進行中の家

だんだんの家in岡山市中区平井

写真:だんだんの家in岡山市中区平井

ブログ記事

2019.03.26

岡山市中区平井 平屋住宅 だんだんの家 vol.4

みなさん、こんにちは。木ままの練尾です。 暖かくなってきましたね。先週位までは、暖かい風がむしろ気持ち悪い位の陽気だったり次の日には冷たい雨が降ったりで良く分からない天気に翻弄されていましたが、やっと暖かくなってきましたねと言える陽気になってきた気がします。最近の空模様には本当に悩まされました。先週先々週と続けて上棟の予定があったので本当にヤキモキさせられましたが、見事に上棟当日は晴れてくれまして、さすが晴れ女と自画自賛したりしていたこの頃でした。本当に良かったです。   所在地:岡山県岡山市中区平井 工事内容:平屋住宅建築 記載日:2019年3月26日 記載者:株式会社木まま 練尾   さて、今日は岡山市平井で進行中のだんだんの家の上棟の様子をご紹介致します。 だんだんの家 木まま 上棟 上棟3日前の土台敷の様子です。上棟予定日の遅くても3日位前には土台を敷いて床下の断熱材を入れて1階の床合板を貼っておきます。上棟当日の手間を省く意味も有りますが、基礎内に雨水が入りにくくするにも有効ですし、足元が平らになる事で安全性も向上し材料を置くスペースも確保できます。上棟当日は材料を吊り上げる為にクレーン車が入るので敷地内が手狭になりますので。それでも置ききれない場合は、始めに組む材料のみ現場に入れておいて、残りの材料は上棟当日に有る程度材料が組みあがったタイミングで材木屋さんに運んでもらう段取りで行います。上棟は棟梁をはじめとする大工さんが主力となって進めるものではありますが、上棟予定に合わせて木材の加工をしてくれるプレカット屋さんや前日に必ず足場を組み上げてくれる足場屋さん、材料を吊るレッカーオペレーターさん、タイミングを計りながら材料の追加搬入する材木屋さん、最後に屋根の防水シートを貼りに来る板金屋さんなど様々な人が上棟当日の天気模様や進行状況を気に掛けてくれています。お施主様にも当日はお弁当の準備などお気遣いを頂いており、それも含めて本当に様々な人の協力で棟上げは成り立っているんだなと思います。 話が逸れましたが、土台と合板を貼ったら雨に濡れないように養生シートを張り付けてその上に材料を置きます。材料もブルーシートで養生しておきます。上棟の前日に足場を組んで、上棟の準備は完了です。 だんだんの家 木まま 上棟 当日は最初にお施主様と棟梁で建物の周囲を清めてからお施主様に最初の1本の柱を打ち込んで頂きます。そこから上棟の開始です。先ずは柱を建てていきます。ここまでは大体は手作業です。 だんだんの家 木まま 上棟 柱が建ったらその上に梁を掛けていきます。この辺りからレッカーが活躍し始めます。写真を見てレッカーじゃないと思われる方もいらっしゃると思いますが、何故か現場ではラフターを「レッカー」と呼んでいます。ラフターに限らず材料を吊る作業に使うクレーン車を全般にレッカーと呼ぶ事が多いです。何故なのか分かりませんが取り合えず慣例に従って「レッカー」と呼んでおきます。 だんだんの家 木まま 上棟 梁が掛かったら今度はその上に束や母屋などの屋根を支える小屋を組んでいきます。 だんだんの家 木まま 上棟 母屋が掛かったらその上に透湿防水シートを貼ります。屋根面に内側から断熱材を吹き付けるので、その止め枠になるシートです。 木まま だんだんの家 上棟 透湿防水シートが貼れたらその上に屋根垂木を取付ます。屋根勾配に沿って流していきます。木ままでは屋根垂木は基本的にはプレカットしますので、長さや継ぐ所などは加工してあります。垂木に番号が書いてありますので番号通りに並べて取付けます。以前にもご紹介したかと思いますが、屋根の端に当たる部分の屋根垂木はプレカットではありません。予め大工さんが加工場ではしご形状に組んでますので、それも順番通りに取付けて行きます。 だんだんの家 木まま 上棟 屋根垂木の上には野地板を貼ります。野地板は構造用合板を釘打ちで留め付けます。 だんだんの家 木まま 上棟 ここで板金屋さんが登場です。手前に居るのは大工さんで奥の人が板金屋さんです。大工さんが野地板を貼り終えた所を追うように板金屋さんがルーフィングという防水シートを貼っていきます。上棟当日にルーフィングを貼る所までいくかどうかは、建物の大きさや形状、空模様や季節にもよりますので実際の所はその時にならないと分かりません。大工さんは行けると思った時点で板金屋さんに連絡をとります。板金屋さんも上棟日はお呼びが掛かるかなと気に掛けてくれていますので連絡を受けたらすぐに現場に駆けつけてくれます。連係プレーで日が暮れる前にルーフィングを貼り終える事が出来ました。 だんだんの家 木まま 上棟 最後はいつも通りブルーシートで建物周囲を養生して終了です。   お施主様にはお忙しい中何度も現場に足をお運び下さってお気遣いを頂き本当に有難うございました。 今日はこの辺で失礼致します。

