進行中の家

和らぐ家 in岡山市北区川入

写真:和らぐ家 in岡山市北区川入

ブログ記事

2019.03.19

岡山県岡山市北区川入 和らぐ家vol.2

みなさんこんにちは。木ままの練尾です。 今日も雨ですね。最近雨が多いですね。春に近づいているのでしょうか。風も強いです。春一番でしょうか。昼間は暑い程の体感になってきましたが朝晩は寒いです。木ままの薪ストーブの薪がなくなりそうです。時期的には無くなっても良い頃ですのでもう終わりで良いかなとも思うのですが、やっぱり朝は寒く出勤したら一番にストーブに火を入れたくなります。なのでどこかで薪を調達しないといけませんね。幸い木ままでは薪にする材には事欠きませんので、もうしばらくストーブのお世話になる事にします。   所在地:岡山県岡山市北区川入 工事内容:2階建木造住宅建築 記載日:2019年3月19日 記載者:株式会社木まま 練尾   本日は岡山市北区川入で進行中の和らぐ家のご紹介です。 前日まで雨が降ったりやんだりの不安定な天気で心配しましたが、先週の良い日に無事に上棟を終えています。 和らぐ家 上棟 2階床梁が掛かりました。2階も剛床ですので梁に構造用合板の受材が掛かっていて碁盤目状になっています。 和らぐ家 上棟 続いて2階の剛床である構造用合板を貼ります。これを先に貼っておけば足場がしっかりしますので転落や事故のリスクが下がります。勿論その為だけに貼る訳では無いのですが、最近の流れでこのやり方が主流になってから事故が減ったように感じます。安全第一ですよね。その後2階の柱を建てて屋根の形を作っていきます。写真がネットごしですみません。 和らぐ家 上棟 屋根の形が出来てきました。屋根垂木を取り付けています。 和らぐ家 上棟 2階の屋根は大分形が見えてきました。軒先に取り付けてあるのは平小舞という板です。和らぐ家は和風の趣の家です。軒裏にケイカル板などを貼らずに屋根垂木も野地板も下から見える仕様ですので、平小舞も化粧材で杉板を使用しました。最近では余り見かけなくなりましたが、瓦屋根では昔からのスタンダードな施工手法です。和らぐ家は瓦ではなく板金屋根なのですが手法としては同じです。手前は下屋根です。これから屋根垂木を取付ます。垂木が付く所にプレカットで欠き込みを入れています。大工さんが屋根の上でいちいち計って印を付けていくのは手間ですので、予め出来る事はプレカットでしておきます。 和らぐ家 上棟 屋根の上です。一番軒先の板は先ほどの平小舞です。そこから水上に向かって4枚杉の化粧板が張られました。軒裏から見た側が主役なので裏向きに貼っていきます。更に水上側は構造用合板です。ここは外壁より内側で建物内部の2階の天井裏になる所です。隠れる所ですので化粧板は張りません。構造用合板を指定の釘で留め付ける事で水平剛性が期待できます。 和らぐ家 化粧野地 先程の写真の所を下から見上げてみました。軒裏です。垂木の壁際に薄っすら線が入っているように見えますがこれは面戸を入れる為の溝です。プレカットでは無く大工さんが上棟の前日に手加工で溝を掘りました。この溝に沿って垂木と同じ高さの板をはめ込みます。面戸といいます。今のままだと垂木と垂木の間に隙間が有るので雀さんやツバメさん達が屋根裏に入り放題になってしまうので蓋をする訳です。屋根の上はこれからまだ防水用のシートを貼って板金屋根を葺いてと仕事が続きますが軒裏はこれでほぼ完成ですね。   では今日はこの辺で失礼致します。 寒暖の差が激しい折です。ご自愛くださいませ。

