スタッフブログ

“木まま”の日常やお知らせをスタッフが綴ります。

最近の投稿

岡山県総社市 〇〇行きの家vol.6

良いものは褪せない。

モノ→コト

台風がまたまた来るようです。

岡山県総社市 〇〇行きの家vol.5

カテゴリー

お知らせ
平屋

アーカイブ

2019年10月

2019年9月

2019年8月

2019年7月

2019年6月

2019年5月

2019年4月

2019年3月

2019年2月

2019年1月

2018年12月

2018年11月

2018年10月

2018年9月

2018年8月

2018年7月

2018年6月

2018年5月

2018年4月

2018年3月

2018年2月

2018年1月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年9月

2017年8月

2017年7月

2017年6月

2017年5月

2017年4月

2017年3月

2017年2月

2017年1月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年9月

2016年8月

2016年7月

2016年6月

2016年5月

2016年4月

2016年3月

2016年2月

2016年1月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年9月

2015年8月

2015年7月

2015年6月

2015年5月

2015年4月

2015年3月

2015年2月

2015年1月

2014年11月

2014年10月

2014年9月

2014年8月

2014年7月

2014年6月

2014年5月

2014年4月

2014年3月

2014年2月

2014年1月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年9月

2013年8月

2019.10.08

岡山県総社市 〇〇行きの家vol.5

こんばんは。
だんだんと涼しくなってきて朝と夜は少し寒いくらいです。
温度差が大きいので風邪をひかないように体調管理には気を付けたいものです。

 

所在地:岡山県総社市
建築内容:平屋木造住宅建築
記載者:株式会社 木まま 國分
記載日:2019年10月8日

 

今回は、外壁の左官工事についてご紹介します。
主に外壁はラスモルノンクラック通気工法ソフトリシン吹付仕上げまたは板張りをします。

ラスモルノンクラック通気工法の特徴として
・低クラック
・耐久性
・透湿性
・耐震性
などが挙げられます。
窓枠を取り付け後に壁全面に透湿防水シートを張りその上に通気を確保するために通気胴縁という木材を縦方向に釘で打ち付けます。続いてラス板という平たい板を全体に張ります。この時にラス板との間には数センチの目透かしをします。
ラス板を張った写真です。

平屋 木まま 新築住宅 左官工事

次にフェルト(防水シート)を壁全面に張りラス網を取り付けます。
ラス網とは、モルタルの剥落を防ぐために、モルタル下地として使用される金網の事です。
モルタルに含まれる水分やアルカリ性に対応する為に亜鉛メッキ鋼板を原料としたラス網が主流になっています。またよりモルタル厚を確保することによって、防火・耐震性能を大きく向上させることができます。

平屋 木まま 新築住宅 左官工事

次にサッシや化粧材などが汚れないように養生をしてから下塗りのモルタルを塗ります。材料がラスによくからまるようコテ圧を加えながら、ラスが隠れるように下塗りをします。

平屋 木まま 新築住宅 左官工事

乾いたら上塗りのモルタルを塗っていきます。その時にガラス繊維のネットを被せながら木ゴテ又はス
チロールコテなどでノロを浮かせながらなじませ、金コテで通しモルタル下地が完成します。

平屋 木まま 新築住宅 左官工事

続いて仕上げのソフトリシン吹付になります。
今回は外壁の左官工事(モルタル下地)までのご紹介でした。

カテゴリー: 平屋

2019.10.01

岡山県総社市 〇〇行きの家vol.4

皆様こんにちは。
10月になりましたが、まだまだ暑い日が続きますね。個人的には秋が一番好きな季節なので長く続いてほしいという気持ちがありますが台風が多くなるので現場側の立場としては微妙なところです・・・
先週に続いて今週も台風が近づいてきているのでまた現場の養生が必要になりそうです。
皆様もお気を付けください。

 

所在地:岡山県総社市
建築内容:平屋木造住宅建築
記載者:株式会社 木まま 國分
記載日:2019年10月1日

 

