スタッフブログ

“木まま”の日常やお知らせをスタッフが綴ります。

最近の投稿

岡山市北区尾上 陽だまりの家vol.3

芯まで暖まる。

岡山県総社市清音軽部 2階建木造住宅改修 うけつぐ家 vol.3

居心地の良い場所

薪ストーブの時期の到来です。

カテゴリー

お知らせ
平屋

アーカイブ

2018年12月

2018年11月

2018年10月

2018年9月

2018年8月

2018年7月

2018年6月

2018年5月

2018年4月

2018年3月

2018年2月

2018年1月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年9月

2017年8月

2017年7月

2017年6月

2017年5月

2017年4月

2017年3月

2017年2月

2017年1月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年9月

2016年8月

2016年7月

2016年6月

2016年5月

2016年4月

2016年3月

2016年2月

2016年1月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年9月

2015年8月

2015年7月

2015年6月

2015年5月

2015年4月

2015年3月

2015年2月

2015年1月

2014年11月

2014年10月

2014年9月

2014年8月

2014年7月

2014年6月

2014年5月

2014年4月

2014年3月

2014年2月

2014年1月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年9月

2013年8月

2018.12.07

岡山市北区尾上 陽だまりの家vol.3

みなさんこんばんは。㈱木ままの川上です。

今日から寒いですね。土日は朝の気温が1℃、2℃だそうです。一気に冷え込みますので、みなさん体調管理には気を付けて下さいね。薪ストーブ用の薪も大量に備蓄されていますので、打ち合わせスペースは温かく過ごせます。事務スペースはPCの熱もあってエアコンだけで十分なのですが、打ち合わせスペースはガラス張りであり、熱源もないのでエアコンだけでは寒さに勝てず薪ストーブで暖をとっております。

みなさんは暖を採るのは何が一番好きですか?エアコン、床暖、ファンヒーター、コタツ、ストーブ、ハロゲンヒーター、薪ストーブ、暖炉、囲炉裏、ホットカーペット、パネルヒーター等々様々な種類の採暖設備があります。伝導式、輻射式、対流式と大雑把にわけられ、それぞれの得手不得手があります。

また、体感温度は室温だけでなく、湿度や風によっても変わってきます。加湿することで体感温度は上がり、そしてウイルスは乾燥した空気を好む為湿度を上げることはウイルス感染にも有効です。ですので、加湿にも一つ注意してみれば体感温度は上がるかもしれません。

高気密高断熱の家になってきていますので、温まりやすく冷えにくい住環境にはなってきていますが高気密であるため空気の入れ替えは必要です。特に灯油やガスを燃焼させて暖をとるものは特に注意が必要です。そして、換気をさせる際の窓際にヒーターやストーブを置くことも一つの手だそうです。冬は窓からの熱交換が大きく、暖められた空気が冷えるのも窓、冷たい空気が入ってくるのも窓です。シャッターを付けたり、ガラスを性能の良いものにしたり、アルミサッシ自体の性能を考えてみたり、窓に一工夫すれば大分体感温度が変わります。

窓と言えば、カーテン。カーテンが寸足らずになっていませんか?冷たい空気は床付近から入ってきます。カーテンが寸足らずですと、冷えた空気がカーテンによって妨げられることなく、室内に流入してきます。大学生の時に3年時から工学部にいく事がほとんどとなり一度引っ越しをしたのですが、前の家で使っていたカーテンをそのまま使っていると冬になるとやけに寒いので、なんでだろうか考えてみるとカーテンの寸足らずが原因でした。カーテンを厚手の床まであるサイズにする足元の冷えが軽減されたので、改めて重要性を感じました。掃出し窓の所は特に注意が必要です。一度確認してみるのも良いかもしれません。

現場は非常に寒く着込んでいくのですが、事務所に帰ってくると温かいため帰ってすぐは頭がボーっとしてします。今まさにその状況なのですが、体が慣れるまで少し時間がかかります。それでは、そろそろ本題にはいります。

所在地:岡山市北区尾上

建築内容:平屋住宅建築

記載日:2018年12月7日

記載者:株式会社木まま 川上

さて、今日は陽だまりの家のご紹介です。

外部は左官工事が終わり、来週からは吹付の塗装工事に移ります。

外壁の左官塗の様子です。防水紙を貼り、ラスを貼って、モルタルを塗っていきます。モルタルは塗る厚みが決まっており、軽量モルタルを15ミリの厚みになるように2回に分けて塗っていきました。来週からは、塗装工事に移っていきます。塗装工事が終わると、外部の器具と樋を付けて足場を落とします。

次に内部の様子です。内部は天井を貼り終えて、壁の仕込をしている最中です。

リビングも天井の板を貼り終えて、個室は壁のボードまで貼っています。壁に仕込むニッチや棚板、建具の枠を取り付けており、仕込が終わると壁のボードを貼っていきます。

図面とにらめっこをしている棟梁。施工者と設計者の意思の疎通は基本的に図面にて行われます。難しい所や図面だけでは表現が難しい所は現地でも打ち合わせをしながら進めていきます。

