スタッフブログ

“木まま”の日常やお知らせをスタッフが綴ります。

最近の投稿

岡山県岡山市 ひらけた家vol.3

中庭で・・・

あっという間・・・

残暑2019

西日対策

カテゴリー

お知らせ
平屋

アーカイブ

2019年8月

2019年7月

2019年6月

2019年5月

2019年4月

2019年3月

2019年2月

2019年1月

2018年12月

2018年11月

2018年10月

2018年9月

2018年8月

2018年7月

2018年6月

2018年5月

2018年4月

2018年3月

2018年2月

2018年1月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年9月

2017年8月

2017年7月

2017年6月

2017年5月

2017年4月

2017年3月

2017年2月

2017年1月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年9月

2016年8月

2016年7月

2016年6月

2016年5月

2016年4月

2016年3月

2016年2月

2016年1月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年9月

2015年8月

2015年7月

2015年6月

2015年5月

2015年4月

2015年3月

2015年2月

2015年1月

2014年11月

2014年10月

2014年9月

2014年8月

2014年7月

2014年6月

2014年5月

2014年4月

2014年3月

2014年2月

2014年1月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年9月

2013年8月

2019.08.20

岡山県岡山市 ひらけた家vol.3

皆様こんにちは。
今年の盆休みは9連休もあり、長すぎたと思う人やあっという間に連休が終わったという人がいるのではないでしょうか。
私は自分の家の事や連休中の台風襲来での現場の養生やらで休む間もなく連休が終わってしまったという感覚です。
お盆を過ぎてもまだまだ暑い日が続きそうですので熱中症には気を付けていきたいものです。

 

所在地:岡山県岡山市
建築内容:平屋木造住宅建築
記載者:株式会社 木まま 國分
記載日:2019年8月20日

 

さて、今回は新築住宅の中間検査(金物検査)についてご紹介します。
中間検査とは一般的に工事途中で行われる検査のことを総称して中間検査と呼ぶことがあります。
建物が完成してしまうと、外から目視で確認できなくなる箇所があり、阪神・淡路大震災では、この箇所の施工不備による建物被害が多かったことから、施工途中での検査の重要性が改めて認識されました。
木ままでは金物(羽子板ボルトやL型金物等)、筋交い、火打ち梁などを取り付けた時点で指定確認検査機関の検査担当が現場に赴き、目視や寸法測定等により行い、確認申請時に添付した設計図書どおりに施工され、安全性が基準を満たしているかを検査します。

 

・羽子板ボルト

主に木造軸組工法の建物において、軒桁と小屋梁の接合、胴差・床梁などの横架材相互の接合や、柱と横架材の接合に使用する羽子板状のボルト。

木まま 平屋 大工工事 金物 検査

 

・筋交い

地震や風などで倒れたりしないように、柱と柱との間に斜めに入れる材。

 

・火打ち梁

木造で床組みや小屋組みで、地震や台風時に発生する水平力による変形を、防止するために設ける斜材。

木まま 平屋 大工工事 金物 検査

このように建物が申請内容に適合し、設計図書どおりに施工されていることが確認できた場合は、「中間検査合格証」が交付され次の工程に進みます。

中間検査についてご紹介しました。

それでは皆様今回はこの辺で失礼します。

カテゴリー: 平屋

2019.08.06

岡山県総社市 〇〇行きの家vol.2

皆様こんにちは。
台風の影響か昨日は風が強く、今日は雨が降り続いて比較的に涼しめな一日でした。
台風が過ぎ去るとまた、真夏の猛暑が戻ってきますが暑さに負けず頑張ります。

 

所在地:岡山県総社市
建築内容:平屋木造住宅建築
記載者:株式会社 木まま 國分
記載日:2019年8月6日

 

今回は建物の新築工事の上棟についてご紹介します。
上棟日には大工さんが集まり建物を一日で1階の柱から屋根仕舞い(下地)までを組み立てます。
構造材は全てプレカットされているためスムーズに建物を組み立てていくことができます。
初めに柱を立てていきます。

平屋 木まま 上棟

柱を立て終わるとクレーン車で木材(梁、桁、母屋など)を吊って番付通りに組み立てます。

木まま 平屋

母屋まで組み終わると次に透湿シートというものを貼ります。
これは木ままの断熱材は屋根全面に吹き付けていくため(屋根断熱)屋根の通気が確保出来るように施工しています。

木まま 平屋 棟上げ

シートの上に垂木を置き釘で固定し、その上に構造用合板という12mmの板を屋根全面に敷き詰めてこれも釘で固定します。

最後に建物をブルーシートで雨に濡れないように養生して上棟終了です。
上棟後は大工さんが1人2人程度で少しづつ丁寧に家を仕上げていきます。

上棟日当日の朝は少し曇っていて涼しかったのが、段々と気温も上がり10時頃には立っているだけでも汗が止まらないほどの状態。
そんな中で大工さんには一日中作業をしていただきました。本当にお疲れ様でした。

カテゴリー: 平屋

2019.07.30

岡山県総社市 ○○行きの家 vol.1

皆様こんにちは。
ようやく梅雨も明けて夏本番ですね!
太陽の日差しが強すぎて職人さんも顔を真っ赤にされて作業されているのを見て職人さんの大変さを感じました。

 

所在地:岡山県総社市
建築内容:平屋木造住宅建築
記載者:株式会社 木まま 國分
記載日:2019年7月30日

 

さて、今回は大工さんの作業で初めに行う土台敷きについてご紹介をします。
梅雨明けギリギリ前だったので小雨の降る中建物の基礎の直ぐ上に載る土台という木材の位置を出すために大工さんに墨出しをしてもらいました。
所々に出ているボルトがアンカーボルトというもので基礎と土台をつなぐ金物です。

木まま 平屋 大工工事 土台

土台にアンカーボルト用の穴を開けているところです。

アンカーボルトの数分(100ヵ所以上)土台に穴を開けていき金物で土台を固定します。

雨が止んだばかりだったので大工さんは長靴を履いたまま作業されてました。

この日は土台を敷く下準備だけ行い次の日に本格的にすることにしました。

木まま 平屋 大工工事 土台

日が変わり土台を基礎の上に載せていくと続いては床下に断熱材を入れていきます。

山のように積んでいるのが床下用の断熱材です。これを一枚づつ丁寧に床下全面に取り付けます。

木まま 平屋 大工工事 土台

取り付け途中の写真です。
この断熱材が夏の暑い空気、冬の冷たい空気が床下から侵入しないように防いでくれます。

木まま 平屋

断熱材をすべて入れを終わるとその上に構造用合板(床板の下地)を敷いて雨に濡れないようにブルーシートで養生をして土台敷き完了です。

 

木まま 平屋 大工工事 土台

あとは外部足場を組んで棟上げを待つのみです。次回は棟上げについてご紹介をする予定です。
それではこの辺で失礼します。。。

カテゴリー: 平屋