進行中の家

海辺に建つ家in玉野

写真:海辺に建つ家in玉野

ブログ記事

2018.10.23

岡山県玉野市 2階建木造住宅建築 海辺に建つ家 vol.7

みなさん、こんにちは。株式会社木ままの練尾です。 今日は雨でした。お天気関係でちょっと悲しい事が有ったのですが、言うと更に落ち込みそうなので言わないでおきます。ただ今日が雨でとても残念でした。明日は良いお天気になると良いと思います。 そういえば、先日真夜中に自宅アパートで火災報知器が鳴ってびっくりしました。結果的には誤報だったのですが、とりあえず避難しなきゃと慌てました。同じアパートの方達も当然一緒に避難したのですが、良く見ると皆さん色々ちゃんと持ち出しされていて驚きました。深夜にも関わらすお子さんの制服やおそらく貴重品や着替えなどを入れた大きなバッグなどを持たれていて、普段から備えておられるのだなと感心しました。私といえばパジャマ替わりのジャージに上着を引っかけて持ち出したものは財布とスマホだけ。おまけに寝ぼけていたのか足元は普段現場で履いている安全靴でした。皆さんを見習って私もちゃんと備えておかなきゃなと反省した次第です。頑張ります。   所在地:岡山県玉野市 工事内容:2階建木造住宅建築 記載日:2018年10月23日 記載者:株式会社木まま 練尾   さて、今日は海辺に建つ家をご紹介します。 中は大工事が終わって内装仕上げに掛かっています。 海辺に建つ家 内装 クロスの下地処理の状況です。石こうボードの継ぎ目やビス頭を丁寧にパテで埋めて固まったら表面を削り、またパテを盛って削る…の繰り返しです。写真にも写ってますが曲線部分の納めは特にパテ処理が難しいのですが、手間を惜しまず何度も繰り返して処理してくれています。 海辺に建つ家 キッチン ダイニングではクロスの下地処理の合間を縫ってキッチンを取り付けています。こちらは既製品のキッチンですので、いくつかに分割されたパーツを現場で組んでいきます。造作キッチンと違って形が有る程度出来上がっている物を組むので簡単だと思われるかもしれませんが、実は位置決めがとても難しいのです。図面の段階で決められた位置を基準として給水排水や電気の配線を先に仕込んでいるので、図面通りに組めば問題ない筈なのですが、やはり現場は人間の手による仕事ですのでミリ単位程度のズレはどうしても起こり得ますし、構造躯体や仕上げ材との兼ね合いで生じるズレも有ります。その微調整をしつつズレを解消して組み上げる事が出来るように何度も計測して慎重に位置決めを行ってくれました。全然位置決めをしている様子が分かる写真で無くてすみません。でも組み上げ位置を確定させるまでに1時間以上掛かるのです。それ程慎重に作業を進めてます。 海辺に建つ家 クロス こちらはクロスが仕上がった部屋です。木ままのおうちはどれも住まわれる方のこだわりが詰まったおうちですが、海辺に建つ家は内外装全般のルックスに特にこだわって作られています。クロスも種類や模様、質感、色、インテリアの色合いとの相性にも気を使ってこだわりの空間を作り上げられました。クロス工事はもうしばらく続きますが、お施主様こだわりの空間、完成が楽しみです。   では今日はこの辺で失礼します。 朝晩寒くなってきましたので、お風邪など召されませんようご自愛下さいませね。