カテゴリー: 平屋

2019.02.05

岡山市中区平井 平屋住宅 だんだんの家 vol.3

みなさん、こんにちは。木ままの練尾です。 寒いですね。本当に寒いです朝は特に。2月になって本格的な冬到来といった感じですね。ですが木ままではそんな寒さを吹き飛ばすほっこり暖かい出来事が続いています。当事者のブログで紹介されると思いますので詳細は割愛しますが、皆さまもきっと笑顔になれるお話と思いますのでご期待下さいませね。ところで木ままスタッフが増えました。これも木ままにとっては明るい話題です。年明けのプチリフォームは増員に備えての為でした。いつも暖かそうなセーター姿が印象的なえなりかずき似の癒し系男性です。これから皆さまとお会いする機会も増えると思いますので、木ままのえなりくんを宜しくお願い致します(本当の名前は小村さんです)。   所在地:岡山県岡山市中区平井 工事内容:平屋住宅建築 記載日:2019年2月5日 記載者:株式会社木まま 練尾   さて、今日は岡山市平井で進行中のだんだんの家のご紹介です。 やっとだんだんの家っぽい写真をお見せ出来ます。 だんだんの家 基礎 木まま 基礎工事中です。捨てコンクリート打設後の様子です。打設直後ですので杭頭がはっきり写っていますね。コンクリートの部分に点々と見えている丸がそれです。中央の砂利地業部分は捨てコンより15cm高い位置になりますがこちらにも白い丸が見えると思います。だんたんの家では杭径約11cmの鋼管杭を採用していますので小さい丸です。柱状改良の場合は直径が40cm位なので割と大きな丸型になりますが。この上に鉄筋と型枠を組んでコンクリートを流し込み基礎が出来ます。中央の盛り上がっている所は砂利をランマーやプレートという機械を使って締め固めてあります。この上に防湿シートを敷いて鉄筋を組み15cmの厚みの鉄筋コンクリートになります。建物外周など力の掛かる場所は少し掘り下げてコンクリートも鉄筋も多く入れます。これが写真で捨てコンを打っている部分です。捨てコン部分は砂利の部分より15cm低くなるように深く掘っています。杭は基礎を支える為に基礎の下にくっついてないといけませんので、基礎の下端の高さに合わせて杭頭高さを決めていきます。平坦な土地の一般的な基礎の場合は捨てコンと砂利の高さの差15cmだけなので杭頭の高さは2種類、玄関ポーチなどの沈下防止の為にスポット的に高さが変わる場所に打つ場合も有りますがそれでも全部で3~4種類程度でしょう。ですがだんだんの家の場合は基礎高さそのものに段差が有り階段状になっているので杭頭の高さが基礎だけで9種類になりました。多いですね。大変です。だんだんが形になる前は、ただの傾斜地にポコポコ杭が飛び出したり沈んだりして見えるので、本当にこの高さで合ってるの?と何となく心配になったりしますが、流石にプロのお仕事ですね。ばっちりです。当たり前と言えば当たり前、むしろ違っては困るのですが、単純にすごいなーと思ったりします。この後捨てコンに型枠と鉄筋の墨出しをして先ずは鉄筋組から行います。 だんだんの家 基礎 木まま 3段目の途中まで組みあがりました。鉄筋もだんだんになってますね。基礎と立ち上がりの高さ関係は一律では無く部位によって違います。また下端の高さが同じでも立上り天端は階段状に登る所も有ります。難しいです。間違えない様に図面をにらみながらの作業が続いています。   では、今日はこの辺で失礼します。