大工さんも残り2週間ほどになってきました。これから、大詰めです。大工さんの次は仕上げ工事に移っていきます。

1月末のお引渡しに向けて進んでいっています。

それでは、また来週。

カテゴリー: 平屋

2018.11.23

岡山県倉敷市西阿知 沿線に建つ家vol.1

みなさんこんにちは。㈱木ままの川上です。

冬将軍到来し、今朝は5℃を下回る寒さでしたね。暖房が欠かせない時期になってきました。火曜日に暴露されましたが、私の足元にはヒーターが常備されており、寒いなと思ったらすぐ付けます。末端冷え症で足先がとても冷たくなるんですよね。現場が寒いのは致し方ないので、事務所に居る時ぐらいは暖かく仕事をしたくマイヒーター持参です。冷気は下を通るので足から冷えるんですよね。事務所での寒さ対策は重要です。この連休は寒いそうなので、お出かけされる方は暖かい格好をして外出してくださいね。既にインフルエンザにかかっている人もでてきましたので、風邪対策にも注意してくださいね。

所在地:岡山県倉敷市西阿知

建築内容:平屋住宅建築

記載者:株式会社木まま 川上

記載日:2018年11月23日

さて、今日は沿線に建つ家のご紹介です。造成工事から始まり地盤改良工事を経て、現在基礎工事中です。12月13日の上棟に向けて、現在工事を進めて行っております。

柱状改良の施工状況です。杭打機を入れて、穴を掘っていきセメントミルクを流し込んでいき硬い地盤で家を支えられるように改良工事を進めていきます。家が建つ地盤が一番重要と言っても過言ではないので、近年では地盤改良を施工することが確認申請上の条件になっています。

柱状改良完了後です。この杭によって家が支えられます。構造計算後、必要な地耐力が確保できるよう設計し施工しました。

次は基礎工事の様子です。位置だし中の様子です。掘方をするための位置を境界から寸法を追ってだしていきます。真ん中に鎮座しているのがバックホーですね。ユンボという呼び方をする地域もあります。男はスーツを着ると3割増しでかっこよく見えると言ったりしますが、バックホーを操る様が3割増しでかっこよく見えるのは私だけでしょうか?次免許を取るならバックホー(油圧ショベル)かなとか思ってみたり。取ることはないでしょうが。

そして、配筋完了後の様子です。基礎で一番重要な配筋後に第三者機関の検査があります。設計士の先生と第三者機関にてチェックすることで構造物としての保障になります。この検査の後にコンクリートを打設していきます。コンクリートを打ってしまうと、中にある鉄筋の様子が見えなくなるので、RC造の引っ張りに対する強度を担う鉄筋は重要なんです。覆っているコンクリートにばっかり目が行きがちですが、隅角部の補強をいれたり、開口部には補強をいれたりと様々な決まりがあるのはむしろ鉄筋の方で、プロ目線からすると配筋の方がよっぽど大事です。

さて、今日はここまででまた次回基礎の完成から上棟に掛けてご報告させて頂きます。

それでは、また来週。

カテゴリー: 平屋

2018.11.09

岡山市北区尾上 平屋住宅建築 陽だまりの家vol.2

みなさんこんにちは。㈱木ままの川上です。

次第に寒さが増していく今日この頃。日が暮れるのも早くなり、5時半を過ぎると真っ暗になり、秋の夜長を感じています。そして色づく木々たち。紅葉の季節はどのお寺さんも庭の手入れがされていて3年前までは毎年京都に秋を感じに行っていました。日本の原風景といいますか、落ち着く景色を見に行ってたのですが、最近は忙しさの余り行けていないのが現実です。前の会社は現場が変わるときは県外への移動の為、1週間ほどの移動兼休みがあり、3日掛けて観光名所に立ち寄りながら岡山へ帰ってきたりしていたのが懐かしいです。連休がなかなかないので、どこかへ行くのも難しいですがどこかで時間を見つけて旅に出たいものです。

所在地:岡山市北区尾上

建築内容:平屋住宅建築

記載者:株式会社木まま 川上

記載日:2018年11月9日

さて、今日は陽だまりの家のご紹介です。上棟して、約一か月が経とうとしています。現場の様子は、外部は軒天を貼ったところまで進んでおり、これから外部の桧の木枠を付けて、ラス地を貼っていきます。そこまで行くと、左官屋さんへバトンタッチになります。

内部の様子ですが、吹付断熱の後は天井の下地を組んだり、床を貼ったりしています。

リビングの天井は、寄棟の勾配天井です。片流れの勾配天井より難易度の高い天井です。LDKは桧の羽目板を貼っていくので、出来上がりが楽しみです。一般的に勾配天井は、片流れですが屋根の形状を考慮して寄棟での施工になりました。大工さんとしては難易度が高いですが、仕上がりは目を見張るものがあると思います。また終盤にちらっとご紹介させて頂きます。

各洋室の床はカラマツのフロアー貼りです。材料置き場の関係で、洋室のみ先に床を貼っていっています。LDKはオークのフロアーを貼り、各個室はカラマツを貼ることで予算を抑えることができます。メインは良い材料を使って、個室は予算を抑える。全てに良い材料を使うのは予算的に無理があっても、場所ごとに使い分けることで予算に折り合いをつけることができます。譲れない所と譲れる所で予算に折り合いを付けながら選んでいくのがポイントです。

寒い時期になってきましたので、皆様ご自愛ください。

それでは、また来週。

カテゴリー: 平屋