カテゴリー: お知らせ

2018.10.09

岡山県玉野市 2階建木造住宅建築 海辺に建つ家 vol.6

みなさん、こんにちは。株式会社木ままの練尾です。 ちょっと前は涼しくなってきたと思っていたのですが、ここ数日は昼間は妙に蒸し暑いですね。 先日見学会をさせて頂きました邑久町のいろどりの家。無事にお引渡しを終えました。住まわれてからも特に最初の内は色々とあると思います。棚の段数を増やしたいとか素敵なインテリアを見付けたけど取付方法が良く分からないなども。共にお家づくりをさせて頂いたご縁をずっと繋いで、年次点検の実施によるメンテナンスは勿論、快適なお住まいづくりのお手伝いをさせて頂ければ嬉しいと思っています。 お引渡しの直前に撮ってもらった写真を載せます。 いろどりの家 造作キッチン 夜の照明の中の写真は載せたことがなかったと思います。こだわりのキッチンとキッチン背面収納が良い感じになりました。   さて、今日の現場報告は少しお久しぶりの海辺に建つ家です。 工事中何度も台風に見舞われながらも、進んでおります。   所在地:岡山県玉野市 工事内容:2階建木造住宅建築 記載日:2018年10月9日 記載者:株式会社木まま 練尾   先ずは中の様子を少し。天井はヒノキ板張りです。 海辺に建つ家 ヒノキ天井 外部の状況です。 玉野市田井 海辺に建つ家 台風養生で足場のネットをたたんでいますので外観が良く分かります。外壁はノンクラック工法モルタル塗りの上にリシン吹付仕上なのですが、そのモルタル塗りの前に防水シート(フェルトなどど呼ぶことも有ります)を貼った所です。木ままでは外壁通気工法を採用していますので、通気胴縁の下にも防水シートが張ってあります。過去に何度が写真を載せたことが有りますが、白いシートで透湿防水シートと言い、内部から施工する吹付断熱材が外に漏れないようにする役目も兼ねている防水シートです。こっちの黒いシートはモルタルの裏側に当たる部分に張るシートで、万一外壁のモルタルから雨水などが浸み込んだ場合に備えての防水の役割をします。ですので外壁は大まかに「透湿防水シート-通気胴縁」で通気層をつくり、ラス地(モルタル用木下地)を組んだ上に「防水シート(フェルト)-ラスモルタル(ノンクラック)」と3層になっています。空気の通り道である通気層に面した梁柱などの構造躯体やラス地は腐食しにくい状態が保たれますし、表層のモルタルからの万一の浸水もモルタル裏の防水シートが食い止める事で同じく木部を守ります。外壁モルタル塗りでの通気工法は色々な商品や工法が有りますが、比較的スタンダードなものだと思います。昔ながらのやり方と言っても良い位ですが、木造の最敵は水ですので、木ままでは実績が有り確実性の高いこのやり方を標準としています。 海辺に建つ家 外壁モルタル モルタルを塗りが仕上がって次の工程の塗装の前に塗料が余計なところに付かないように養生をしている最中です。全体の写真が無くてすみません。台風じゃないときは飛散防止の為、足場にネットを張っているので写真を撮るタイミングが難しいのです。 海辺に建つ家 外壁リシン吹付 外壁のリシン吹付が完了しました。白系の外壁ですので破風のヒノキ板が引き立って見えます。1階の玄関回りは杉焼き板の予定ですので、こちらも白壁に映えると思いますので楽しみです。   では今日はこの辺で失礼します。 朝晩寒くなってきましたので、お風邪など召されませんようご自愛下さいませね。