カテゴリー: お知らせ

2019.01.22

岡山市中区平井 平屋住宅 だんだんの家 vol.2

みなさん、こんにちは。木ままの練尾です。 寒いですね。でも今年は去年よりは暖かい日が多い気がします。雪もまだ降ってませんし。昼間は暖かくて動いていると汗をかくことも有り夕方になると冷えてくるの繰り返して風邪をひきそうです。今の所は大丈夫なのですが。気を付けないといけませんね。 先週のニュースで大相撲の照強という力士が1995年1月17日生まれと知りました。阪神淡路大震災の当日です。若い世代の人の中にはご存知ない方もいらっしゃると思いますが、24年前におきた都市直下型の大地震です。当時西宮在住でした。直後は何が起こったか理解出来ませんでした。今の様にスマホや携帯が普及する前でしたので情報が入らず真っ暗な中で頼りは乾電池で動くラジオだけでした。徐々に日が昇ってきて、近所の人達と共に朝日の中で見た町の惨状は一生忘れる事は出来ないと思います。でもそんな中で無事に生まれてくれた事だけでも喜びですが、無事に育ち社会で活躍する姿を見られるのは本当に奇跡の様だと感じました。でも奇跡じゃないんですよね。あの混乱の中、生まれる為に尽力した方達が居て育てた方達が居て、だから今の照強の活躍が有るのですよね。こういうのを希望というのでしょうか。本当に皆さんに有難うと言いたい気持ちになりました。 直下型の地震だったので建物への直接の被害が多く有りました。最初のタテ揺れで柱が土台から浮いてしまい1階部分から倒壊した例が多かったと聞いています。住宅は命を守る箱である筈なのに何故…と悲しく思い、今後同じ事を繰り返さない事を我々建築に関わる者全てが肝に命じておかなければならないと思いました。あれから木造住宅の工法や施工基準なども見直されて随分と変わりましたが私の住宅建築に対する思いはこの大地震被害が原点なのです。24年経った今でも1月17日5時46分には必ず黙とうし犠牲になった方への祈りと共に私の原点を振り返ります。多分私と同じ思いの建築屋さんは多いと思いますが私にとっても本当に大切な事です。ところでメンテナンスも重要ですよ。いくら頑丈に作っても経年による劣化は必ず起こります。それを遅らせる為の唯一といっていい手段はメンテナンスです。家を建てられた方皆さんにお願いしたいです。家も労わってあげて下さいね。   所在地:岡山県岡山市中区平井 工事内容:平屋住宅建築 記載日:2019年1月22日 記載者:株式会社木まま 練尾   さて、今日は岡山市平井で進行中のだんだんの家のご紹介です。 だんだんの家 岡山市 敷地周囲のブロック擁壁が進んでいます。ブロックベースもだんだんになっていて細かくレベルを決めているのでなかなか思うように進まないのですが職人さんは根気よく頑張ってくれています。 木まま 平屋住宅 基礎 左端のだんだんは敷地西側のブロック擁壁のベースです。東側の道路面とは斜面の勾配が違うので、こちらも既存とお隣との兼ね合いを考えてレベルを調整してだんだんにしています。この敷地は角地なので南面東面に道路が有りそれぞれが北方向西方向に向かって上る形状になっているので両方の段差を考慮しなければなりません。加えて隣地との高さの兼ね合いも有りますので調整してレベルを決めるまでが大変難しかったです。今はもう決めたレベルに合わせての工事が進行中なので、高さを確認しつつ進むだけです。頑張ります。いえ頑張ってくれているのは職人さんなのですが、気持ちでは私も頑張ります。 擁壁と並行して建物の基礎も着工しました。前回ご紹介した時に、次回はわかりやすいだんだんの様子をお見せしますと書きましたが、残念ながらまだお見せ出来ません。全然それっぽく無いですよね。すみません、次回こそは。 奥の方に重機が入っています。だんだんの家は南北に長い敷地に同じように南北に長い建物の配置で奥からつまり北から南に向かってだんだんの階段状に下がっていく基礎形状です。奥から掘っていかないと重機が最後に出られなくなってしまうので奥から掘りに掛かっています。丁度掘方を開始した頃の写真です。通常は基礎全体を掘ってしまってから砕石を入れるのですが、基礎形状的にそれは難しいので、一番上の段を掘ったら砕石を入れ一段下がってまた掘って砕石を入れと繰り返して進める予定です。   風邪が流行っているようですね。インフルエンザに限らず体調管理には皆さまくれぐれもお気を付け下さいませ。 では、今日はこの辺で失礼します。