カテゴリー: お知らせ

2019.03.05

岡山県岡山市北区川入 和らぐ家vol.1

みなさんこんにちは。木ままの練尾です。 今日は雨ですね。ひと雨ごとに暖かくなる季節なのでしょうか。朝夕以外は暖かくなりましたね。花粉も飛んでいるらしいです。私には分らないのですが。暖かくなるのは歓迎なのですが雨は頂けません。特に今は基礎工事が続いているので雨が多いと予定がズレてきて焦ります。ある程度は雨が降る事を想定しての工程なので今の所はどこも支障は出ていないのですが、今週来週と雨予報が続いているのでちょっと心配です。まあでも私は晴れ女なので大丈夫と思います。   所在地:岡山県岡山市北区川入 工事内容:2階建木造住宅建築 記載日:2019年3月5日 記載者:株式会社木まま 練尾   本日は岡山市北区川入で進行中の和らぐ家のご紹介です。かなり和風のおうちでいつもとちょっと趣が違いますので完成が楽しみですね。 とはいえ基礎の段階ではいつもと同じ感じです。 岡山市 和らぐ家 地盤改良 柱状改良が終わった所です。最近の私の現場には珍しく平坦な造成地での施工ですのでとても綺麗に改良跡が見えています。 和らぐ家 基礎 砂利地業、捨てコンと続いて鉄筋を組んだ状態です。前日雨に降られたのでちょっとまだ濡れていますね。地面からの湿気を防ぐ為にビニールシートを鉄筋の下に敷いています。防湿フィルムと呼ばれているシートで、厚みは0.1mm以上で指定されているものを使用します。鉄筋の下にある石ころみたいなのは、サイコロと呼んでいますが、鉄筋が地面に直接べたっと付かないように支えるスペーサー的な役割をしています。 和らぐ家 基礎 その後外枠を組んで土間部分のコンクリートを打設した次の日の状況です。この日も雨でした。中に水が溜まっていますが打設後1日以上経ってからですので問題有りません。後に続く作業はやりにくいですが。 岡山市北区 和らぐ家 木まま コンクリートを打ったついでにサイコロを作っています。サイコロで大体通じますが正式名称は知りません。スペーサーの事です。砂利地業と捨てコンの上に鉄筋を組みますが、最初は鉄筋を直接地面に置いて組み始めます。地面というか砂利の面に乗っかった状態で有る程度組み上げてから、鉄筋をえいやっと持ち上げてサイコロを下に挟み込みます。これで鉄筋を浮かせる事が出来ますのでコンクリートを打設した時に鉄筋の下側にもコンクリートがちゃんと入り込みます。鉄筋は錆びやすい為アルカリの性質を持つコンクリートで完全に覆う必要が有ります。鉄筋を覆うコンクリートの厚みはかぶり厚と言いますが、寸法が決められています。特に基礎の底盤部分は地面からの湿気もあるのでかぶり厚が最小60mm必要との規定があります。この規定の厚みは基礎の部位によって違いますが、住宅のべた基礎としては一番厚く寸法が決められている部位です。その大事なコンクリートのかぶり厚を確保する役目を担っているのがサイコロです。で、手作りです。コンクリートは必要な分を計算して注文しますが、ぴったりという訳にはなかなかいきません。足りなかったら大事になるので多少は余分を見込んで注文しますので。その余った分を有効活用という事で現場でサイコロを作っています。製氷機で氷を作るのと同じ要領で型にコンクリートを流し込んで固まったら外して出来上がりです。基礎の底盤のかぶり厚は最小60mmと書きましたが設計では70mmを謳っています。基礎の底盤部分のコンクリートの全体の厚みは150mmですが、その中に鉄筋が縦横と交互に重なって組まれてますし立上りの鉄筋が入り込んだり補強筋などの鉄筋が重なる所も有ります。なので設計寸法70mm最小で60mm以上というように規定寸法に多少の幅が有るのです。当然鉄筋の上側に被るコンクリートの厚みも必要ですので、ざっくり言えば大体150mmの厚みのコンクリートの真ん中へんに鉄筋がくれば一番良いわけですね。なのでピンコロは60mmと70mmの両方に対応できる形に作られる事が多いです。タテ使いヨコ使いで60mm70mmに出来たり、1面に段差をつけて低い所高い所でそれぞれ60mm70mmとしたり。最近は割りと樹脂製のスペーサーを使っている場合が多いように思いますが、久しぶりに現場でサイコロ作っている所を見た気がしたのでご紹介させて頂きました。 和らぐ家 基礎 立上りになる部分の型枠を組んでコンクリート打設前です。ちなみに中にたまった水は綺麗に掃いて掃除しました。作業しにくいですし。ポンプ車を設置して生コンの到着を待ちながら最後に型枠の中を掃除したり枠がかっちり止まっているか確認しています。 肝心の打設風景が無くてすみません。バタバタしていてうっかりブログ用の写真を撮り忘れてしまったのですが、打設を終えて立上り天端にレベラーと呼ばれる表面を平らに形成しレベルを合わせる為の材料を流し込んで基礎本体の施工は完了しています。まだ玄関やテラスなどコンクリートで嵩上げする所もありますし型枠を外した後には埋め戻しなどの作業も残っていますが、目途はついた感じですね。雨の合間を上手く縫って予定よりは少し遅れましたが、工程に影響が出ない範囲に留める事が出来て良かったです。   では今日はこの辺で失礼致します。

カテゴリー: お知らせ