今回は大工工事の床張りについてご紹介します。
床材は無垢フローリングを多く採用しています。フローリングには無垢フローリングと複合フローリングがあり、簡単に言うと無垢とは一枚ものの木、複合とは合板、ベニヤなどを複数枚重ねた部材の上に仕上げ用の化粧の木材を貼ったものです。

・無垢フローリング
無垢材は一枚ものの木の為、調湿作用に優れており夏の湿気によるべたつきや、冬のひんやりとする冷たさが比較的に少ないという良さがあり、風合い、見た目の雰囲気の良さ、木本来の香りが楽しめます。また、複合フローリングと違い接着して作っているものではないので化学物質も少ないという点があります。
デメリットとしては木の伸縮性により隙間が生じやすく反りや割れ、床鳴り、傷がつきやすいなどが挙げられます。床の反りや隙間、床鳴りが気になる方にはあまりお勧めできませんが、それらも天然木の持つ味の一つとして見ればそれほど気にはならないのかなと思います。

 

・複合フローリング
無垢材と比べると比較的に安価で工場製品の為バラつきのない品質を確保しやすいというところです。また、耐久性があり、傷がつきにくくワックスフリー、床暖房対応のものが多くあり無垢材に近い見た目のものや高級感のあるものもあります。
デメリットとして肌触りや見た目の雰囲気といった面で無垢材と比べると劣りますが、その辺りは好みなので一概には言えないかも入れません。
また、無垢材であれば年数が経過するとともに味が出ますが、複合であれば経年劣化していく、といったところでしょうか。

 

床材を張っているときの写真です。
床を張る前に壁際などに小さな幅の板がこないように割り付けしてから一枚ずつ隙間、歪みなどがないように注意しながら張っていきます。
ホースの先に付いているものが床材を張るときに使用する道具で、これを使って床材の実(さね)に向けて釘を打ち込んで固定します。
張り終わると直ぐに掃除、養生して床張り完了です。

床張りについてご紹介でした。

カテゴリー: 平屋

2019.09.24

岡山県赤磐市 キオク(木屋)の家 vol.1

皆様こんばんは。
だんだんと涼しくなってきましたね。

今回ご紹介するのは上棟についてです。
上棟日当日はちょうど台風が近づいてて風が少し強く吹いていたので大丈夫かと心配していたのですが、幸いにも風は少しづつ落ち着いてきてお昼ごろには晴れて結果的に良い棟上げ日和となりました。

 

所在地:岡山県赤磐市
建築内容:平屋木造住宅建築
記載者:株式会社 木まま 國分
記載日:2019年9月24日

 

上棟日の朝はまず四方のお清めをして一本目の柱を施主様に立ててもらってから作業を開始します。
上棟日は一気に建物の形が出来上がっていくので施主様もワクワクしながらご覧になっておられました。

柱をすべて立て終えた写真です。

平屋 木まま 新築住宅

次に梁、桁などをレッカーで吊って組みます。

平屋 木まま 新築住宅

平屋 木まま 新築住宅

2階建ての場合は2階の床の下地となる板を敷いていきますが、今回は平屋なので小屋束、母屋を組みます。
一部床板を敷いているところがありますが、そこは小屋裏収納用に敷いてます。

 

平屋 木まま 新築住宅

母屋まで終わると普段は透湿シートを張るのですが、今回は屋根が急勾配だったのでシートを先に張ってしまうと転落する恐れもあり透湿シートは後日屋根下から施工することにし、垂木を流しました。

平屋 木まま 新築住宅

次に構造用合板12mmの野地板を屋根全体に敷きます。

平屋 木まま 新築住宅

最後にアスファルトルーフィング(防水シート)を張って上棟終了です。

平屋 木まま 新築住宅

平屋 木まま 新築住宅

次第に薄暗くなりルーフィングを張り終わるころにはすっかり暗くなってました。

台風の影響でどうなることかと思いましたが、無事に終わることができ一安心です。

上棟についてのご紹介でした。

カテゴリー: 平屋