スタッフブログ

“木まま”の日常やお知らせをスタッフが綴ります。

最近の投稿

岡山県岡山市中区 2階建木造住宅建築 小麦の家 vol.3

木ままにツリー作り

岡山市北区京山 京山の家vol.4

古き良き時代のもの。

岡山県玉野市 2階建木造住宅建築 海辺に建つ家 vol.6

カテゴリー

お知らせ
平屋

アーカイブ

2018年10月

2018年9月

2018年8月

2018年7月

2018年6月

2018年5月

2018年4月

2018年3月

2018年2月

2018年1月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年9月

2017年8月

2017年7月

2017年6月

2017年5月

2017年4月

2017年3月

2017年2月

2017年1月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年9月

2016年8月

2016年7月

2016年6月

2016年5月

2016年4月

2016年3月

2016年2月

2016年1月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年9月

2015年8月

2015年7月

2015年6月

2015年5月

2015年4月

2015年3月

2015年2月

2015年1月

2014年11月

2014年10月

2014年9月

2014年8月

2014年7月

2014年6月

2014年5月

2014年4月

2014年3月

2014年2月

2014年1月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年9月

2013年8月

2018.09.11

岡山県瀬戸内市 平屋住宅建築 いろどりの家 vol.11

みなさん、こんにちは。株式会社木ままの練尾です。
今日は良いお天気でしたね。先週は台風の影響か荒天続きで現場はバタバタでした。建築は特に外部の仕事をしている時は天候の影響を強く受けますので。その所為か社会人になってから妙にお天気に敏感になりました。何度も言っていますが元々私は晴れ女ですので、学生時代は行事イベント時はほとんどお天気に恵まれてというかそれが当たり前と思っていたので気にした事が無かったのですが、最近では天気図や雲を見て天気予報の真似事までするようになってきました。まあ、基本的に晴れ女なので上棟などのイベントは多分晴れると楽観視しているのは昔と変わらないのですが。秋の長雨とは言いますが早くすっきりしたお天気になって欲しいものです。

 

所在地:岡山県瀬戸内市邑久町

工事内容:平屋住宅建築

記載日:2018年9月11日

記載者:株式会社木まま 練尾

 

さて、今日は瀬戸内市邑久町の「いろどりの家」の施工状況です。
いよいよ完成間近です。いろどりの家では、お施主様のご厚意により完成見学会を予定しております。
先日、完成見学会用のチラシの写真撮影が行われました。その時の様子は一つ前の記事で武縄がご紹介させて頂いています。こちらは美装時の内部の様子です。

木まま 平屋 瀬戸内市

工事中は養生に覆われていて見えなかった部分が現れてきて毎回出来たなーと感動します。本当はまだこれから細かい作業が沢山残っているので気を抜いたらいけないのですが、出来たなーと一番感じるのが私はこの養生を上げる瞬間だったりします。

外構 平屋

外部では外構工事が進んでいます。
いろどりの家には建物に囲まれた構造的に中庭と呼べる庭は有りませんが、外構の工夫によって大きな南側のテラスと繋がる中庭的な空間を作る予定です。
塀が沢山出来ています。手前の型枠は木ままお得意の木目の有るコンクリート塀を作っている所です。杉板を型枠の内側に張ってコンクリートを流し込む事で杉板の木目模様がそのままコンクリート表面に型押しされます。どんな感じかというとこんな感じです。

平屋 邑久町 外構 木まま

型枠を外している所ですが型押しの杉板の木目が出ているのが見えますでしょうか。綺麗に出ていますね。枠を外す瞬間は結構ドキドキします。
ブロックの塀を含めて壁が沢山有りますね。これが最終的にどういう風に仕上がるのかは次回でご紹介させて頂けると思います。直接ご覧になりたい方は是非見学会にご予約下さいませね。

 

では今日はこれで失礼します。

カテゴリー: 平屋

2018.09.10

岡山県瀬戸内市 平屋住宅建築 いろどりの家 vol.10

こんばんは。株式会社木ままの武縄です。

朝晩はほんとに涼しくなりましたね。事務所には

頂き物のぶどうやなしが並び、果物でも秋を感じています。

 

そんな中、先日いろどりの家へおじゃましました。

9月22.23日 土日 完成見学会予定のT様邸。

最初の出会いは約3年前。完成間近の建物を見ながら、

「ここまできたな~」とご夫婦。家の話をはじめた頃は

まだ上のお子様も小さかったのに・・・

おねぇちゃんになって、撮影に協力してくれました。

 

木ままで建てることを決めていただいたキッカケは、

総社にある事務所をみて興味をもっていただいたことから・・・

そしてたまたま友人が紹介してくれたのが、木ままだったことも

あり、「運命」を感じたんですと奥様。

「決断したら迷わない」ご主人。

あとからの言い訳はいくらでもできるから、自分たちで決めた

ことには責任もつこと。

マイホームという大きな買い物。みなさんいろんな「覚悟」から

木ままを選んでいただいているんだなと、改めて感じました。

そんな素敵なご家族といろんな「縁」でつながり、出会えたこと。

本当にうれしく思います。

土地探しからはじまり、建てれるなら「平屋」と思っていて

探していたら出てきた、東西に広い平屋にぴったりの敷地。

10月からはじまる新しい生活!楽しみですね!