カテゴリー: お知らせ

2018.12.25

岡山市中区平井 平屋住宅 だんだんの家 vol.1

みなさん、こんにちは。木ままの練尾です。 寒いですね。朝はほんとに寒いです。最近自宅のガスファンヒーターの調子が悪いです。時々点けっぱなしで寝落ちしてしまうのですが(最近の高気密住宅では一酸化炭素中毒など事故に繋がる危険性が有ります。皆様は絶対になさってはいけません。お気を付け下さいませね)、事故防止用に一定時間で自動停止する機能が付いているのですが壊れているようです。少量のガスが長時間常に供給されている状態となりマイコンメーターが働いてガス自体がストップするという事象に悩まされています。いえ、ちゃんとタイマー掛けて寝れば済む事なんですが…。給湯器もガスなのですが、15年近く前のものですのでやはり調子が悪いです。お湯は出るのですが、リモコンのモニターに何も映りません。操作は受け付けてくれるので温度変更などは出来るのですが、何せモニターされないのでほぼカンで操作しております。音は出るのです。「給湯温度が変更されました」とか喋ってくれます。でも何℃に変更されたかは教えてくれないので、やっぱりカンで勝負です。その内完全に故障してお湯が出なくなったらどうしようかと不安です。寒いと特に暖をとる系の設備に不安を感じてしまいますね。買い替え時期と踏ん切りをつければ良いのですが、実際には調子が悪いなあと思いながらもう一年もう一年と使い続けています。ちなみに調子が悪くなってから3シーズン目を迎えました。割と保っています。ではなくて、そろそろ本当に決断しなければいけないですね。壊れてお湯が出ないだけなら悲しくなるだけですが、ガス漏れなどの事故に繋がってはいけませんからね。今シーズンこそは給湯器とファンヒーターを買い替える事にします。ここで宣言しておけば出来るような気がします。頑張ります。   所在地:岡山県岡山市中区平井 工事内容:平屋住宅建築 記載日:2018年12月25日 記載者:株式会社木まま 練尾   さて、今日は岡山市平井で着工したばかりのだんだんの家のご紹介です。 だんだんの家 岡山市中区平井 地鎮祭 寒くなり始めた初冬に地鎮祭が行われました。 その後地盤改良を経て、現在は敷地周囲の塀工事を行っています。 岡山市中区平井 平屋 写真ではわかりにくいかもしれませんが、傾斜した敷地です。重機を出したばかりの所を撮ったので敷地内が荒れているのはご容赦下さいませ。 地盤改良は小口径鋼管杭で行いました。手前の方にニョキっと出ているのが杭です。杭は基礎の下に位置する筈です。なのに何故こんなに地面から飛び出ているかというと、この敷地が傾斜地であり、この建物がだんだんの家だからです。この写真ではわからないですよね。すみません。もう少し工事が進めば写真でわかりやすくご紹介出来ると思います。 ブロック塀などは外構工事のひとつとして建物建築後に行う事が多いと思いますが、傾斜敷地と建物配置の関係から後からだと重機が使えず仕事が難しくなるので、先に施工を進める事にしました。 だんだんの家 平屋 木まま ブロック塀のベースを作製中です。ベースとはブロックの下に位置する基礎みたいな部分です。写真は砂利を締固めた地業の状態ですが、この上に枠を置いて鉄筋を並べコンクリートを流しこんでベースを作ります。敷地の傾斜に沿ってベース高さが変わるので地業の高さも階段状に登っています。境界から出ないように糸をはって目印にします。写真には写って無いですが、高さも糸が目印です。図面に表記された高さになる様にそれぞれのポイントで測量機器で高さを計り印を付けて糸を張ります。たとえ傾斜でも高低2ポイントの高さを出して糸で結べばその間の高さは一目瞭然です。アナログな方法ですが住宅などの狭い敷地では扱いやすく重宝されます。理にかなってますよね。水糸などと呼ばれますが建築関係者は必ず糸を持っています。使用頻度に差はあるでしょうが、どの職種の職人も大抵は1巻き位は車に積んでたりします。アナログと言えば水盛りと呼ばれる水で水平を出すやり方も有りますね。私が仕事を始めた頃は水盛りでレベル出しをする職人も居ましたが最近では余り見かけなくなりました。今は便利なレーザー式で水平や直角が出せる機器がお手頃値段になって(価格は重要です)使いやすくなりましたので、私もしなくなりました。でも、もし便利機器が使用不能な自体がおきても、昔ながらの方法で何とか出来るぞというのは我々世代の特権(笑)かも知れませんので、大事にしていこうと思います。 途中から話が脱線してすみません。 こんな感じでだんだんの家は着工しました。次回はもう少しわかりやすい写真でご紹介できるように頑張ります。   では、今日はこの辺で失礼します。 年末に向けてますます寒くなるようです。皆様くれぐれもご自愛くださいませね。

カテゴリー: 平屋