スタッフブログ

“木まま”の日常やお知らせをスタッフが綴ります。

最近の投稿

住まいかた 暮らしかた

とまり木の家

倉敷市福田町の家

岡山県総社市 vol.4

あたたかい時間。

カテゴリー

お知らせ
平屋

アーカイブ

2020年10月

2020年9月

2020年8月

2020年7月

2020年6月

2020年5月

2020年4月

2020年3月

2020年2月

2020年1月

2019年12月

2019年11月

2019年10月

2019年9月

2019年8月

2019年7月

2019年6月

2019年5月

2019年4月

2019年3月

2019年2月

2019年1月

2018年12月

2018年11月

2018年10月

2018年9月

2018年8月

2018年7月

2018年6月

2018年5月

2018年4月

2018年3月

2018年2月

2018年1月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年9月

2017年8月

2017年7月

2017年6月

2017年5月

2017年4月

2017年3月

2017年2月

2017年1月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年9月

2016年8月

2016年7月

2016年6月

2016年5月

2016年4月

2016年3月

2016年2月

2016年1月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年9月

2015年8月

2015年7月

2015年6月

2015年5月

2015年4月

2015年3月

2015年2月

2015年1月

2014年11月

2014年10月

2014年9月

2014年8月

2014年7月

2014年6月

2014年5月

2014年4月

2014年3月

2014年2月

2014年1月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年9月

2013年8月

2020.08.31

9月12.13日 土日 暮らす家見学会 あいまう家 in岡山市

9月の見学会のお知らせです。

9月12.13日 土日 暮らす家見学会【あいまう家】

◎暮らしはじめて半年。お施主様のご厚意で見学会を開催致します。

場所:岡山市内

※ご予約の方に詳しいご住所をお知らせ致します。

 

【あいまう家】のK様との出会いのキッカケは県内の家づくりイベントで、岡山市内の高台の土地を検討中だったK様。その土地に合う間取り、家族の理想のカタチとなるよう何度も打ち合わせを重ね、木ままでの家づくりスタートします。

そんなK様邸は高台の風景の中に建つ平屋のお家で、LDKと軒天の高さをそろえウチとソトのつながりをつくり、屋根から落ちる雨の雫まで楽しむことができるよう「樋無し」の外観とし、また玄関ドア、ガレージ戸、キッチン、LDKのテラスへの出入口、TVボード、食器ボード、洗面化粧台など既製品を使わず造作にすることで素材、質感を統一させた内観になっています。

ご主人こだわりのリビングからつながるガレージなど写真ではお伝えしきれない[現地でしか味わえない居心地の良さとこだわり]を感じていただきたいと思っております。なかなか聞くことのできない暮らしはじめてからの使い勝手、間取りのよかった点、もっとこうしておけばよかった点などをお施主様に直接聞いていただけます。

今回の暮らす家見学会は、お施主様の家をお借りした見学会のため、完全予約制とさせていただきます。

 

9/12(土)

① 10:00~満席 ② 11:00~ 満席③13:00~満席④ 14:00~満席 ⑤ 15:00~ ⑥16:00~満席

9/13(日)

① 10:00~満席 ② 11:00~満席 ③13:00~④ 14:00~ ⑤ 15:00~ ⑥16:00~

尚ご予約の時間帯につきましては新型コロナウィルス感染防止対策のため、1時間につき1組のご案内になります。

 

見学ご希望の方は、下記のお電話またはメールにて

□お名前
□ご希望の日時(※第3希望まで教えて下さい)
□ご参加人数(大人の方、お子様の人数と年齢)

□当日ご連絡の取れる電話番号 をお伝えください。
※ご予約の際、詳しいご住所をお伝えします

◎キッズスペースの設置が困難なため、お子様のご来場をお断りしております。(※大人の方が抱っこしてご覧いただける場合を除きます)

予約状況によってはご希望に添えない場合がありますことをあらかじめご了承ください。

スタッフ一同、皆さまにお会いできることを楽しみにしております。

TEL0866-31-5151

メール info@kimama218.jp

 

ご来場時のお願い

◎ご来場の際にアンケートのご記入をお願い致します。
◎見学会ではトイレの使用ができませんのであらかじめご了承ください。

【重要】新型コロナウイルス感染防止対策とお願い
◎体調不良や風邪などの症状がある方のご来場はお控え下さい。
◎ご参加の皆様にマスクの着用、入場前の検温、手洗、手指の除菌をお願い致します。
◎弊社スタッフにつきましても手指の消毒及びマスク着用にてご案内をさせて頂きます。
◎室内の定期的な換気を行ないます。