 

所在地:岡山県瀬戸内市邑久町

工事内容:平屋住宅建築

記載日:2018年9月10日

記載者:株式会社木まま 武縄

 

たくさん思いの詰まったお家をお借りして

9月22.23日と建物完成見学会を開催いたします。

ご興味ある方は下記までご連絡ください。

TEL0866-31-5151

mail    info@kimama218.jp

カテゴリー: お知らせ, 平屋

2018.08.28

岡山県瀬戸内市 平屋住宅建築 いろどりの家 vol.9

みなさん、こんにちは。株式会社木ままの練尾です。
先週は台風ラッシュでした。特に20号は直撃との前情報だったので、工事中の現場では台風養生に追われた1週間でした。結果としては、予報より少し逸れたお陰で特に被害も無くほっとした1週間でもありました。台風一過でまた蒸し暑くなりましたね。まだまだ残暑は続きそうです。

 

所在地:岡山県瀬戸内市邑久町

工事内容:平屋住宅建築

記載日:2018年8月28日

記載者:株式会社木まま 練尾

 

さて、今日は瀬戸内市邑久町の「いろどりの家」の施工状況です。
完成も近づいて工事は追い込みに入っています。

いろどりの家 平屋

足場が外れて外観はこんな状態です。空が青いですね。外部はこれから外構に入ります。

平屋 洗い出し仕上げ

テラスの土間を仕上げています。木ままではおなじみの砂の洗い出しです。モルタルに混ぜる砂を工夫して色合いを出し更に玉石を所々に埋めたうえで表面を洗い出す事で自然に石が混じった感じの仕上りに出来ます。洗い出しはモルタルを塗りつけて硬化する過程で表面のノロを何度も丁寧に拭き取る事でモルタルに含まれる砂や埋めた石を表面に浮き出させる工法です。表面を拭き取る=洗うので洗い出しと呼ばれています。垂直面での仕上げの場合はその名の通り水でノロを洗い流して仕上げる場合も有りますが、洗い水の処理の問題も有りスポンジなどで拭き取る事で表面を洗うやり方が一般的かと思います。混ぜた砂や石などがどのように浮いて見えてくるかは洗ってからのお楽しみ…という訳で、言葉は悪いかも知れませんが割と自然任せの仕上げです。とは言えイメージ通りに仕上げる為に砂の種類や石の色、大きさ、埋め込み深さなど常に試行錯誤しています。左官屋さんいつも本当に有難うございます。いろどりの家ではシンプルで自然な仕上りにしたかったので少し黄色味の有る砂を混ぜて埋める石は小さく控え目に。イメージ通りに仕上がると良いのですが、きっと大丈夫と思います!

いろどりの家 合併浄化槽

合併浄化槽の設置状況です。桝が沢山並んでいます。写真手前の桝で建物からでた排水をまとめて浄化槽に流し込みます。中2つが浄化槽本体の蓋です。月に一度の定期点検・清掃が必要ですので、蓋を塞がない状態を保てる位置に配置します。こちらの建物では駐車スペースに浄化槽を配置していますが、常時駐車するスペースを避けて来客用駐車スペースに浄化槽を配置されました。浄化槽で浄化された水は一番奥のマスを通じて道路側溝に放流されます。この桝・本体(蓋2個)・桝が浄化槽設置に必須のスペースとなります。意外に場所をとるので配置計画には注意が必要ですね。この後浄化槽本体の保護の為、四角で囲った枠内にコンクリートを打設します。まだ施工前ですが勿論鉄筋も入ります。

瀬戸内市邑久町 平屋

最後に内部の様子です。内装の木まま漆喰とクロスが仕上がって、これから設備器具を取り付けていきます。天井の黒い点は汚れでは有りません(笑)ダウンライトの穴あけ位置です。本当に追い込みですね。頑張ります。

お知らせでも出ていますが、いろどりの家では完成見学会を予定しています。興味をお持ちの方は是非ご予約下さいませ。
今日はこの辺で失礼いたします。

カテゴリー: 平屋