の街中に建築中の小麦の家のご紹介です。 前回基礎工事の様子をお伝えしましたが、先週無事に上棟を迎える事が出来ました。 小麦の家 土台 木まま 先ずは土台敷の様子です。真ん中に立って何か(多分)考えている人が今回の棟梁です。 小麦の家 土台が敷けたら断熱材を入れます。土台と大引で作られた桝目の中にすっぽりとはめ込んで縁のひらひらした所をタッカーで木部に留め付けて固定します。 小麦の家 上棟 高屋 上棟当日です。まずは1階の柱を人力で建ててからレッカーの出番です。レッカーが梁を釣りあげて取付位置に運び大工さんが取り付けるという手順です。梁と柱の継ぎ目には凹凸になるように予め加工がしてありますので、位置を合わせてかけやで叩き込みます。梁と梁とを継ぐ場合も同様に2本の梁を凸凹になる形で加工しておいて、それに合わせて組み合わせて叩き込みます。隙間なくきっちりとはめ込まれた2つの部材を外れないように金物やボルトで固定します。 この凸凹形状の加工を仕口加工と呼び、木材の大きさや形状、どんな形で繋ぎ合わされるか、その部材が担う役割の種類によって適切な仕口形状が決められます。仕口加工や部材の長さなどを予め工場で行うのがプレカット加工です。昔は手加工で大工さんがコツコツと行っていたので上棟出来るまでに時間が掛かっていたそうですが、プレカット技術のお陰で随分工期が短縮できるようになりました。今でも小さな増築や古民家再生リノベーション、丸太などのプレカットでは対応出来ない現場もありますので、その時は大工さんがコツコツと加工します。コツコツ加工をキザミと言ったりします。「次の現場キザミが有るよ」と言うと「えーっ?!」と反応されます(笑)経験豊かな大工さんでも手間の掛かる作業です。昔と違って大工さんが使っている工具も進化しているので多少は楽になったようですが、やはりキザミは大変なんですね。最近ではプレカットに頼りすぎてキザミが出来ないというか経験が無い大工さんも居ると聞きますが、木ままでお世話になっている大工さん達は皆さんキザミもする頼りになる大工さん達です。 話がそれてしまいました。上棟の続きに戻ります。 小麦の家 上棟 2階 2階の床を支える梁を組んだらその上に2階の柱を建てて小屋組みをします。屋根の形が何となく見えてきました。 小麦の家 上棟 岡山市高屋 登り梁と母屋を組み上げています。屋根っぽくなってきました。 小麦の家 上棟 屋根 母屋が組めたらその上に透湿防水シートを貼ります。屋根の吹付断熱材が上に吹き上げないようにするための止め材です。必要な事とはいえシートを張ると足元の木が見えにくくなるのでとても危険です。大工さん気を付けて下さいね。ちなみに私はシートを貼った上には絶対に上がりません。すみません。 小麦の家 屋根 上棟 透湿防水シートの上に屋根垂木を流しています。屋根垂木の上に合板を取り付けたら屋根の完了です。下に置いてあるはしごみたいな形の物も屋根垂木になります。屋根の妻側の両端の梁からはね出した部分は屋根垂木の取付方向が変わるので不安定になりがちです。なので予めはしご状に組み固定された屋根垂木を母屋上に置くようにして取付ける事でしっかりと留め付ける事が出来ます。このはしご状屋根垂木などは上棟までに大工さんが寸法を計算して作っておきます。大工さんの本格的な登場は上棟からですが、実は上棟前の準備にも結構時間を掛けています。入念な準備があるからこそ上棟がスムーズに進むのですね。 屋根垂木を流したらそれを追っかけるようにして合板を貼っていっています。最近は日が短くなってきましたから暗くなる前に作業を終えようと追い込み掛かりました。 小麦の家 上棟 木まま 屋根垂木は流し終えて屋根合板は残念ながら途中までしか貼れませんでした。夕日になってきたので作業にキリを付けて撤収準備に掛かります。 屋根合板の上に板金を貼って屋根が完成する訳ですが、それまでの間雨が降っても大丈夫なように養生シートを張っていきます。右側の白いシートがそれです。屋根面全てに張ります。下が散らかっていてすみません。日没との闘いなので屋根養生を優先して片付けが後回しになりましたが、最後にはキチンと片付けて終了しましたのでご容赦願います。 進捗としてはほぼ予定通りの所まで進む事が出来ました。屋根が複雑で大きいので屋根合板が残るのは想定内でした。養生をキチンとして明日も引き続き頑張ります。 お施主様にはお昼の手配やら差し入れなど頂き、大変お世話になりました。 これから半年足らずですが宜しくお願い致します。