ご来場いただきます皆様の安全を配慮し、見学会を開催させていただきますので
何卒ご理解・ご協力の程 宜しくお願いいたします。

カテゴリー: お知らせ, 平屋

2020.08.31

ジブリを見に行く。

8月もいよいよ残すところあと1日。

蝉時雨が止み、

涼しくなる季節を目前に

太陽が最後の悪あがきをしております。

いつになく光がキツいというか痛いというか…

それとも

加齢と共にこちらの免疫がなくなってきたのか…

“今年は本当に暑い”

とはこの時期に聞く定番の言葉ですが、

今年は本当に暑い…

涼しくなるまで、時の流れに身をまかせるしかありません。

こんな歌ありましたか…

 

 

*先日、スイスへハイジに会いに行って来ました。

・・・暑さにやられたような事を言ってしまいました。

 

岡山県立美術館で ” 高畑勲展 ” という展覧会が公開されており、それに行ってきました。

高畑勲さんは

アルプスの少女ハイジや、ほたるの墓、かぐや姫物語など、スタジオジブリの名作の監督をされた方です。

楽しみにしていた展覧会で

もともと4月に行われる予定だったのですが、

コロナの影響で延期となり、8月にようやく公開となりました。

 

名だたるジブリの名作の

制作に至るまでの打ち合わせ記録や、

絵コンテ、背景画など、未公開資料などが惜しみ無く公開されています。

打ち合わせ記録なんかは

読み始めると全部読んでしまいたくなるほど楽しめます。

その中には若かりし頃の宮崎駿さんの記録もあり、

提案の内容の細かさに驚くと共に、映画制作の大変さを知ることができます。

裏方時代の宮崎駿さんの仕事が観れるのも

この展覧会の楽しみの一つかもしれません。

中でも絵コンテは釘いるように見てしまいました。

繊細なタッチで描かれた同じみのキャラクターに感動します。

背景画は絵画を観に来たような気分にもなります。

 

もっとじっくり観たいところではありましたが、

来場者が結構多いのでそうはいきませんでした。

 

色んな感動と発見もあり、

行ってみる価値は大いにあると思います。

親子でも楽しめる展覧会、

ぜひ行ってみてはいかがでしょう。。

 

高畑さん、

あのアニメにも関わっていたんですね…

 

桝江でした。

カテゴリー: お知らせ

2020.08.28

安部首相辞任するみたいです。

みなさんこんばんは。㈱木ままの川上です。

安倍首相が総理の職を辞するというニュースが昼過ぎに入り、

一人動揺していた今日の午後。

先日、総理任期が最長という報道がでていたのでビックリ

してしましました。別に好きとかではないのですが、

長すぎて次の総理大臣がイメージできないです。

安倍首相は阻止したい石破さんがなるのか、岸田政調会長が

なるのか、菅官房長官がなるのか、副総理の麻生氏がなる

のか、どうなるのでしょうか。政治の世界はよくわからない

ですが、日本の政治のトップになる人に興味はあります。

それぞれの思想があって選ばれて国会議員になっているので、

誰がなってもいいのですが、コロナ禍という事もあるのに

加えて、来年は延期されているオリンピックを迎えるとい

う事もあります。劇的な変化というよりは、安部首相の

意思を継ぐ者がなるのではないかなぁと勝手に思ってい

ます。

持病がある人が休まないと悪化するのは当然の事であり、

世の中が大変な時期だから休めないのはわかりますが、

「休みます」と言っても世論は許さないと思って辞める

決意になったのかなと思っています。日本人のブラック

思想はいつになればなくなるのでしょうか。なぜ休んでは

いけないのか。なぜ休むのは悪だと思うのか。たぶん、

日本人の気質からしてなくならないのでしょう。

日本のトップが休んで立ち行かなくなるなら、国の体制

として問題があると思いますけどね。会社でも、部署でも

同じだと思います。

日本軍があった時代に、神風特攻隊が編成され優秀なパイ

ロットから順番に選ばれて片道切符で御国の為に散って

いきました。日本特有の思想で、アメリカの軍を肯定する

訳ではないですが、アメリカ軍はパイロットの育成には

時間がかかり、貴重な人財を失わないために離脱装置を

採用しておりすぐ救援に向かうというスタイルだったそうです。

優秀な人が毎日散っていくなかで戦争に勝とうなんて無理な

話で、当然敗戦国家になってしまいました。人を大事にする

ことが一番大切なんだと思います。

敗戦以降、日本人は戦争で一人も亡くなっていません。

自衛隊という存在の定義が憲法改正で議論されていますが、

当然日本は憲法で謳っているように先制攻撃はできません。

敵国が攻撃してくればそれに対しては応戦しますが、それ以上は

できない決まりになっています。戦争をしないから死なない。

今後とも、続くことを願っています。

なんだか、話が飛躍しましたが、みんなが平和に楽しく生き

ていけたらいいなって事です。

話が長くなったので、それではまた来週。

 

 

カテゴリー: お知らせ