カテゴリー: お知らせ

2018.09.04

岡山県玉野市 2階建木造住宅建築 海辺に建つ家 vol.5

みなさん、こんにちは。株式会社木ままの練尾です。 今日は台風ですね。駆け足の台風で短い間でしたが暴風雨がすごかったです。皆様ご無事でしたでしょうか? 今は雨も上がって風も穏やかになっています。今日は早く帰って自宅のベランダを掃除しようと思います。飛ぶようなものは片付けて来ましたが、うちのベランダは東向きなのできっと色々なものが飛んできて散乱している気がしますので。時々どこからこんなものが?と疑問に思う物が飛んで来ている事も有りますが今日はどうでしょうか。   所在地:岡山県玉野市 工事内容:2階建木造住宅建築 記載日:2018年9月4日 記載者:株式会社木まま 練尾   さて、今週は玉野市に建築中の「海辺に建つ家」のご紹介です。 断熱材の吹付も完了して大工さんは本格的に内部の仕事に掛かっています。 海辺に建つ家 玉野市 外回りを少し。長い庇が付いています。外観のアクセントですが、支える柱などが無い状態で木ままらしく薄い庇が東から北面へぐるりと長く取り付くので施工方法を考えるのが結構大変でした。考えるのは好きなのですが、実際に現場に行くと想像以上に海風を受ける場所なので強度と外壁通気を保ちながらの施工案は割と難産だったので、うまく取付出来てほっとしています。 天井 木まま 室内の様子です。 断熱材が終わりましたので天井下地を組み始めています。この部屋は天井から吊るす物が有るのでガッツリ補強を入れています。 玉野市 木まま こちらは2階のユニットバスの真下になる部屋の天井です。ユニットバスを置くための金属の架台が天井裏というか2階の床下に設置されています。左の端の方にあるのは2階からの設備の配管です。青と赤の細い配管が給水給湯配管、白くて細いのが循環(追い炊き)用、黒い太目の管は排水です。2階からの排水は流水音を軽減する為に防音材で巻かれていますので黒く見えます。ちなみにこの防音材、おとなし君と呼ばれています。この名前は某メーカーの配管防音材の商品名なのですが、他にも各メーカーで同様の商品にそれぞれ商品名が付いているにも関わらず何となく配管防音材の事を全般におとなしくんと呼んでいて、それで大体意味が通じます。割とインパクトが有る名前ですよね。おとなしくん。 名前といえば、他にも避難ハッチのタスカールとか物干し金物のホスクリーンとか階段などのすべり止めのスベラーズとか、建築資材には時々インパクト大というか聞いただけで何を目的とする物かわかる面白い商品名が有りますね。ほんとに誰が考えているんだろう。商品開発の人が名前も考えているのでしょうか。 脱線しましたので戻ります。 海辺に建つ家 木まま 和室です。ここの和室は他の部屋の床レベルより30センチ程度高い位置に有りますので床との隙間を収納に利用する予定です。   今日はこの辺りで失礼します。ベランダを掃除しなくてはいけませんので。 台風一過で少し過ごしやすくなると良いのですが。 皆さまも夏のお疲れを出されませんようにご自愛下さいませね。  

カテゴリー: お知らせ

2018.08.07

岡山県玉野市 2階建木造住宅建築 海辺に建つ家 vol.4

みなさん、こんにちは。株式会社木ままの練尾です。
今日も暑いですね。毎日本当に暑いのですが、現在建築中の「海辺に建つ家」では少し風が涼しいような気がします。海風が心地よく朝はむしろ清々しい感じです。昼間は流石に太陽に負けてしますが。
こう暑いと冷たいものが美味しいですよね。最近では事務所でもアイスじゃんけんが定番です。負けた人がアイスを買いに行くという古典的且つしょうもない賭けですが、みんな割と本気で挑んでいます。今日も木ままは元気です。

 

所在地:岡山県玉野市

工事内容:2階建木造住宅建築

記載日:2018年8月1日

記載者:株式会社木まま 練尾

 


 さて、今週は玉野市に建築中の「海辺に建つ家」のご紹介です。
屋根仕舞はほぼ終了し、サッシを付けて外部を整えている所です。今週は断熱材の吹付をしましたので、そこまでの工程をご紹介させて頂きます。

海辺に建つ家 玉野市 木まま

内部の様子です。サッシ窓が付いて、筋交いや金物の取付も完了しています。ど真ん中の大きなバッテンが筋交いです。これはダブルの筋交いでバッテンですが、片方だけで斜め1本の筋交いも有ります。全体の壁量とバランスを計算して筋交いは配置されています。筋交いを留める金物も壁倍率によって決まっているので違う金物を取り付けると金物検査をクリア出来ません。今回も無事金物検査をクリアして次の工程に進む事が出来ました。