カテゴリー: お知らせ

2018.10.16

岡山県岡山市中区 2階建木造住宅建築 小麦の家 vol.3

みなさん、こんにちは。株式会社木ままの練尾です。 最近は朝晩すっかり冷え込むようになってきましたね。会社への行き帰りに車のヒーターを入れるようになりました。昼間は暑くて窓全開なのですが。昼間に暑い日は夕方気温が下がると同時に蚊が出現します。10月ですし結構寒いしもう蚊は出ないだろうと思っていたのですが、しぶといです。液体蚊取りの薬剤も残り少ないので、早く蚊が出なくなると良いなと思ってます。   所在地:岡山県岡山市中区高屋 工事内容:2階建木造住宅建築 記載日:2018年10月16日 記載者:株式会社木まま 練尾   さて、今日は岡山市の街中に建築中の小麦の家のご紹介です。 基礎の様子からです。 木まま 岡山市中区高屋 基礎 基礎の鉄筋が組み終わり型枠を建てた状態です。この枠の中にコンクリートを流し入れて基礎を形成します。 岡山市中区高屋 小麦の家 写真が変形ですみません。 基礎の中のパイプは、床下から建物外に配管を通すためのパイプです。大きくL型に曲がった形の塩ビパイプです。この中に更にフレキシブルに曲がるパイプを通して水やお湯を床下に引き込んだり、逆に排水を外に出したりします。パイプの中にパイプを通しているので、経年により中のパイプが傷んだ場合には抜き替える事が可能です。 写真中央の立上りの鉄筋が切れた所は、人通口になります。本来、建物の土台の下には基礎の立上りが必要なのですが、全ての土台下に基礎立ち上がりを作ると床下が立上りで区切られて分断されてしまいます。そうなると人の行き来が出来なくなり、メンテナンスやリフォームの際の床下配管工事などに支障が出るので人や配管が通るだけの隙間を空けます。それが人通口です。立上りの途中に穴を空ける訳ですから補強が必要になってきます。ナナメに入っているのが補強筋になります。写真では角度的に見えにくいですが下側にも補強筋が入っています。補強筋の数や位置は決められていて、瑕疵保険の鉄筋検査の際に一番にチェックされる所です。鉄筋の下にある石ころみたいなのはスペーサーです。鉄筋はコンクリートに守られていないと酸化して錆びてしまうので、所定の厚みでコンクリートが鉄筋に被さるように規定が有ります。鉄筋検査でチェックされる所です。スペーサーは厚み15センチのコンクリートの中に鉄筋が所定の位置に納まるように調整する為のもので、石ころみたいですが割と重要な役目を担っています。ちなみにこのスペーサー、昔は鉄筋を曲げたものが使われていました。でもスペーサーは下に置いたり型枠に当てて使うものなのでコンクリートに包み込まれない位置に有ります。スペーサー自体が鉄製だとそこから錆びてしまいます。という事で現在では樹脂やセメント製のスペーサーが使われるようになりました。   現在は基礎が完了してコンクリートの養生期間に入っています。上棟は来週の予定です。今は大工さんは工場で木組みの下準備中ですが明日からは現場入りして上棟の準備を始めます。     では今日はこの辺で失礼します。 来週からは又少し暑くなるとの予報も有りますね。皆様ご自愛くださいませ。