木製額縁 サッシ 木まま

外部の様子です。透湿防水シートを張り通気胴縁を取り付け、サッシを付けたらその廻りに木製の額縁を付けます。外壁はモルタルを塗りますので、その下地となるラス地を張っています。
大工さんが外で外壁の下地仕事をしている間、水道屋さんは給排水の配管を、と電気屋さんは引き込み口から内部への配線を行っています。木ままではおなじみの断熱材吹付に備えての設備の仕込みです。

木まま 断熱材吹付

断熱材吹付です。一日で2階部分の吹付が完了しました。こちらは2階建てですので2日掛かります。
上から突き出ている棒は天井を吊るための吊り木です。断熱材が吹き付けられると構造躯体が隠れてしまい天井を吊りにくくなってしまう為、予め仕込みをしています。今後、この吊り木に天井の下地となる垂木を留め付けて天井を形成していきます。
左端にチラリと映り込んでいる職人さんは、吹付時に飛散して柱などに付いてしまった断熱材を清掃してくれています。ビニールで養生して飛散しないようにして吹付ますが、どうしても養生の隙間から多少の漏れは有りますので吹付後清掃しているのです。
そういえば、皆さま断熱材の吹付に興味がおありの様で、見学をご希望される方が多いです。ですが私は毎回出来るだけご遠慮頂くようにお願いしています。理由として、中は養生してビニールハウスのような状態になっているのでそもそも中をご覧いただく事自体が出来にくい点、上にも書きましたが養生してもどうしても材料の飛散が有りますので、細かい粒子が体についたり吸いこんだりするのが心配な点が有ります。作業員は宇宙服のような防護服とマスク・ゴーグルをして作業していますので大丈夫なのですが。
そんな訳でいつもお施主様をがっかりさせてしまうのですが、本当に申し訳ありません。

玉野市 海辺に建つ家 木まま

今回は2階が1階より跳ねだした部分が有りますので、そこも断熱材を吹き付けます。外から見たら軒裏に当たる所ですが、内から見ると2階の床面に当たりますので断熱が必要です。
養生が終わった所です。ビニールハウスみたいになっています。このビニールハウスの中に入って上面の木が見えている部分(つまり2階の床下に当たる部分ですが)に吹付作業を行います。作業員は、それで無くても暑い上に防護服も来ているので相当暑いと思います。本当にご苦労様です。

今日はこの辺りで終了です。
ここまで来て肝心の断熱材を吹き付け中の写真が無くてすみません。


皆さま、熱中症にはお気を付け下さいませ。

カテゴリー: お知らせ

2018.07.24

岡山県玉野市 2階建木造住宅建築 海辺に建つ家 vol.3

 

みなさん、こんにちは。株式会社木ままの練尾です。
今日は本当に本当に暑いですね。
私は暑さには強い方なので今までは真夏でもめったにエアコンを掛けて寝る事は無かったのですが、今年は流石にエアコン無しでは寝られません。タイマー設定して寝てもエアコンが消えると暑くて目が覚めてしまうという悪循環で睡眠不足となりそうで遂にエアコンを掛けたまま就寝するようになりました。慣れ無い事をしているせいか何だか体がだるいです。というか若干風邪気味の気がします。夏風邪は何とかがひくを実践している訳ですが(笑)反省しつつも元気に施工状況のご報告をさせて頂きます。

 

所在地:岡山県玉野市

工事内容:2階建木造住宅建築

記載日:2018年7月24日

記載者:株式会社木まま 練尾

 


 さて、先週に引き続き玉野市に建築中の「海辺に建つ家」のご紹介です。
上棟を終えて骨組みが出来たら次は屋根を掛けて濡れないようにとの事で順番としては上棟~屋根仕舞~外部仕舞が順当です。
そして今は屋根仕舞の真っ最中です。
海辺に建つ家では太陽光発電のソーラーパネルを屋根に乗せています。このソーラーパネルは屋根材と一体型になっているタイプですので正確には屋根に乗せているのではなく、屋根材がソーラーパネルですね。
屋根の上って太陽に近い分ちょっと地面より暑い気がするのですが、ソーラーの施工指導員をはじめ屋根・板金のそれぞれの職人が作業を頑張ってくれてます。

海辺に建つ家 ソーラー

下準備として、下葺きのゴムアスルーフィングを張った屋根にパネルジョイントの下地になる部材を取り付けてあります。万一ソーラーパネルのジョイント部から雨水が侵入した場合でもこの下地材が水を受け止めて樋まで流すことで屋根からの雨漏りを防ぎます。大事な部材です。
ちなみに下葺きのゴムアスルーフィングもいつものとはちょっと違って片面が粘着になっているタイプを使います。野地板に接着されるので隙間や浮きが無く施工出来ますしタッカー留めで表面を傷付ける心配も有りません。ソーラーパネルはその構造上、どうしても通常の板金屋根と比べて雨漏りのリスクは多少上がりますので、このように下葺きやパネル下地の部材で備えをします。
準備が整った所で、各部材とパネル本体を吊り上げています。

木まま ソーラー

吊り上げた部材をそれぞれ必要な場所に配置していきます。中央にタテに取り付けているコ型の部材はソーラーパネルの端部に位置する水受けです。先ほどのジョイント部の下地材と同じ様な役目を負います。ここから端はソーラーパネルでは無く通常の屋根材を葺きます。パネルは規格品で寸法が決まっていますので割付し切れない所は屋根材で補いますが、そういう継ぎ目の部分は水漏れのリスクのある部分ですので厳重に備えをします。
後は割付スミに従ってパネルを水下から順々に取り付けていきます。

木まま カナメソーラー

ソーラーパネルの取付完了しました。
これからパネルの周囲や板金屋根を葺く部分、各所取り合いの仕舞いをして屋根が完成します。引き続き明日からもまた職人さん達が頑張ってくれる予定です。


今日はこの辺で失礼します。
皆さま、熱中症にはお気を付け下さいませ。

カテゴリー: お知らせ

2018.07.17

岡山県玉野市 2階建木造住宅建築 海辺に建つ家 vol.2

みなさん、こんにちは。株式会社木ままの練尾です。
最近は本当に暑いですね。
先日、事務所のエアコンフィルターを掃除しました。事務所では冬場は薪ストーブなのでエアコンを使用するのは夏だけです。使用期間も短いのでそんなに汚れていないかと思いきや、フィルターにしっかり埃が溜まっていました。きれいに掃除して心なしかエアコンの効きが良くなった気がして気分が良かったので、家に帰ってから自宅のエアコンのフィルターも掃除してみました。やはりエアコンの効きが良くなった気がしました。気のせいかも知れませんが、掃除してきれいになったと思ったらやはり気分は良かったです。
熱風と湿気に負けそうですが、今日も頑張って現場進捗をご紹介させて頂きます。

 

所在地:岡山県玉野市

工事内容:2階建木造住宅建築

記載日:2018年7月17日

記載者:株式会社木まま 練尾

 
 さて、今日は玉野市に建築中の「海辺に建つ家」のご紹介です。
木ままでは少し珍しい2階建ての家が玉野市の海を眺める土地に上棟しました。お天気に恵まれ大変良い上棟日和でした。
先ずは上棟前の準備段階の様子です。

木まま 2階建て

前日までに土台を敷いて床断熱材を仕込み、合板を伏せます。昔は土台と大引の上に根太と呼ばれる桟木を並べてその上に12mm位の合板を貼るのが一般的でした。最近では「剛床」として土台と大引に直接24mmの構造用合板を留め付ける工法が多いです。厚い合板を構造躯体に直接、決められた種類と長さの釘で留め付ける事でその名の通り水平変形に対して強い床となります。