カテゴリー: お知らせ

2018.10.02

岡山県岡山市中区 2階建木造住宅建築 小麦の家 vol.2

みなさん、こんにちは。株式会社木ままの練尾です。 すっかり過ごしやすくなりましたね。1ヵ月前までの暑さが嘘のようです。現場は四季と共に生きていますが、寒い季節ですとモルタルの施工出来なかったり(木ままの家は外壁がモルタルの場合が多いので工程に影響するのではないかと冷や冷やです)コンクリートの養生期間に温度が一定以上下がるといけないのでシート養生したり、温度補正をかけたコンクリートを手配しなければならなかったり、クッションシートなどの内装材は固くなって張りにくかったり巻き癖が治らなかったりするのでヒーターを用意したり色々と気を使います。暑い時期は暑い時期で、今度はコンクリートが早く固まり過ぎて流動性が悪く打設が難しくなったり、収縮クラックが起き易くなったりするのでコントロールが必要だったり、シリコン系のものが一瞬で硬化しはじめてびっくりしたり、湿度が高いと木材が湿気を含むので結露しない様に梱包に注意したり、職人さん達の熱中症対策など、やはり気を使います。。何が言いたいかと言いますと、やはり春と秋、この時期が一番過ごしやすいですねという事です。台風だけは歓迎出来ませんが。 …又も近づいていますね。皆様十分に備えをされますように。私も現場の備えを頑張ります。   所在地:岡山県岡山市中区高屋 工事内容:2階建木造住宅建築 記載日:2018年10月2日 記載者:株式会社木まま 練尾   さて、今日は岡山市の街中に建築中の小麦の家のご紹介です。 街中と言っても少し外れているので静かな所です。市内へのアクセスも良い便利な場所です。 去る8月某日に地鎮祭が執り行われました。お盆を過ぎた頃でまだ暑い時期でしたが、午前中の早い時間だったのでそれ程の暑さでは有りませんでした。 小麦の家 木まま 地鎮祭 神主様が敷地の4方を清めて下さっています。 小麦の家 木まま 岡山市中区 地盤改良が終わって土を出している所です。地盤改良は柱状改良でした。 小麦の家 木まま 基礎工事に入って鉄筋を組んできます。ほとんど終わってこれから外周の枠組みに取り掛かる所です。 木まま 小麦の家 これは基礎の枠に使われる鋼製型枠です。 鉄筋コンクリートの建物の場合は、合板型枠と呼ばれる合板に塗装などを施した型枠が使われる事が多いですが、住宅の基礎の場合は鋼製の枠を使用するのが今では一般的になっています。昔は住宅基礎でも合板型枠を型枠大工さんが寸法通りに切って組み立てて枠を作っていましたが今は鋼製型枠の方が多くなっていると思います。 鋼製型枠はある程度大きさの決まった形を作るのに適しています。住宅の基礎の様に立上りの高さが低く、モジュール設計である程度寸法が一定キザミである事を考えると、住宅の基礎とは相性の良い枠だと言えると思います。 いくつかの規定サイズのパネルと長さを調整できるスライド式のパネルが有り、それを組み合わせて型枠を作ります。合板だとなかなか難しい角の納まりも、写真の右の方に有るL型の枠とパネルを組み合わせる事で簡単に組む事ができますし、角からのコンクリート漏れリスクも軽減出来ます。逆に、その都度寸法や形が変わるコンクリート物を作るとすると合板型枠が適しています。というか鋼板型枠では無理です。施工の自由度という意味では鋼板型枠は合板には及びません(職人さんの中には規格外のパネルを特注して枠組みをする強者もいるようですが)。鋼板型枠は実は割と高価なのですが洗って繰り返し使えるので結果的にはコストパフォーマンスが高いです。合板型枠は1回使ってバラした後はほとんどの場合再利用は出来ませんが、型枠自体は安価です。 それぞれの目的に合った型枠を使っているという事で、木ままの住宅は鋼製型枠で作っています。 今日はこの辺で失礼します。

カテゴリー: お知らせ

2018.08.30

岡山県岡山市中区 注文住宅 小麦の家 vol.1

みなさん、こんにちは。株式会社木ままの竹田です。

今朝、木ままの芝生にキノコが5本ほど生えてました!

木まま キノコ

昨日は影も形もなかったのに、朝になって突如出現したキノコ達。

すさまじい生命力ですよね。

日々成長。にょきにょき。

 

所在地:岡山県岡山市中区

工事内容:注文住宅建築

記載日:2018年8月30日

記載者:株式会社木まま 竹田

 

岡山市中区の小麦の家。

中庭を囲むコの字プランの2階建て。

設計はほぼ完了して、あとは色を決めて着工を待つばかり。

 

今日は、外壁の色を確認していただくためのCGを作成中です。

今まで、いろいろなお宅を見ていただいてなんとなくイメージはあるんだけど、

自分たちの家にあてはめてみるとどんな感じになるんだろうか?

迷われている色合いで何パターンかCGを作成して、どの色にされるかご確認いただきます。

やはり、家の形状や、日の当たり方によって同じ色の家でもずいぶんとイメージが変わります。

 木まま 小麦の家 外観

家づくりのプロとして、ご提案をさせていただいている私たちですら迷ってしまう家づくりのあれこれ。

お客様が迷われるのも、無理はありません。

CGでしっかりご確認いただき、自分たちの色を決定してください。

カテゴリー: お知らせ