 

いよいよ上棟当日です。お施主様に最初の柱を建てて頂き建ち始めとなりました。

海辺に建つ家 上棟

木まま 2階建て 上棟

1階の柱を建てていきます。

玉野市 上棟

2階の床を支える梁を掛けていきます。ぴょんと飛び出ている長い柱は通し柱です。出角などに設置される柱で1階分と2階分が繋がっている柱なので長いのです。大切な柱ですが実は作業する上では結構邪魔です(笑)長いので建てるのもレッカーで吊りつつ上下で支えなければ倒れてしまいますし、建ったら建ったで上に飛び出しているのでレッカーで他の部材を吊り下ろすのに邪魔になりがちです。でも流石に慣れてるレッカーさんはうまく通し柱を避けて材を吊り下ろし、大工さんは組上げくれました。
ちなみに通し柱以外の一般部は1階柱の上に2階床梁を掛けてその上に2階の柱を建てます。この1階層分の長さの柱は管柱と呼びます。

木まま 上棟 玉野市

2階床梁の上に2階の管柱を建て、屋根の形になる小屋組みを組んでいます。更に母屋を載せ吹付断熱材のストッパーとなる透湿防水シートを敷き込み屋根垂木を掛けるまでが今日の作業予定です。

2階建て木造住宅 上棟

本日の作業予定が終了しました。

最後にお札を祭って2礼2拍手です。…の後、弊社社長の新谷よりご挨拶させて頂いています。

玉野市 上棟式

お疲れ様でした。
気温が37度近くまで上がっていたと後で聞いてびっくり。ですが皆体調を崩す事も無く元気に予定通りに作業進行出来て良かったです。
お施主様にはお昼や休憩時のご準備を頂き有難うございました。本当に暑くて大変だったと思いますが何度も現場に足をお運び頂き感謝に堪えません。
これから半年程度ですが、宜しくお願い致します。

カテゴリー: お知らせ

2018.07.03

岡山県玉野市 2階建木造住宅建築 海辺に建つ家 vol.1

みなさん、こんにちは。株式会社木ままの練尾です。
台風が近づいているせいか風が強いです。そして今日も雨ですね。今週中はお天気予報が芳しくなくちょっと寂しい気持ちになってます。
日本中で盛り上がっているだろうワールドカップサッカーですが、例にもれず木ままスタッフも皆寝不足のようです。私はとりあえず録画はしているのですがまだ見えていません。スポーツの試合は結果がわかってから録画見るのも何だかなーと思いますが、「日本はよく頑張った!最後本当に惜しかった!!」と桝江が叫び、「途中までは勝てると思ってたのにー」と川上が嘆き、「ロスタイムが…」と竹田が呟く程、盛り上がった試合だったみたいなので楽しみに見ようと思います。

 

所在地:岡山県玉野市

工事内容:2階建木造住宅建築

記載日:2018年7月3日

記載者:株式会社木まま 練尾

 
 さて、今日は玉野市に建築中の「海辺に建つ家」のご紹介です。
木ままでは少し珍しい2階建ての家です。6月に地盤改良から始まり7月中頃の上棟予定に向けて着々と進行中です。

玉野市田井 2階建て 木造

先ずは地盤改良の様子です。柱状改良です。

2階建て住宅 地盤改良

地盤改良工事が終了しました。

木まま 木造住宅 基礎

基礎工事の様子です。鉄筋組中です。

木まま 木造住宅 基礎

立上りの型枠を組んでます。

木まま 木造住宅 基礎

基礎完成しました。
現在は基礎コンクリートの養生期間です。その間は外周の配管や地均しなどを進めています。プレカット工場では構造部材のプレカット加工を、大工さんは加工場で羽柄材などの先行加工をそれぞれ進行中です。上棟まであと少し。お天気に恵まれた良い上棟日和となるよう祈りつつ頑張ります。

 

 

 

カテゴリー: お知らせ